AIチップ動向(2019年2月調査)

発刊日
2019/06/14
体裁
B5 / 35頁
資料コード
R61200502
PDFサイズ
2.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

32,400
30,000
2,400
64,800
60,000
4,800
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

本調査レポートは、定期刊行物 Yano E plus 2019年3月号 に掲載されたものです。

リサーチ内容

~IoT時代におけるエッジコンピューティング実現のために欠かせないAIチップが脚光を浴びている!~

1.エッジで考えるAIチップの登場
2.GPUの高速画像処理アクセラレーター処理から始まったAIチップ
3.エッジにおけるIoTとAIの融合
4.AIチップに関する海外動向
 4-1.米国
 4-2.中国
 4-3.日本
5.AIチップの市場規模推移と予測
  【図・表1.AIチップのWW市場規模推移と予測(数量・金額:2017-2022年予測)】
  【図・表2.AIチップのタイプ別WW市場規模推移と予測(数量:2017-2022年予測)】
6.AIチップのワールドワイド市場における企業シェア
  【図・表3.AIチップのWW市場における企業シェア(数量:2018年)】
7.AIチップに関連する企業・研究機関の取組動向
 7-1.イーソル株式会社
 7-2.株式会社エイシング
  【図1.ツリー構造に基づく学習の繰り返しが精度向上に結び付くイメージ】
  【表1.ディープラーニングとDBTの比較】
  【図2.AiiRチップの実物写真】
 7-3.エムテスニューラルネットワークス株式会社(mtesNN)
 7-4.国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)
 7-5.SOINN株式会社
 7-6.株式会社ソシオネクスト
  【図3.従来型(左)およびNNA 搭載(右)VPU のブロック図】
 7-7.株式会社デバイス&システム・プラットフォーム開発センター(DSPC)
  【図4.「Vibnexus」の仕組みと主な構成】
  【図5.「Vibnexus」における技術進展ロードマップ】
  【図6.DSPCが目指す方向性】
 7-8.国立大学法人東京工業大学(東工大)
 7-9.学校法人東京理科大学
  【図7.全結合イジングマシン方式AIチップの概念と特長】
  【図8.従来の2値NN方式(左)と、提案しているスパース3値NN方式(右)】
  【図9.通信ネットワークで結ばれたモノ側AIマイコン群(左)と、2つのAIの自発協創の事例(右)】
 7-10.株式会社東芝
 7-11.日本電気株式会社(NEC)
 7-12.Amazon Web Services, Inc.(AWS:米国)
 7-13.Google LLC(米国)
 7-14.Intel Corporation(米国)
 7-15.NVIDIA Corporation (米国)
 7-16.Tesla, Inc.(米国)
8.AIチップの将来展望

関連リンク

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

32,400
30,000
2,400
64,800
60,000
4,800

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。