2017 DIY・ホームセンター市場の展望と戦略

ホームセンター市場は、中長期的にみれば人口の減少に伴うマーケットの縮小があり、短期的にも店舗や商品の“同質化”によるホームセンター同士の価格競争や、家庭日用品をはじめとするGMSやスーパー、ドラッグストア、100円ショップなど他業態との競合商品の販売競争が激化していくことの懸念がある。こうしたなか、消費者を捉えようと、これまでにない新しいフォーマットの店舗を開発するなどいくつかの明るい兆しも生まれており、今後の変化が期待されるマーケットである。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 135,000円 (本体 125,000円 消費税 10,000円 )
定価 135,000円 (本体 125,000円 消費税 10,000円 )
定価 167,400円 (本体 155,000円 消費税 12,400円 )
定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )
定価 302,400円 (本体 280,000円 消費税 22,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:当調査は、日本のDIY・ホームセンター市場の動向と今後の方向性を調査・分析することにより、DIY・ホームセンターマーケットの現状把握と将来性を展望することを目的として実施した。
調査対象市場:DIY・ホームセンター市場
調査対象エリア:日本
調査対象先:有力ホームセンター事業者27社、その他関連企業/関連団体7社
調査方法:直接面接取材、電話取材及びその他周辺間接調査、文献調査その他データ収集
調査期間:2017年4月~2017年6月

調査結果サマリー
Close

ホームセンター小売市場に関する調査を実施(2017年)
・2016年度の国内ホームセンター小売市場は4兆円の大台目前で足踏みが続く
・既存顧客とは異なる層へのアプローチ強化により顧客層を拡大
・2017年度の国内ホームセンター小売市場は前年度比100.3%の3兆9,980億円と予測

資料ポイント
Close

  • 国内ホームセンター市場の現状と将来予測を独自の視点から徹底解明
  • ホームセンター業界の「今」、そして今後の展望に迫る
  • 商品分野別の市場動向をレポート。取扱い規模の増減や参入企業の動向を掲載
  • 有力企業を対象としたケーススタディから市場トレンドや展望を考察

資料概要
Close

第1章.総論~DIY・ホームセンター市場の現状と展望
第2章.DIY・ホームセンター市場の実態
第3章.有力ホームセンターの事例研究
第4章.有力DIY・ホームセンター企業一覧

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章.総論~DIY・ホームセンター市場の現状と展望

1.ホームセンター市場の現状・市場規模推移
2.商品分野別市場規模の推移
3.ホームセンター市場における業界再編
4.ホームセンター市場の有力企業の事業戦略
  (1)商品戦略
  (2)出店戦略
  (3)ネット販売の取り組み
  (4)海外展開
  (5)課題・問題点
  (6)今後の事業の方向性や注力分野
5.ホームセンターの市場規模予測・今後の見通し

第2章.DIY・ホームセンター市場の実態

1.ホームセンター市場の概況
  (1)ホームセンター市場の歴史
  (2)ホームセンター市場の業界構造
  (3)ホームセンターの業界再編動向
2.ホームセンターの市場規模推移
  (1)市場規模の推移
  (2)商品分野別市場規模の推移
    ①DIY用具・素材市場
    ②電気市場
    ③インテリア市場
    ④家庭日用品市場
    ⑤園芸・エクステリア市場
    ⑥ペット市場
    ⑦カー・アウトドア市場
    ⑧カルチャー市場
    ⑨サービス業務市場およびその他の市場
3.商品分野別の参入企業事例研究
  ◆アイリスオーヤマ株式会社
  ◆NECライティング株式会社
  ◆シチズン・システムズ株式会社
  ◆株式会社タニタ
  ◆日清ペットフード株式会社
  ◆株式会社マキタ
  ◆マックス株式会社
4.有力参入企業における業績動向
  (1)有力ホームセンター事業者の業績動向
  (2)売上高ランキング
  (3)利益高ランキング
5.有力参入企業における事業戦略
  (1)業績動向
  (2)商品戦略
  (3)店舗展開戦略
  (4)プロモーション戦略
  (5)顧客獲得の取り組み
  (6)ネット販売の取り組み
  (7)業務効率化の取り組み
  (8)消費者ニーズ・購買行動の変化・顧客ターゲット
  (9)課題・問題点
  (10)今後の方向性・注力分野

第3章.有力ホームセンターの事例研究

<調査内容>
1.企業概要
2.沿革
3.業績推移
4.商品戦略
5.流通・店舗戦略
6.プロモーション戦略
7.ネット通販の取り組み
8.業務効率化の取り組み
9.消費者ニーズ・購買行動の変化・顧客ターゲット
10.課題・問題点
11.今後の方向性・注力分野

◆アークランドサカモト株式会社
  ~今後10年内に単体売上高4,000億円を目指す~
◆株式会社アヤハディオ
  ~「アヤカカード」会員は、滋賀県内世帯保有率80%で圧倒的な知名度~
◆株式会社エンチョー
  ~カード会員「エンチョープロカード」「eポイントカード」の拡大に注力~
◆株式会社カインズ
  ~直営カフェ「カフェブリッコ」などで新しい買い物習慣を提案~
◆株式会社カンセキ
  ~独自の地域密着型「ネットワーク型業態融合」のビジネスモデルを構築~
◆株式会社ケーヨー
  ~小商圏で隣接出店するチェーンストア展開を推進、DCMとのシナジー効果に期待~
◆コーナン商事株式会社
  ~中期経営計画「大好きや!!コーナン2017」  売上3,000億円を目指す~
◆株式会社コメリ
  ~PB商品の割合が40%に達し、利益率が向上~
◆株式会社島忠
  ~「不要家具引取」「代引手数料」「大型家具組立・設置」でネット販売を拡充~
◆株式会社ジュンテンドー
  ~園芸農業・資材工具部門でプロ向け商品販売を強化~
◆株式会社ジョイフル本田
  ~超大型店フォーマットを確立して成長を持続~
◆株式会社スーパーバリュー
  ~関東1都3県へのドミナント出店。SM事業強化で差別化を図る~
◆ダイユー・リックホールディングス株式会社
  ~福島の「ダイユーエイト」と岡山の「リックコーポレーション」が経営統合~
◆DCMホールディングス株式会社
  ~サンワ・くろがねや連結効果により、売上高は増収~
◆ドイト株式会社
  ~郊外から都市部へ、小商圏型コンビニホームセンターを展開~
◆株式会社東急ハンズ
  ~「ここは、ヒント・マーケット。」をブランドスローガンに、ライフスタイル実現をお手伝い~
◆株式会社ナフコ
  ~メーカーとの協業により、オリジナル商品の開発を強化~
◆西村ジョイ株式会社
  ~「ホームソリューションセンター」として、新たなホームセンターのスタイルを構築~
◆株式会社バローホールディングス
  ~ホームセンター事業が500億円を突破 「専門性」で圧倒的一番店を目指す~
◆株式会社ホームセンターアグロ
  ~地元に根ざしたホームセンターとしての成長を図る~
◆株式会社マキヤ
  ~総合アメニティ企業として、地域特性に即した店舗展開を行う~
◆株式会社ヤサカ
  ~専門大型チェーン店を首都圏に展開中~
◆株式会社ユーホー
  ~超地域密着型を標榜し、地元に店舗を密集展開~
◆株式会社ユニリビング
  ~ファミリー層や女性をターゲットに生活雑貨や文房具などを充実~
◆株式会社LIXILビバ
  ~スーパービバホームの多店舗展開を推進~
◆ロイヤルホームセンター株式会社
  ~地域に密着した「ホームソリューションセンター」を目指す~
◆株式会社綿半Jマート
  ~2017年にJマートから綿半Jマートに社名変更し、新たなスタート~

第4章.有力DIY・ホームセンター企業一覧

DCMホーマック株式会社、株式会社テーオー小笠原、株式会社ヒシサン、
株式会社ジョイフルエーケー、株式会社ホーマックニコット、株式会社サンデー、
DCMサンワ株式会社、イオンスーパーセンター株式会社、株式会社菅文、
株式会社アイリスプラザ・ダイシンカンパニー、株式会社天野金物、株式会社日敷、
北秋商事株式会社、株式会社ジョイ、株式会社チャンピオン、株式会社ダイユーエイト、
株式会社ジャスト、株式会社ジョイフル本田、株式会社山新、株式会社カンセキ、
株式会社セキチュー、株式会社イシヅカ、株式会社カインズ、株式会社LIXIL ビバ、
株式会社島忠、株式会社スーパーバリュー、ドイト株式会社、株式会社マツモトキヨシ、
株式会社ケーヨー、株式会社ユニリビング、DCMホールディングス株式会社、
株式会社東急ハンズ、片倉工業株式会社、株式会社綿半Jマート、株式会社ヤサカ、
株式会社京王アートマン、株式会社ムラウチホビー、株式会社京急ハウツ、
株式会社ビーバートザン、株式会社マキバ、株式会社コメリ、
アークランドサカモト株式会社、株式会社ひらせいホームセンター、株式会社ロッキー、
株式会社PLANT、株式会社ホームセンターみつわ、株式会社山岸、株式会社ヤスサキ、
DCMくろがねや株式会社、株式会社綿半ホームエイド、株式会社バローホールディングス、
株式会社エンチョー、株式会社マキヤ、DCMカーマ株式会社、
株式会社ホームセンターアント、株式会社ヤマサハイエース、株式会社一号館、
株式会社アヤハディオ、コーナン商事株式会社、株式会社ロイヤルホームセンター、
株式会社ホームセンターアグロ、株式会社いない、株式会社ウシオ、株式会社ジュンテンドー、
株式会社服部タイヨー、株式会社リックコーポレーション、株式会社ナンバ、
株式会社ユーホー、アクサス株式会社、西村ジョイ株式会社、川添金物機工株式会社、
DCMダイキ株式会社、株式会社フタガミ、株式会社ハマート、イオン九州株式会社、
株式会社ナフコ、坂本産業株式会社、株式会社グッディ、祐徳自動車株式会社、
株式会社ホームセンターサンコー、株式会社ホームインプルーブメントひろせ、
株式会社ホームセンターセブン、株式会社山崎、株式会社ハンズマン、株式会社ニシムタ、
株式会社マキオ、株式会社きたやま、株式会社メイクマン、株式会社佐久本工機

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 135,000円 (本体 125,000円 消費税 10,000円 )
定価 135,000円 (本体 125,000円 消費税 10,000円 )
定価 167,400円 (本体 155,000円 消費税 12,400円 )
定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )
定価 302,400円 (本体 280,000円 消費税 22,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59101200 2017 ネット通販市場白書
C59104800 2017年版 宝石・貴金属市場年鑑<市場分析編>
C59102900 2017年版 化粧品受託製造・容器・原料市場の展望と戦略
C59105500 2017年版 メディカル給食、在宅配食の市場展望