アフターコロナに対応する次世代型外食産業の動向分析 ~非接触飲食店の潮流

外食産業では、各飲食店に休業や営業時間短縮が幾度と要請され、新たな販売チャネルとして、テイクアウト、デリバリーを強化する動きにあります。また、店内飲食を実施する際にも、「非接触」「ソーシャルディスタンス」という課題に対処しなければならず、IT技術やAIなど、テクノロジーを活用した店舗改革が進められています。この様に環境が変化する外食産業を踏まえ、本書では、「デリバリー・テイクアウト」「ゴーストレストラン」「非接触型サービス」「フードロボット」に主なスポットを当て、コロナ禍における外食産業の新たな取り組みと今後の展望を検証していきます。

発刊日
2021/09/30
体裁
A4 / 158頁
資料コード
C63116600
PDFサイズ
1.4MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 158頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:コロナ禍を契機としてテクノロジーを駆使した改革が進む外食産業において、参入事業者の動向を調査・分析することにより、同産業の新たな取り組みと在り方を展望する。
調査対象:外食事業者、フードデリバリーサービス事業者、ゴーストレストラン・シェアキッチン事業者
調査方法:研究員による直接面接、メール取材、電話取材。文献調査その他データ収集、分析。
調査期間:2021年6月~2021年9月

資料ポイント
Close

  • コロナ禍を契機とする外食産業のトレンド変化や新たな取り組み、業態別の動向を掲載。外食産業のニューノーマルを占う!
  • 大手外食チェーンにおけるテイクアウト・デリバリーサービスへの取り組みを掲載。デリバリーサービス、ゴーストレストランを提供するプラットフォーム企業の動向と合わせて、テイクアウト・デリバリー市場、ゴーストレストラン市場を検証する!

リサーチ内容

本書のポイント

第1章 コロナ禍における外食産業

1.コロナ禍を受けての外食産業の動向
  (1)外食産業市場規模の推移
  (2)新型コロナウイルス感染症拡大の影響
    ①緊急事態宣言の影響
    ②GoToイートキャンペーンの効果
    ③2回目以降の緊急事態宣言、まん延防止等重点措置の影響
  (3)外食産業関連統計の動向
    ①外食産業の営業施設数
    ②外食に関する消費支出の動向
2.コロナ禍における外食産業のトレンド変化、新たな取り組み
  (1)デリバリー・テイクアウトの拡大
  (2)焼肉、からあげの台頭
  (3)その他の業態転換
  (4)時短営業の中での創意工夫
  (5)飲食店・生産者へ向けた支援
3.業態別の動向
  (1)洋食ファストフォード
  (2)和食ファストフォード
  (3)ファミリーレストラン
  (4)回転すし
  (5)居酒屋
  (6)中華・ラーメン
  (7)喫茶店
  (8)焼肉
  (9)宅配ピザ

第2章 外食産業を取り巻く新サービス、サービス提供会社の取り組み

1.デリバリー・テイクアウトサービス
  (1)市場動向
    ①デリバリー・テイクアウトサービスの動向
    ②行政によるバックアップ事例
    ③課題と展望
  (2)デリバリーサービスへの参入企業
    ①フードデリバリー事業者
    ②デリバリーから派生したサービス
    ③地域限定、地域密着型
  (3)飲食チェーンのデリバリー・テイクアウトへの取り組み
  (4)テイクアウト・デリバリー向け商品の施策
    ①テイクアウト・デリバリー向け商品
    ②テイクアウト向けの冷凍食品、EC販売への展開
2.ゴーストレストラン・シェアキッチン
  (1)市場動向
    ①ゴーストレストラン・シェアキッチンの定義
    ②誕生から普及までの歴史
    ③ゴーストレストランのメリット
    ④ゴーストレストランのデメリットと課題
  (2)参入企業
    ①大手企業からスタートアップまで
    ②地方部での動き
    ③フードトラック・キッチンカー
3.非接触型サービス
  (1)飲食店の非接触への取り組み
    ①非接触型店舗への取り組み
    ②その他の非接触型サービス
  (2)自動販売機での食品販売
4.フードロボット
  (1)市場動向
  (2)課題と展望
  (3)ロボット製造・販売企業
  (4)飲食店のロボット導入

第3章 外食関連企業一覧

外食企業
フードデリバリーサービス
ゴーストレストラン・シェアキッチン

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 158頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。