2015年版 セルフケア健康機器の市場実態と将来展望

セルフケア健康機器を「健康管理機器」、「フィットネス機器」、「健康回復機器」、「健康治療機器」市場に分類し、それぞれの製品アイテム毎(家庭用)に市場概況、市場規模推移、企業別シェアを調査分析した。掲載アイテムとしては、健康管理機器として「電子血圧計」、「電子体温計」、「体重体組成計」、「尿糖計」、「心電計・心拍計」、「歩数計・活動量計」、フィットネス機器として各種機器(トレッドミル、ステッパー、エアロバイク、等)、健康回復機器として「マッサージチェア」、「フットマッサージャー」、「ハンディマッサージャー」、「フェイスケア」、健康治療機器として「電位治療器」、「低周波治療器」、「吸入器」をとりあげている。近年、セルフケア健康機器の領域では、「未病」、「予防医療」という言葉とともに肥満、生活習慣病、メタボリックシンドローム等の国民の予防意識が向上しており、各社から様々な健康機器が開発されている。各種機器の市場実態、成長性、主な参入企業の事業実態をはじめ、拡大するウェアラブル機器の動向、ストレスチェック義務化に対する戦略、自治体向けセルフケアプログラムの実態などもまとめた。

発刊日
2015/09/30
体裁
A4 / 269頁
資料コード
C57114500
PDFサイズ
2.1MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

135,000
125,000
10,000
135,000
125,000
10,000
167,400
155,000
12,400
270,000
250,000
20,000
302,400
280,000
22,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象
健康管理機器(電子血圧計、電子体温計、体重体組成計、尿糖計、心電計・心拍計、歩数計・活動量計)
フィットネス機器(トレッドミル、エアロバイク、ステッパー、乗馬系フィットネス、振動系フィットネス)
健康回復機器(マッサージチェア、フットマッサージャー、ハンディマッサージャー、フェイスケア)
健康治療機器(電位治療器、低周波治療器、吸入器)
調査方法:直接面接取材、インターネットやその他の情報収集の複合調査
調査期間:2015年6月~2015年9月

調査結果サマリー
Close

セルフケア健康機器市場に関する調査結果2015
 ~市場は微増傾向、自治体によるセルフケアプログラムに注目集まる~
・ 2014年のセルフケア健康機器市場は前年比3.2%増の2,295億4,000万円と推計
・ 「スマホアプリ連動」、「ロコモ予防」、「ストレスチェック」等と関連させた製品展開が進む
・ 製品普及のきっかけとして注目される、自治体による住民向け“セルフケアプログラム”

資料ポイント
Close

  • セルフケア健康機器市場について、市場規模推移と将来予測を掲載
  • 主要参入企業15社について、製品動向や事業展開の方向性を調査
  • その他、市場に関する最新動向を捉え、今後の市場展望を分析

資料概要
Close

第1章 セルフケア健康機器の市場実態と将来展望
第2章 市場各論編
第3章 参入企業実態編
第4章 参入企業簡易個票

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 セルフケア健康機器の市場実態と将来展望

1.治療から予防へ
  1-1 「健康」と「セルフケア」
  1-2 「ICT」、「PHR」、「健康管理サービス」
  1-3 「コンティニュア」と「予防医療」
  1-4 「健康づくり対策」と「予防意識」
2.セルフケア健康機器の市場規模・動向
  2-1 セルフケア健康機器の定義
  2-2 機器別の市場規模・推移
  2-3 機器別の市場動向・予測
3.セルフケア健康機器のトピックス
  3-1 ウェアラブルヘルスケアデバイス
  3-2 ロコモティブシンドローム対策
  3-3 「ストレスチェック」義務化
  3-4 エクサゲーミング
  3-5 自治体によるセルフケアプログラム
  3-6 「健康」と「睡眠」
  3-7 見守り

第2章 市場各論編

A.健康管理機器
1.電子血圧計
  1-1 市場概況
  1-2 市場規模、メーカーシェア
  1-3 主要参入企業動向
    エー・アンド・デイ
    テルモ
    パナソニック
    シチズン・システムズ
    タニタ
    オムロンヘルスケア
  1-4 主要製品一覧
2.電子体温計
  2-1 市場概況
  2-2 市場規模、メーカーシェア
  2-3 主要参入企業動向
    オムロンヘルスケア
    シチズン・システムズ
    テルモ
  2-4 主要製品一覧
3.体重体組成計
  3-1 市場概況
  3-2 市場規模、メーカーシェア
  3-3 主要参入企業動向
    エー・アンド・デイ
    オムロンヘルスケア
    タニタ
    パナソニック
  3-4 主要製品一覧
4.尿糖計
  4-1 市場概況
  4-2 市場規模、参入企業動向
5.心電計・心拍計
  5-1 市場概況
  5-2 市場規模、メーカーシェア
  5-3 主要参入企業動向
    オムロンヘルスケア
    ハートケアライフ
    トライテック
    パラマテック
  5-4 主要製品一覧
6.歩数計・活動量計
  6-1 市場概況
  6-2 市場規模、メーカーシェア
  6-3 主要参入企業動向
    タニタ
    山佐時計計器
    シチズン・システムズ
    パナソニック
    テルモ
    オムロンヘルスケア
  6-4 主要製品一覧

B.フィットネス機器
1.フィットネス機器
  1-1 フィットネス機器の分類
  1-2 家庭用フィットネスのトレンド
  1-3 スポーツクラブの現状
2.トレッドミルの動向・主要製品一覧
3.エアロバイクの動向・主要製品一覧
4.ステッパーの動向・主要製品一覧
5.市場規模推移

C.健康回復機器
1.マッサージチェア
  1-1 市場概況
  1-2 市場規模、メーカーシェア
  1-3 主要参入企業動向
    大東電機工業
    パナソニック
    ファミリーイナダ
    フジ医療器
  1-4 主要製品一覧
2.フットマッサージャー
  2-1 市場概況
  2-2 市場規模、メーカーシェア
  2-3 主要参入企業動向
    アルインコ
    オムロンヘルスケア
    大東電機工業
    ツインバード工業
    パナソニック
    フジ医療器
  2-4 主要製品一覧
3.ハンディマッサージャー
  3-1 市場概況
  3-2 市場規模、メーカーシェア
  3-3 主要参入企業動向
    オムロンヘルスケア
    大東電機工業
    ツインバード工業
    パナソニック
  3-4 主要製品一覧
4.フェイスケア
  4-1 市場概況
  4-2 市場規模、メーカーシェア
  4-3 主要参入企業動向
    パナソニック
    ヤーマン
    MTG
  4-4 主要製品一覧

D.健康治療機器
1.電位治療器
  1-1 市場概況
  1-2 市場規模、メーカーシェア
  1-3 主要参入企業動向
    ココロカ
    コスモヘルス
    白寿生科学研究所
  1-4 主要製品一覧
2.低周波治療器
  2-1 市場概況
  2-2 市場規模、メーカーシェア
  2-3 主要参入企業動向
    オムロンヘルスケア
    パナソニック
  2-4 主要製品一覧
3.吸入器
  3-1 市場概況
  3-2 市場規模、メーカーシェア
  3-3 主要参入企業動向
    エー・アンド・デイ
    オムロンヘルスケア
    パナソニック
  3-4 主要製品一覧

第3章 参入企業実態編

アテックス
アルインコ
エー・アンド・デイ
MTG
オムロンヘルスケア
シチズン・システムズ
タニタ
テルモ
ドリームファクトリー
白寿生科学研究所
パナソニック(パナソニック株式会社 アプライアンス社)
ファミリーイナダ
フジ医療器
ヤーマン
山佐時計計器

第4章 参入企業簡易個票

アコーズ
朝日技研工業
アポロ医療器
アメアスポーツジャパン
アライヴ
伊藤超短波
インターリハ
インテル
HNS
エステラ
エヌ・ティ・ティ・ドコモ
エヌ・ティ・ティ レゾナント
エムティーアイ
エレコム
オージー技研
カシオ計算機
キャネット
グリーンマスタージャパン
クルールラボ
KDDI
ケンコー・トキナー
小泉成器
ココロカ
コスモヘルス
コナミスポーツ&ライフ
ジャパンターナー
ジョンソンヘルステックジャパン
新世代
スズケン
セイコーエプソン
セガトイズ
セノー
セルコム
素数
ソニー・コンピュータエンタテイメント
ソフトバンク
大東電機工業
タニタヘルスリンク
ツインバード工業
ツカモトエイム
DKSHジャパン
テスコム
テクノジムジャパン
東京エレクトロンデバイス
東京ガス
東芝 ヘルスケア社
東レインターナショナル
ドクターセラム
ドクターシーラボ
ドクタートロン
ドコモ・ヘルスケア
トッパン・フォームズ
トライテック
ドリテック
ナイキジャパン
中旺ヘルス
日本スーパー電子
日本精密測器
日本ゼネラル・アプラィアンス
日本テレビサービス
日本マイクロソフト
任天堂
ノイフルス
ハートケアライフ
パラマテック
バンカレント
バンプレスト
阪和
日立コンシューマ・マーケティング
フィットネスアポロ
フィリップスエレクトロニクスジャパン
フジモリ
フランスベッド
プロアバンセ
ヘルス
ホスピタルサービス

ポラール・エレクトロ・ジャパン
マキノトレーディング
的場電機製作所
マルタカテクノ
美津濃
三星プランニング
ミナト医科学
森下仁丹
八神製作所
ヤマト
ヤマトヒューマン
山善
ライフ・フィットネス・ジャパン
リビングテクノロジー
レダ

《図表目次》
表1-1 各社の健康管理サービス
表1-2 主な健康計測機器メーカーの健康管理サービス対応機器
図1-1 コンティニュアの対象領域
表1-3 コンティニュア規格対応機器
表1-4 日本における健康づくりの変遷
表1-5 セルフケア健康機器のカテゴリーと品目
表1-6 セルフケア健康機器 市場規模・推移(2013年~2015年)
表1-7 セルフケア健康機器 市場動向・予測
図1-2 エクサゲーミングの市場拡大への流れ
表1-8 自治体によるセルフケアプログラムの例
表1-9 主な高齢者見守りサービス、機器
表2-1 電子血圧計の出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-1 電子血圧計の出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-2 電子血圧計の市場規模とメーカーシェア(2014年)・出荷台数ベース
図2-3 電子血圧計の市場規模とメーカーシェア(2014年)・金額ベース
表2-2 主要参入企業動向(電子血圧計)
表2-3 電子血圧計 主要製品一覧
表2-4 電子体温計の出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-4 電子体温計の出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-5 電子体温計の市場規模とメーカーシェア(2014年)・出荷台数ベース
図2-6 電子体温計の市場規模とメーカーシェア(2014年)・金額ベース
表2-5 主要参入企業動向(電子体温計)
表2-6 電子体温計 主要製品一覧
表2-7 各社製品の呼称(体重体組成計)
表2-8 体重体組成計の出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-7 体重体組成計の出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-8 体重体組成計の市場規模とメーカーシェア(2014年)・出荷台数ベース
図2-9 体重体組成計の市場規模とメーカーシェア(2014年)・金額ベース
表2-9 主要参入企業動向(体重体組成計)
表2-10 体重体組成計 主要製品一覧
図2-10 血糖値を把握するための検査方法
表2-11 血糖検査と尿糖検査
表2-12 タニタの尿糖計製品一覧
図2-11 尿糖計・尿糖試験紙の市場規模推移(2011年~2018年)
表2-13 心電計と心拍計
表2-14 心電計の種類
表2-15 携帯型心電計タイプ別の対応機器メーカー
表2-16 心電計の出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-12 心電計の出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-13 心電計の市場規模とメーカーシェア(2014年)・出荷台数ベース
図2-14 心電計の市場規模とメーカーシェア(2014年)・金額ベース
表2-17 主要参入企業動向(心電計)
表2-18 心電計 主要製品一覧
表2-19 心拍計 主要製品一覧
表2-20 加速度センサーなどが組み込まれたデバイス例
図2-15 歩数計の市場拡大への流れ
表2-21 歩数計・活動量計の出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-16 歩数計・活動量計の出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-17 歩数計・活動量計の市場規模とメーカーシェア(2014年)・出荷台数ベース
図2-18 歩数計・活動量計の売上構成比率(2014年)・出荷台数ベース
表2-22 主要参入企業動向(歩数計・活動量計)
表2-23 歩数計 主要製品一覧
表2-24 活動量計 主要製品一覧
図2-19 主な家庭用フィットネス機器の分類
表2-25 家庭用フィットネス機器の流行
図2-20 フィットネス会員構成比推移(メガロス)
図2-21 フィットネス会員構成比推移(セントラルスポーツ)
図2-22 フィットネス会員構成比推移(ルネサンス)
表2-26 トレッドミル 主要製品一覧
表2-27 エアロバイク 主要製品一覧
表2-28 ステッパー 主要製品一覧
図2-23 家庭用フィットネス機器の出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
表2-29 マッサージチェアの出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-24 マッサージチェアの出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-25 マッサージチェアの市場規模とメーカーシェア(2014年)・出荷台数ベース
図2-26 マッサージチェアの市場規模とメーカーシェア(2014年)・金額ベース
表2-30 主要参入企業動向(マッサージチェア)
表2-31 各社の海外展開
表2-32 マッサージチェア 主要製品一覧
表2-33 フットマッサージャーの出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-27 フットマッサージャーの出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-28 フットマッサージャーの市場規模とメーカーシェア(2014年)・出荷台数ベース
図2-29 フットマッサージャーの市場規模とメーカーシェア(2014年)・金額ベース
表2-34 主要参入企業動向(フットマッサージャー)
表2-35 フットマッサージャー 主要製品一覧
表2-36 ハンディマッサージャーの出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-30 ハンディマッサージャーの出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-31 ハンディマッサージャーの市場規模とメーカーシェア(2014年)・出荷台数ベース
図2-32 ハンディマッサージャーの市場規模とメーカーシェア(2014年)・金額ベース
表2-37 主要参入企業動向(ハンディマッサージャー)
表2-38 ハンディマッサージャー 主要製品一覧
表2-39 フェイスケアタイプ別の利用目的
表2-40 フェイスケアの出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-33 フェイスケアの出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-34 フェイスケアの市場規模とメーカーシェア(2014年)・出荷台数ベース
図2-35 フェイスケアの市場規模とメーカーシェア(2014年)・金額ベース
表2-41 主要参入企業動向(フェイスケア)
表2-42 フェイスケアローラー 主要製品一覧
表2-43 フェイスケアミスト・スチーマー 主要製品一覧
表2-44 超音波・EMS 主要製品一覧
表2-45 主な電位治療器の販売会社および製造会社
表2-46 電位治療器の出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-36 電位治療器の出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-37 電位治療器の市場規模とメーカーシェア(2014年)・出荷台数ベース
表2-47 主要参入企業動向(電位治療器)
表2-48 電位治療器 主要製品一覧
表2-49 低周波治療器の出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-38 低周波治療器の出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-39 低周波治療器の市場規模とメーカーシェア(2014年)・出荷台数ベース
図2-40 低周波治療器の市場規模とメーカーシェア(2014年)・金額ベース
表2-50 主要参入企業動向(低周波治療器)
表2-51 低周波治療器 主要製品一覧
表2-52 吸入器の出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-41 吸入器の出荷台数と市場規模推移(2011年~2018年)
図2-42 吸入器の市場規模とメーカーシェア(2014年)・出荷台数ベース
図2-43 吸入器の市場規模とメーカーシェア(2014年)・金額ベース
表2-53 主要参入企業動向(吸入器)
表2-54 吸入器 主要製品一覧

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

135,000
125,000
10,000
135,000
125,000
10,000
167,400
155,000
12,400
270,000
250,000
20,000
302,400
280,000
22,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。