発刊予定   2017年版 酒類市場の現状分析と将来展望

酒類市場は長期的な縮小が続いているものの、近年は変化の兆しも見えてきている。ビール類については酒税の一本化を見据えたビールの強化が鮮明となる中、近年はクラフトビールも盛り上がりを見せており、大手ビールメーカーも無視できないものとなっている。清酒・焼酎メーカーは、政府の「國酒プロジェクト」や「和食」のユネスコ無形文化遺産登録、2020年東京オリンピック開催決定などを追い風に、海外輸出拡大の道を模索している。過度な酒類の安売りを規制する改正酒税法は2017年6月から施行されるなど、市場が新たな動きを見せ始める中、各社それぞれの戦略を持ちながら生き残りを図るとともに、資本・業務提携も活発化してきており、業界再編に向けて動き出している。
本調査レポートでは、カテゴリー別、チャネル別の企業戦略を取材し、企業の今後の方向性、マーケットの方向性を分析している。

発刊日: 2017/06/中旬 体裁: A4 / 約500頁
資料コード: C59102500 PDFサイズ:
カテゴリ: 食品、アグリ、バイオ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 124,200円 (本体 115,000円 消費税 9,200円 )
定価 124,200円 (本体 115,000円 消費税 9,200円 )
定価 156,600円 (本体 145,000円 消費税 11,600円 )
定価 248,400円 (本体 230,000円 消費税 18,400円 )
定価 280,800円 (本体 260,000円 消費税 20,800円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 酒類市場は縮小が続き、2016年度も縮小見込み。縮小基調における各社の生き残りの戦略を徹底分析
  • 2026年までの段階的なビール類の酒税の一本化を見据え、ビールの強化を急ぐ各社の戦略を開設。盛り上がりを見せるクラフトビール市場の動向も解説
  • 主要カテゴリー別の市場動向、市場規模、企業別シェア、主要参入企業動向を解説
  • 国内市場の低迷を受け、海外市場への取り組みが積極化。清酒・焼酎メーカーの進出国、販売状況、課題・問題点等を抽出し、現在の海外展開状況を分析
  • 主要企業(メーカー、卸・輸入商社)約30社に直接面接取材。各社の戦略、商品動向を詳しく解説

リサーチ内容

2017年4月27日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第Ⅰ章 酒類総市場の動向

1.酒類総市場の動向及び規模推移
  (1)酒類総市場規模
  (2)2015~2016年度(見込み)の酒類市場動向
    ①2015~2016年度の主なトピック
    ②主要カテゴリー別動向
  (3)総市場におけるメーカーシェア一覧
    ・有力企業の酒類売上高推移
    ・上位企業の取り扱い酒類
    ・ビールメーカーの酒類市場占有率
  (4)今後の酒類市場の動向
2.大手メーカーの動向
  (1)ビールメーカーの動向
    ①2016年度概況
    ②メーカー別動向
  (2)清酒専業メーカーの動向
    ①2016年度概況
    ②メーカー別動向
  (3)乙類焼酎メーカーの動向
    ①2016年度概況
    ②メーカー別動向
  (4)その他の大手メーカーの動向
    ①2016年度概況
    ②メーカー別動向
3.販売チャネル別のメーカー戦略
  (1)家庭用チャネル
    ・主要メーカーの家庭用チャネル向け販売戦略
  (2)通販チャネル
    ・主要メーカーの通販チャネル向け販売戦略
  (3)業務用チャネル
    ・主要メーカーの業務用チャネル向け販売戦略
4.酒類流通の動向
  (1)卸業の動向
  (2)酒類小売業の動向
    ①チャネル別市場規模
    【家庭用・業務用構成比及び家庭用におけるチャネル別構成比(2016年度)】
    ②量販店の動向
    ③CVSの動向
    ④DSの動向
    ⑤酒販店の動向
  (3)輸入業界の動向
    ・輸入業者リスト
    ・輸入業者別輸入酒一覧
5.酒類容器の動向
  (1)酒類市場における容器別の動向
    ①缶容器の動向
    ②ガラス瓶容器の動向
    ③紙パック容器の動向
  (2)メーカー別の容器戦略
6.注目すべき市場環境
  (1)酒類市場を取り巻く法制度の改定
  (2)クラフトビール市場の動向
  (3)「ちょい飲み」需要獲得に動く飲食チェーンの新たな取り組み
  (4)ノンアルコール飲料市場の動向
  酒類市場のトピックス(2015年1月~2016年3月)

第Ⅱ章 酒類カテゴリー別市場動向

1.ビール類
  (1)ビール
    ①市場概況
    ②ビール市場のメーカーシェア
    ③主要参入企業動向  
  (2)発泡酒
    ①市場概況
    ②発泡酒市場のメーカーシェア
    ③主要参入企業動向
  (3)新ジャンル
    ①市場概況
    ②新ジャンル市場のメーカーシェア
    ③主要参入企業動向
2.和酒
  (1)清酒
    ①市場概況
    ②主要産地別動向
    ⅰ.灘・伏見
    ⅱ.新潟
    ⅲ.東北
    ⅳ.広島
    ③清酒市場のメーカーシェア
    ④主要参入企業動向
  (2)甲類焼酎
    ①市場概況
    ②甲類焼酎市場のメーカーシェア
    ③主要参入企業動向
  (3)乙類焼酎
    ①市場概況
    ②原料別市場動向
    ⅰ.芋焼酎
    ⅱ.麦焼酎
    ⅲ.米焼酎
    ⅳ.その他原料
    ⅴ.甲乙混和焼酎
    ③乙類焼酎市場のメーカーシェア
    ④主要参入企業動向
3.洋酒
  (1)ウイスキー
    ①市場概況
    ②国産・輸入別市場動向
    ⅰ.国産ウイスキー
    ⅱ.輸入ウイスキー
    ③ウイスキー市場のメーカーシェア
    ④主要参入企業動向
  (2)ワイン
    ①市場概況
    ②国産・輸入別市場動向
    ⅰ.国産ワイン
    ⅱ.輸入ワイン
    ③ワイン市場のメーカーシェア
    ④主要参入企業動向
4.RTD
  (1)低アルコール飲料
    ①市場概況
    ②商品タイプ別市場動向
    ⅰ.スタンダード系
    ⅱ.ストロング(高アルコール)系
    ⅲ.ライト(低アルコール)系
    ③低アルコール飲料市場のメーカーシェア
    ④主要参入企業動向

第Ⅲ章 主要メーカーのマーケティング施策分析

1.販促・プロモーション戦略
2.M&A、アライアンス戦略
3.環境に対する取組み
4.物流体制の整備・コスト削減に関する取組み

第Ⅳ章 酒類の海外展開に関する動向

1.酒類メーカーの海外進出動向
  (1)酒類メーカーの海外展開状況
    ・酒類輸出数量推移
    ・酒類輸出金額推移
    ・主要メーカーの海外進出動向
  (2)清酒・焼酎メーカーの海外展開状況(アンケート調査)
    ①海外への進出状況
    ②海外展開を行っている理由
    ③海外展開を行っていない理由
    ④主な海外進出先
    ⑤海外への進出時期
    ⑥海外進出先の選定理由
    ⑦進出国での販売状況
    ⑧進出国における活動状況
    ⑨海外展開で工夫している(心がけている)点
    ⑩海外展開で苦労している点(現状の問題点・課題点)
    ⑪海外事業の業績貢献度  
    ⑫海外の市場性に対する見解
    ⑬今後の海外への進出意向
2.主要国の酒類市場動向
  (1)アメリカ
  (2)ヨーロッパ
  (3)中国
  (4)香港
  (5)インドネシア
  (6)シンガポール
  (7)タイ
  (8)ベトナム
  (9)ミャンマー

第Ⅴ章 有力酒類メーカーの動向

【共通調査項目】+【各社最新展開動向】
①企業概要(所在地、社長名、資本金、従業員数など)
②業績推移(総売上高、利益高、酒類売上高)
③酒類品目別売上高推移(品目別売上高、主要商品) ④容器別売上高構成
⑤容量別売上高構成 ⑥流通チャネル図⑦地域別売上高
⑧製造体制(工場、製造品目など) ⑨商品動向 ⑩チャネル別販売戦略
⑪販促・プロモーション戦略 ⑫容器戦略 ⑬環境への取り組み
⑭M&A・アライアンス戦略 ⑮海外動向 ⑯今後の方針

【酒類メーカー(下記を中心に約24社)】
アサヒビール(株)、雲海酒造(株)、オエノンホールディングス(株)、
大関(株)、大口酒造(株)、菊正宗酒造(株)、黄桜(株)、キッコーマン(株)、
霧島酒造(株)、キリンビール(株)、月桂冠(株)、サッポロビール(株)、
薩摩酒造(株)、サントリーホールディングス(株)、三和酒類(株)、
高橋酒造(株)、宝酒造(株)、チョーヤ梅酒(株)、日本盛(株)、白鶴酒造(株)、
濱田酒造(株)、本坊酒造(株)、メルシャン(株)、養命酒酒造(株)

【卸・輸入商社(下記を中心に約5社)】
(株)飯田、国分(株)、日本酒類販売(株)、日本リカー(株)、(株)モトックス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 124,200円 (本体 115,000円 消費税 9,200円 )
定価 124,200円 (本体 115,000円 消費税 9,200円 )
定価 156,600円 (本体 145,000円 消費税 11,600円 )
定価 248,400円 (本体 230,000円 消費税 18,400円 )
定価 280,800円 (本体 260,000円 消費税 20,800円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59100600 2017年版 激動するドラッグチェーン
C57107500 2015年版 酒類市場の現状分析と将来展望
C59103500 2017年版 和菓子・洋菓子・デザート類の購入実態・消費者の需要分析
C59103200 2017年版 偏光板及び部材フィルム市場 Annual Report