2018年版 空調衛生設備業経営総覧

本調査レポートでは、有力空調・衛生設備業者の事業実態調査(各種経営指標)や面談調査をもとに、空調・衛生設備業の事業内容と経営状況を分析した。

発刊日
2018/09/21
体裁
A4 / 525頁
資料コード
C60112700
PDFサイズ
5.1MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:空調衛生設備業者の経営・事業の現状と動向を調査分析することにより、今後の業界の発展に供することを目的とする。
調査対象企業:全国の主要な空調衛生設備業者85社
調査方法:業績や事業内容、経営内容に関してアンケート調査、面接取材、電話取材等を複合的に実施し、その結果を集計分析している。
調査期間:2018年6月~2018年9月

資料ポイント
Close

  • 空調・衛生設備業の業界動向と将来展望
    ・事業内容並びに事業性の推移と変化を明らかにし、将来を展望
    ・今後、事業環境の変化にどのように対応すべきかまで検証
  • 有力企業における事業実態解明と成長要因の分析
    ・前期において有力企業が取組んできた事業内容を解明
    ・そこから浮上する成長要因の分析まで実施
  • 空調・衛生設備業の事業性を分析
    ・B/S、P/L等による総合的な経営分析を実施
    ・財務指標の推移、変化を検証
  • 有力企業の事業内容、経営指標、仕入状況を掲載(約60社)
    ・売上高、受注高、利益高、従業員数など過去5年間の実績
    ・各種セグメント別売上高構成比、B/S、P/L、事業取組状況、仕入状況などの実態

リサーチ内容

2018年8月23日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

調査結果のポイント

1.市場動向
2.企業動向
3.展望と課題
4.将来展望(未来予測)

Ⅰ.調衛生設備業の業界動向

1.空調衛生設備業界を取り巻く市場環境
2.有力企業の経営状況と事業実態

Ⅱ.業績等の集計結果

1.売上高の状況
  1)企業別売上高の推移
  2)受注形態別売上高
    ①受注形態別の売上高構成比
    ②受注形態別の売上高ランキング
  3)受注先別売上高
    ①受注先別の売上高構成比
    ②受注先別の売上高ランキング
  4)受注地域別売上高
    ①受注地域別の売上高構成比
    ②受注地域別の売上高ランキング
  5)業務別売上高
    ①業務別の売上高構成比
    ②業務別の売上高ランキング
  6)工種別売上高
    ①工種別の売上高構成比
    ②工種別の売上高ランキング
  7)建物用途別売上高  
    ①建物用途別の売上高構成比
    ②建物用途別の売上高ランキング
2.企業別受注高の推移
3.財務指標の状況  
  1)財務指標の推移
  2)企業別財務指標一覧
4.企業別・製品別仕入先メーカーの一覧
5.前期における事業実態
  1)商品力・技術力の状況
  2)アフターサービスへの取組状況
  3)リニューアル物件の受注活動
  4)受注価格の動向
  5)営業エリア・拠点・人員の状況
  6)顧客へのアプローチ状況
  7)事業投資・経費削減の活動状況
  8)主業務のアウトソーシング状況
  9)販促ツールの状況
  10)宣伝・広報活動の状況
6.注力ポイントと今後の見通し
  1)現在の注力ポイント
  2)今後の事業見通

Ⅲ.集計企業の事業内容

全国有力事業者の事業内容、経営指標、仕入状況

*2017年度版掲載企業 74社<50音順>
旭管工株式会社、株式会社朝日工業社、株式会社アペックエンジニアリング、株式会社五十鈴、株式会社岩崎工業所、イワモトヱンジニアリング株式会社、株式会社インテック、株式会社王勝設備、株式会社大西熱学、有限会社小川設備工業所、株式会社柿本商会、影近設備工業株式会社、川崎設備工業株式会社、川本工業株式会社、株式会社桐田商会、合田燃料機器株式会社、株式会社サイエイヤマト、、有限会社佐伯環境センター、斎久工業株式会社、三機工業株式会社、三喜工事株式会社、株式会社三機サービス、三建設備工業株式会社、株式会社三晃空調、三神工業株式会社、三和テクノ株式会社、株式会社四国ポンプセンター、島根水道株式会社、株式会社城口研究所、新日本空調株式会社、新菱冷熱工業株式会社、株式会社新冷熱工業所、須賀工業株式会社、株式会社ゼウス、反町工業株式会社、第一熱学建設株式会社、大栄設備株式会社、大成温調株式会社、大成設備株式会社、ダイダン株式会社、大菱工業株式会社、ダイワ空調設備株式会社、大協和工業株式会社、高砂熱学工業株式会社、タカチ工業株式会社、株式会社中央設備、株式会社千代田設備、株式会社テクノ菱和、東京冷機工業株式会社、東洋熱工業株式会社、株式会社トーエネック、中島熱化学工業株式会社、長野シンライフ株式会社、株式会社ナカムラ、株式会社西原衛生工業所、日管株式会社、株式会社日新工業、日進設備工業株式会社、株式会社ハツタテクノ、兵庫空調設備株式会社、株式会社福設、藤田エンジニアリング株式会社、富士古河E&C株式会社、丸強配管有限会社、株式会社丸藤産業、株式会社宮城プラントサービス、ムサシノアロー株式会社、明和工業株式会社、本山振興株式会社、株式会社山口水道建設、株式会社ヤマト、横山設備工業株式会社、株式会社四電工、菱和設備株式会社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。