グローバル植物工場市場の発展可能性

今、第3次ブームを向かえ、輸出産業化を目指す日本の植物工場市場。完全人工光型植物工場の分野では、日本が世界をリードしていると言われてきた。しかし近年、諸外国における市場活発化や研究開発の動きは加速しており、日本にとって予断を許さぬ状況となってきている。台湾、そして目覚ましい勢いで展開している米国、欧州諸国、その他アジア諸国、中東、アフリカ、中南米など、世界各国で植物工場への関心が猛烈な勢いで高まっている。本調査レポートでは、全世界の完全人工光型植物工場市場をターゲットとした。世界全体の状況を俯瞰し、発展可能性を明らかにすることで、国内メーカーにとっての海外進出の重要性を明らかにする。輸出促進を図る日本ならびに各国の植物工場業界、また参入検討企業、研究開発機関、政府機関などの事業戦略や政策の策定に資すること、そして世界展開に向け、日本の競争優位性・開発課題などを明確化するきっかけとなることを目的とする。

発刊日: 2015/11/13 体裁: A4 / 56頁
資料コード: C57112500 PDFサイズ: 2.1MB
カテゴリ: 食品、アグリ、バイオ / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット(書籍とPDF)価格は同一購入者の方が書籍とPDFをご購入される場合に適用される特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象先:米国、台湾、韓国、シンガポール、オランダ、その他諸国の植物工場関連企業・機関
調査方法:文献調査及び調査対象先に対するヒアリング調査を実施
調査期間:2015年5月~2015年10月

資料ポイント
Close

米国、台湾、韓国、シンガポール、オランダ、その他諸国の植物工場関連企業・機関を対象に、世界全体の状況を俯瞰し、発展可能性を明らかにすることで、国内メーカーにとっての海外進出の重要性を明らかにする。

資料概要
Close

第一章 グローバル植物工場における現状の国内市場動向
第二章 グローバル植物工場動向
第三章 グローバル植物工場の発展可能性

リサーチ内容

■掲載内容

第一章 グローバル植物工場における現状の国内市場動向

1.今、世界で注目が高まる植物工場~海外進出が遅れる日本
  [日本企業による海外進出状況]
2.国内の植物工場の市場概要
  (1)市場規模と市場成長性~2013年の工場数は2009年の2.5倍、市場規模は1.5倍
    【表1 完全人工光型植物工場の国内市場規模推移】
    【表2 年度別・完全人工光型工場の新設工場数】
    【表3 主要工場運営プレーヤー】
  (2)工場規模~日産1,000株前後が主流。最大工場はスプレッドの日産2万1,000株
    【表4 工場規模別の企業数と割合】
  (3)栽培方法及び生産品目
    ~栽培方法は依然として多段式の水耕栽培、品種はレタス中心ながらも多品種化が進展~
  (4)光源~2011年以降LEDが急速に普及
    【図1 完全人工光型工場における光源別の工場数及び割合】
  (5)主な植物育成用LED照明システムメーカー
    【図2 写真1 日本アドバンストアグリの3波長型ワイドバンドLED照明】
3.国内の植物工場市場規模予測(~2025年)
  ①植物工場の発展条件
    【図3 植物工場発展のための前提条件】
  ②国内完全人工光型植物工場運営市場(2013年~2025年)
    【図4 国内完全人工光型植物工場運営市場規模(全体)】

第二章 グローバル植物工場動向

1.世界で拡がる植物工場ブーム~多面的に人工光型へシフト
2.米国
  (1)米国植物工場の特徴
    ①なぜ米国で植物工場が注目されているのか?
    1)歴史的背景
    2)「Vertical Farm」(垂直農業)のコンセプト
    3)ローカルフード、オーガニックフード~“洗練された消費者”の層
    【図5 分野別のオーガニック食品市場の推移】
    4)環境~大量の燃料消費や水不足の問題
    ②工場稼動状況と立地~10施設以上が既に本格的に事業化
    【図6 米国の主要植物工場の立地】
    ③生産品目、商品形態
    【写真2 マイクログリーン】
    ④栽培方法
  (2)主な完全人工光型植物工場
    ①Green Sense Farms ~米国最大級のLED工場・中国進出も間近~
    【写真3 Green Sense Farms工場外観】
    【写真4 栽培室の様子(10段栽培)】
    【表5 Green Sense Farmsの工場概要】
    【写真5 収穫前のレタス】
    ②FarmedHere
    【写真6 Farmed Hereの販売野菜】
    【表6 Farmed Hereの概要】
    【写真7 Farmed Hereの販売野菜】
    【写真8 パッケージ写真
    ③Urban Produce
    【写真9 Urban Produce本社】
    【写真10 Urban Produceの野菜パッケージ】
    ④その他注目施設
    1)Gotham Green~
    2)Sky Vegetables 
    【写真11 Sky Vegetablesの施設があるアパート建物(左)とその屋上で稼動する施設(右)】
    【表7 Sky Vegetables概要】
    【写真12 栽培施設の様子】
    3)Vertical Harvest
    【図7 Vertical Harvest:3階建て温室のイメージ図】
    [Vertical Harvest概要]
    4)Caliber Biotherapuetics~バイオ医薬品の原料生産
    【表8 Caliber Biotherapuetics概要】
3.ヨーロッパ
  (1)オランダ
    ①Plantlab
    ②Philips
    [Philips研究施設概要]
    ③Priva
    【図8 施設園芸とビルマネジメントの技術を融合】
    【写真13 Privaの養液システム】
  (2)イギリス
    【写真14 Growing Underground】
    【図9 IGSのPhoton Factoryイメージ図】
4.アジア諸国
  (1)台湾
    ①台湾市場の概要
    ②Nice Green
    【写真15 Nice Greenの栽培施設の様子】
    【写真16 NiceGREENのレタス】
    【写真17 生産野菜を活用した麺】
    【写真18 生産植物を活用した化粧品】
    【写真19 レタス麺】
  (2)韓国
    ①韓国市場の概要
    ②研究機関~国立農業科学院農業工学部・垂直型植物工場システムの国家プロジェクト~
    【写真20・図10 韓国の垂直型植物工場システム(国立農業科学院の研究施設)】
    【表9 国立農業科学院・植物工場研究開発の施設概要】
    【写真21 複数の光源を利用した栽培研究】
    ③Parus
    【写真22 ParusのLED照明および栽培システム】
  (3)その他諸国~シンガポール

第三章 グローバル植物工場の発展可能性

1.グローバル植物工場の発展可能性
  (1)世界市場の関心・参入動機~日本とは異なるモチベーション
  (2)最も発展が期待される国~米国~
    【図11 米国の乾燥・干ばつ指定地域(2014年)】
    ①米国植物工場市場の発展条件
    【図12 米国の植物工場発展のための前提条件】
    [米国植物工場市場発展シミュレーション]
    ②有望分野
    1)大規模・多品種生産
    2)地域密着型工場
    3)苗生産・販売
    ③有望エリア・地域
    【図13 オーガニック商品ニーズが大きい地域】
    【図14 米国にて植物工場発展が期待される主な有望エリア】
    ④有望品目~マイクログリーン、ベビーグリーン、ハーブ類など葉菜類、カット野菜
    [ミックスグリーンの商品名の例]
    【表10 米国市場で生鮮野菜に求められる重要要素】
2.日本企業による世界展開ポテンシャル
    【図15 ポテンシャル市場⇔将来的な競合国】
    [有望ターゲット国例]
    [日本企業の強みの一例]

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット(書籍とPDF)価格は同一購入者の方が書籍とPDFをご購入される場合に適用される特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。