2022年版 建設テック市場(施工現場編) ~施工現場における自動化・省力化技術の実態と展望~

建設業界は、伝統的に事業活動の大部分を人間の労働力に頼る比率の高い労働集約型の産業であるが、近年は人材の高齢化、人手不足、技術継承などの課題を抱えている。課題解決に向けて国が進める「i-Construction」や「働き方改革」を始め、またコロナ禍においては省人化、遠隔化、非対面などの技術も求められているなど、建設テックやDXを活用した業務改革・変容が進みつつある。本レポートでは、建設テックやDXの内、建設施工現場における自動化・省力化等に関する技術に焦点を当て、現状や今後の動向について調査・レポーティングを行う。

発刊日
2022/03/30
体裁
A4 / 216頁
資料コード
C63125700
PDFサイズ
5.8MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 216頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:建設テック・DX と呼ばれる技術のうち、施工現場で実装されるような、主にハードウェア面に関する技術を中心にレポーティングし、施工現場の自動化・省力化などの技術動向を追う。 
調査対象市場(国内市場):①自動化技術 ②遠隔技術 ③ドローン技術 ④建設用 3D プリンター ⑤パワーアシストスーツ
調査対象者:建設関連事業者
調査方法:(1)弊社研究員による直接面接取材及び電話ヒアリング等 (2)文献調査、その他データ収集
調査期間:2021年12月~2022年3月

資料ポイント
Close

  • 建設テック・DXにおける「施工現場編」と位置づけ、“施工現場において実装しうる技術やプロダクト”として「自動化」「遠隔技術」「ドローン」「建設用3Dプリンター」「装着型支援ツール(アシストスーツ等」と独自のカテゴリ抽出・分類を行い、それぞれのプレイヤー動向を調査。
  • 建設現場に既に使用されている技術、今後発展が期待される技術の動向や、これらの技術により建設施工現場がどのように変化していくかを追う。
  • 「現場実装」の視点を重視し、本レポートで取り上げる技術やプロダクト等が現場実装という1つのゴールに向けての現状や現在地について解き明かす。

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.施工現場における建設テックとは
2.自動化技術
3.遠隔技術
4.ドローン技術
5.建設用3Dプリンター
6.パワーアシストスーツ
7.建設テック市場規模に関する考察

第1章 建設市場を取り巻く環境

1.建設市場動向
  1-1.建設投資の推移と見通し
  1-2.建築着工推移
  1-3.建設業の就業者数
  1-4.建設業就労者の年齢別(29歳以下、55歳以上)構成比率の推移
  1-5.建設技能労働者の需給状況(建設労働需給調査)
  1-6.建設業許可業者数の推移
  1-7.建設業の倒産件数の推移
  1-8.建設業の労務環境(労働時間)
  1-9.建設業の労務環境(休暇の取得状況)
2.建設に関する政府の指針・政策 ~i-Construction~
  2-1.i-Construction とは
  2-2.i-Construction のトップランナー施策
  2-3.i-Construction 推進コンソーシアム
  2-4.データ連携を可能にする「国土交通データプラットフォーム」構想
  2-5.i-Construction の今後の取り組み
3.建設に関する政府の指針・政策 ~働き方改革関連法~

第2章 建設テックの概要

  1-1.本レポートで取り上げる建設テックについて
  1-2.建設テック市場規模に関する考察
2.自動化技術
  2-1.自動化技術の概要
  2-2.自動化技術の事例・参入プレイヤー
  2-3.建設施工現場の変化・ソリューションおよび課題
3.遠隔技術
  3-1.遠隔技術の概要
  3-2.遠隔技術の事例・参入プレイヤー(建機等の遠隔操作)
  3-3.遠隔技術の事例・参入プレイヤー(遠隔臨場)
  3-4.建設施工現場の変化・ソリューションおよび課題
4.建設現場向けドローン技術
  4-1.建設現場向けドローンの概要
  4-2.建設現場向けドローンの事例・参入プレイヤー
  4-3.建設施工現場の変化・ソリューションおよび課題
5.建設用3D プリンター
  5-1.建設用3D プリンターの概要
  5-2.建設用3D プリンターの事例・参入プレイヤー
  5-3.建設施工現場の変化・ソリューションおよび課題
6.パワーアシストスーツ
  6-1.パワーアシストスーツの概要
  6-2.パワーアシストスーツの事例・参入プレイヤー
  6-3.建設施工現場の変化・ソリューションおよび課題

第3章 ゼネコンの取り組み

1.ゼネコンにおけるDXの動向
2.清水建設
  2-1.清水建設のDX戦略
  2-2.Shimz Smart Site(シミズ・スマート・サイト)
  2-3.清水建設:事例紹介
3.鹿島建設
  3-1.鹿島建設のDX戦略
  3-2.DXの戦略的推進(中期経営計画2021~2023)
  3-3.鹿島建設:事例紹介
4.大成建設
  4-1.大成建設のDX戦略
  4-2.大成建設:事例紹介
5.大林組
  5-1.大林組のDX戦略
  5-2.大林組:事例紹介
6.竹中工務店
  6-1.竹中工務店のDX戦略
  6-2.建設デジタルプラットフォーム
  6-3.建設ロボットプラットフォーム
  6-4.竹中工務店:事例紹介

第4章 事業者の個別事例研究

株式会社アラヤ
建ロボテック株式会社
コベルコ建機株式会社
株式会社カナモト
セーフィー株式会社
株式会社SkyDrive
株式会社Spiral
株式会社Polyuse
CYBERDYNE株式会社
株式会社ダイドー

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 216頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。