動き始めたフードロス削減における食品産業の動向と将来展望 ~SDGsの推進で注目高まる「フードロス」と「エシカル消費」~

日本では年間約640万トンのフードロスがあり、季節商材の大量廃棄などが社会的な問題となるなど、フードロス削減の機運が近年急速に高まっている。日本政府も「SDGsアクションプラン」において、家庭における食品ロス削減の取り組みの普及啓発や、食品産業に対してフードバンク活動の推進、サプライチェーンの商習慣の見直し支援等、食品廃棄物の削減や活用に向けた取り組みを始めており、2019年5月には「食品ロスの削減の推進に関する法律」が公布され、同年10月1日に施行している。
呼応するように、大手食品メーカーや小売りを中心にフードロス削減に向けた動きが活発になっているとともに、フードシェアリングサービスや、AIやITを活用した取り組みなど、フードロス削減を契機に新たなビジネスも生まれており、食品産業に変革をもたらす大きな可能性を秘めている。フードロス削減は、加工食品だけでなく生鮮食品を含めた全ての食品に該当するとともに、フードサプライチェーンのあらゆる場面で求められていることから、CSRの観点だけでなくビジネスとして注目する企業も増えてきている。
本調査レポートにおいては、フードロス削減の現状や期待される技術、取り組みを整理し、フードロス削減がもたらすビジネス面からみた可能性と今後の展望を分析・予測する。

発刊日
2019/12/下旬
体裁
A4 / 約200頁
資料コード
C61120300
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 何故今フードロス削減が叫ばれているのか?フードロスを取り巻く環境や、削減に向けたロードマップ、今後の課題、展望を網羅。
  • フードロス削減にもイノベーションの進化がもたらされる中、フードテックは食品産業を変革できるのか?フードロス削減に繋がる最新技術の動向を追う。
  • フードサプライチェーンの各現場ではどのような動きが起きているのか?サプライチェーン別の動向を整理し、今後の方向性、期待される動きを導き出す。
  • 「フードロス削減」をキーとした新たなビジネスも続々誕生。ビジネスモデル別の特徴を整理し、黎明期にある各ビジネスモデルの課題と将来性を分析。ビジネスモデル別の有望企業の取り組み事例も紹介。
  • 高まる機運の中、食品メーカーも動き出す。各社の対応状況や問題点・課題、今後の指針などをアンケート調査。取り組み状況を俯瞰すると同時に、メーカーにおけるフードロス削減に向けた今後の方向性が明らかに。

リサーチ内容

2019年10月23日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第Ⅰ章 フードロス削減の概況

1.フードロス削減の現状
  (1)フードロス削減を取り巻く環境
  (2)フードロス削減に向けた全体動向
    ①国の動き
    ②自治体の動き
  (3)海外におけるフードロス削減の現状
2.フードロス削減に関わる注目トピック
  (1)イノベーションの進化(フードテック)によるフードロス削減の可能性
  (2)エシカル消費の拡大がもたらすフードロス削減
  (3)パッケージの進化によるフードロス削減
3.フードロス削減における課題
4.フードロス削減の将来展望

第Ⅱ章 フードサプライチェーン別のフードロス削減の動向

1.生産現場
2.食品製造業
  賞味期限の長期化
  賞味期限表示の変更
  歩留まり改善
3.食品卸・物流業
4.小売業
  鮮度管理
  納入期限延長
  ダイナミックプライシング
5.外食産業

第Ⅲ章 フードロス削減に取り組むビジネスモデル別の動向

1.フードシェアリング型
2.Eコマース型
3.インセンティブ型
4.自社製品販売型
5.技術提供型

第Ⅳ章 食品メーカーのフードロス削減に対する意識調査

1.食品メーカーのフードロス削減の取り組み状況
  (1)フードロス(可食部)の年間発生量
  (2)フードロスの発生原因
  (3)卸売・小売からの返品割合
  (4)フードロス削減の取り組みの有無
  (5)フードロス削減の取り組み理由
  (6)フードロス削減に取り組んでいない理由
  (7)現在の取り組み内容と最も重視している取り組み
  (8)フードロス削減達成状況
  (9)フードロス削減における取り組みの成果
  (10)フードロス削減の課題
  (11)今後の意向
  (12)今後取り組んでいく必要のある内容と最も重視したい取り組み

第Ⅴ章 先進企業のフードロス削減に向けた取り組み事例

【掲載候補企業】
1.フードシェアリング型
  ICS-net株式会社
  合同会社MProject
  株式会社コークッキング
  SHIFFT株式会社
  株式会社ツクモ
  株式会社REARS
2.Eコマース型
  伊藤忠食品株式会社
  合同会社クアッガ
  グラウクス株式会社
  株式会社SynaBiz
  東京ガス株式会社
  バリュードライバーズ株式会社
  株式会社ビューティフルスマイル
3.インセンティブ型
  株式会社Eight Good
  株式会社NTTドコモ
  株式会社TODOKISUGI
4.プロダクト販売型
  株式会社アイル
  大倉工業株式会社
  グンゼ株式会社
  デイブレイク株式会社
  豊島株式会社
  株式会社マツザワ
  フェヌグリーン(海外)
5.技術提供型
  システムスクエア株式会社
  株式会社シノプス
  株式会社SenSprout
  株式会社トレタ
  一般財団法人日本気象協会
  日本電気株式会社
  プラネット・テーブル株式会社
  株式会社ポケットマルシェ
  株式会社ミートエポック
6.その他
  dot science株式会社
  一般社団法人フードサルベージ
  株式会社ブラウンシュガーファースト

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。