アフターコロナに対応する次世代型外食産業の動向分析 ~非接触飲食店の潮流

外食産業では、各飲食店に休業や営業時間短縮が幾度と要請され、新たな販売チャネルとして、テイクアウト、デリバリーを強化する動きにあります。また、店内飲食を実施する際にも、「非接触」「ソーシャルディスタンス」という課題に対処しなければならず、IT技術やAIなど、テクノロジーを活用した店舗改革が進められています。この様に環境が変化する外食産業を踏まえ、本書では、「デリバリー・テイクアウト」「ゴーストレストラン」「非接触型サービス」「フードロボット」に主なスポットを当て、コロナ禍における外食産業の新たな取り組みと今後の展望を検証していきます。

発刊日
2021/09/下旬
体裁
A4 / 約250頁
資料コード
C63116600
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

137,500
125,000
12,500
137,500
125,000
12,500
170,500
155,000
15,500
275,000
250,000
25,000
308,000
280,000
28,000
412,500
375,000
37,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 大手外食チェーンにおけるテイクアウト・デリバリーサービス、非接触型サービスへの取り組みと今後の戦略を掲載。デリバリーの販売シェア、フードロボットの普及率など、外食産業のニューノーマルを予測する!
  • デリバリーサービス、ゴーストレストランを提供するプラットフォーム企業から見た市場の動向や展望を紹介。テイクアウト・デリバリー市場、ゴーストレストラン市場を検証する!

リサーチ内容

2021年9月2日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。
 
第1章:コロナ禍における外食産業
 
1.コロナ禍を受けての外食産業の動向、トレンド
  売上高・客数・客単価の推移、ウイルス感染防止対策、
  Go to Eatキャンペーンの成果など
2.コロナ禍における新たな取り組み
  各所で進む業態転換、接触を減らすための価格・商品戦略、
  から揚げ専門店・焼肉店の台頭など
3.大手外食チェーンの売上高推移、アフターコロナへ向けた取り組み
  売上高の推移、新たな出店戦略、商品・サービス展開など
 
第2章:外食産業を取り巻く新サービス、サービス提供会社の取り組み
 
1:デリバリー・テイクアウトサービス
  (1)市場の動向・トレンド(急拡大の背景、コロナの影響など)
    課題(競争激化、配達時のトラブル、食品衛生法などの問題)
    新たな動き(FC展開など)
  (2)大手デリバリーサービス会社の取り組み、新規参入企業の動向
  (3)大手外食チェーンにおけるデリバリー・テイクアウトの動向
  (4)将来の展望(生き残りへ向けた施策、業務提携など)
2:ゴーストレストラン・シェアキッチン
  (1)市場の動向・トレンド(誕生の経緯、注目される背景)
    課題(運営ノウハウの蓄積、衛生面への対応、二重登録への対処)
    新たな動き(実験店舗としての役割、FC展開など)
  (2)大手企業・有力企業の取り組み、新規参入企業の動向
  (3)多様化するシェアキッチン(営利目的以外の施設)、
    ユニークな取り組み(シェフの派遣など)
  (4)将来の展望(競争が激しくなる中での生き残り施策など)
3:非接触型サービス
  (1)市場の動向・トレンド
    (導入の経緯、コロナによるニーズの変化、導入機器の種類など)
    課題(導入コスト、設置スペースなど)
    新たな動き(タッチレスパネルの導入など、完全非接触実現への動き)
  (2)大手企業、有力企業の取り組み
  (3)自動販売機の導入、ECサイトの開設
  (4)将来の展望(無人店舗の導入・普及など)
4:フードロボット
  (1)市場の動向・トレンド
    (誕生の経緯、コロナによるニーズの変化、ロボットの種類など)
  課題(導入コスト、設置スペースなど)
  新たな動き(ロボットの新製品、レンタルプランなど)
  (2)大手企業、有力企業の取り組み
  (3)ロボット導入による売上、コストへの影響
  (4)将来の展望
 
巻末:関連企業リスト

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

137,500
125,000
12,500
137,500
125,000
12,500
170,500
155,000
15,500
275,000
250,000
25,000
308,000
280,000
28,000
412,500
375,000
37,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。