2021 PLM市場の実態と展望

PLM(Product Lifecycle Management、製品ライフサイクル管理)は、新型コロナウイルス感染症により、全世界、日本国内とも先行き不透明な状況が続く。回復に向けては新たなサービスの移行が求められている。IoTやビッグデータアナリティクスを応用した設計・解析など最新のエンジニアリング手法を取り入れると共に、クラウドコンピューティングなど利用形態の移行が求められる。

発刊日
2021/05/28
体裁
A4 / 244頁
資料コード
C63104700
PDFサイズ
4.4MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 244頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:製造業における製品管理の概念にPLM(Product Lifecycle Management)がある。本レポートは、それを実現するPLM ソフトウェア市場の実態を明らかにすることを目的とする。
調査対象とした市場:PLM、CAD/CAM/CAE、PDM、デジタルファクトリー、ビューワ/DMU
調査対象企業:PLM メーカー20社
調査方法:研究員による直接面接取材、文献調査その他データ収集
調査期間:2021年1月~2021年5月

調査結果サマリー
Close

PLM市場に関する調査を実施(2021年)
2020年の国内PLM市場規模は前年比6.2%減の2,616億円
~新型コロナウイルスの影響で、製造業の設備投資が落ち込み8年ぶりにマイナスに転じる~

資料ポイント
Close

  • PLM市場概況と中期予測を掲載(全世界および日本国内)
  • CAD/CAM/CAE、PDM、デジタルファクトリー、DMU をカバー
  • アプリケーション別売上高予測
  • 主要メーカー/ベンダーの戦略展望 20社をレポート
  • 各社の詳細情報を掲載

リサーチ内容

調査結果のポイント

Ⅰ.総論

1.PLM市場概況
  1.1.2020年の全世界PLM市場は2.7%減
  1.2.日本国内のPLM市場は6.2%減
  1.3.2021年以降はゆるやかに回復と予測
  1.4.民間企業設備の落ち込みが大きく影響
  1.5.テレワーク特需の影響
  1.6.SaaSのビジネスモデルがはじまる
  1.7.あたらしいエンジニアリング手法に対応
2.PLM市場中期予測
  2-1.PLM関連売上高予測(全世界/2018-2024予測)
  2-2.地域別売上高予測(全世界/2018-2024予測)
  2-3.アプリケーション別売上高予測(全世界/2018-2024予測)
  2-4.PLM関連売上高予測(日本国内/2018-2024予測)
  2-5.アプリケーション別売上高予測(日本国内/2018-2024予測)
    2-5-1.CAD/CAM/CAE売上高予測(日本国内/2018-2024予測)
    2-5-2.PDM売上高予測(日本国内/2018-2024予測)
    2-5-3.デジタルファクトリー売上高予測(日本国内/2018-2024予測)
    2-5-4.ビューワ/DMU売上高予測(日本国内/2018-2024予測)
  2-6.業種別売上高予測(日本国内/2018-2024予測)
    2-6-1.電気・電子機械業界に対する売上高予測(日本国内/2018-2024予測)
    2-6-2.精密機械業界に対する売上高予測(日本国内/2018-2024予測)
    2-6-3.産業機械業界に対する売上高予測(日本国内/2018-2024予測)
    2-6-4.自動車・輸送機械業界に対する売上高予測(日本国内/2018-2024予測)
    2-6-5.エネルギー・プロセス業界に対する売上高予測(日本国内/2018-2024予測)
    2-6-6.その他業界に対する売上高予測(日本国内/2018-2024予測)
  2-7.年商別売上高予測(日本国内/2018-2024予測)
    2-7-1.大手企業に対する売上高予測 (日本国内/2018-2024予測)
    2-7-2.中小・中堅企業に対する売上高予測(日本国内/2018-2024予測)
  2-8.ライセンス、サービス別売上高予測(日本国内/2018-2024予測)
    2-8-1.ライセンス売上高予測(日本国内/2018-2024予測)
    2-8-2.サポート・保守・サービス売上高予測(日本国内/2018-2024予測)

Ⅱ.データ編

1.PLMの出荷状況(全世界)
  1-1.PLM売上高推移(全世界)
  1-2.PLM売上高シェア(全世界)
  1-3.地域別売上高の推移(全世界)
  1-4.アプリケーション別売上高の推移(全世界)
    1-4-1.CAD/CAM/CAE売上高の推移(全世界)
    1-4-2.CAD/CAM/CAE売上高シェア(全世界)
    1-4-3.PDM売上高推移(全世界)
    1-4-4.PDM売上高シェア(全世界)
    1-4-5.デジタルファクトリー売上高の推移(全世界)
    1-4-6.デジタルファクトリー売上高シェア(全世界)
    1-4-7.ビューワ/DMU売上高の推移(全世界)
    1-4-8.ビューワ/DMU売上高シェア(全世界)
2.PLMの出荷状況(日本国内)
  2-1.PLM売上高推移(日本国内)
  2-2.PLM売上高シェア(日本国内)
  2-3.アプリケーション別売上高推移(日本国内)
    2-3-1.CAD/CAM/CAE売上高の推移(日本国内)
    2-3-2.CAD/CAM/CAE売上高シェア(日本国内)
    2-3-3.PDM売上高の推移(日本国内)
    2-3-4.PDM売上高シェア(日本国内)
    2-3-5.デジタルファクトリー売上高の推移(日本国内)
    2-3-6.デジタルファクトリー売上高シェア(日本国内)
    2-3-7.ビューワ/DMU売上高の推移(日本国内)
    2-3-8.ビューワ/DMU売上高シェア(日本国内)
  2-4.業種別売上高の推移(日本国内)
    2-4-1.電気・電子機械業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-2.電気・電子機械業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-4-3.精密機械業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-4.精密機械業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-4-5.産業機械業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-6.産業機械業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-4-7.自動車・輸送機械業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-8.自動車・輸送機械業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-4-9.エネルギー・プロセス産業業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-10.エネルギー・プロセス産業業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-4-11.その他業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-12.その他業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
  2-5.顧客企業年商別売上高の推移(日本国内)
    2-5-1.中小・中堅企業(年商500億円以下)に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-5-2.中堅・中小企業(年商500億円以下)に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-5-3.大企業(年商501億円以上)に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-5-4.大企業(年商501億円以上)に対するPLM売上高シェア(日本国内)
  2-6.ライセンス、サービス別売上高の推移(日本国内)
    2-6-1.ライセンス売上高の推移(日本国内)
    2-6-2.ライセンス売上高シェア(日本国内)
    2-6-3.サポート・保守・サービス売上高の推移(日本国内)
    2-6-4.サポート・保守・サービス売上高シェア(日本国内)

Ⅲ.主要ベンダーの戦略展望

アラスジャパン
  Enterpriseサブスクリプションを発表
オートデスク
  AutoCADとAutoCAD LTの価格を戦略的に見直し
シーメンスDIソフトウェア
  3Dからデジタル・ツインをベースとしたものづくりに移行
図研
  日本の製造業の発展を最先端のテクノロジーで支援
ダッソー・システムズ
  3つの産業領域でDXを牽引する
PTCジャパン
  SaaS戦略を強化
富士通
  株式会社DUCNETを設立
ラティス・テクノロジー
  CAD+1、Casual 3D、3Dデジタル・ツインという3つのコンセプト

Ⅳ.個別企業編

アンシス
NTTデータエンジニアリングシステムズ
MSCソフトウェア
オートデスク
シーメンスDIソフトウェア
C&Gシステムズ
図研
ダッソー・システムズ
ESIグループ
NEC(日本電気)
日本ユニシス
PTC
富士通
ラティス・テクノロジー

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 244頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。