2021 RPA市場の実態と展望

「RPA導入ブーム」の時期を終え、RPAは本格的な普及期に入った。業務のデジタル化による生産性向上が求められている。本調査レポートでは、ベンダー調査・ユーザ調査双方から、市場の現状と今後の展望を詳細に分析し、将来予想を行った。

発刊日
2020/11/27
体裁
A4 / 184頁
資料コード
C62118000
PDFサイズ
5.6MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:RPA(Robotics Process Automation)市場について、ツールベンダー、コンサルティングファーム、SIer などの動向を追うと同時にユーザ企業への調査を通じて実態と展望を把握し、当該市場関係者の事業活動に寄与する情報を提供することを目的とする。
調査対象及び調査期間
①ベンダー調査
調査対象:RPA ツールベンダー、コンサルティングファーム、SIer
調査期間:2020年9月~2020年11月
②ユーザ調査
調査対象:日本国内の民間企業
調査期間:2020年7月~2020年9月
調査方法
①ベンダー調査
・直接面接取材、文献調査その他データ収集
②ユーザ調査
・郵送によるアンケート調査

調査結果サマリー
Close

RPA市場に関する調査を実施(2020年)
本格的な普及期に入るRPA市場、2020年度市場規模は前年度比37.6%増の729億円と予測
~コロナ禍でのテレワークの普及やデジタル化の進展も好材料に~

資料ポイント
Close

  • 前回版との違い:最新の市場データを掲載(新型コロナウイルスの影響などを含む)
  • 市場における有力事業者を直接取材
  • ユーザアンケート調査を実施
  • 市場規模推移(2018年度~2024年度)、ベンダーシェア、RPA利用率など主要市場データを掲載

資料概要
Close

1章 RPA市場の実態と展望
2章 RPA利用実態 (アンケート調査結果)
3章 RPAベンダー個表
4章 コンサルティング・SI企業個表

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.市場規模
  図表1 RPA市場規模推移
2.企業動向
  図表2 主要RPAベンダーの概要
3.展望と課題

1章 RPA市場の実態と展望

1.RPA市場規模と将来予測
    図表3 RPA市場規模の推移
2.RPA市場の動向
  2.1.新型コロナウイルスの影響
    図表4 新型コロナウイルスによるプラスの影響
    図表5 新型コロナウイルスによるマイナスの影響
  2.2.市場における注目ポイント
    2.2.1.ブームを終えて本格的な利用拡大フェーズへ
    2.2.2.クラウド化の動向
    図表6 製品別のクラウド対応状況
  2.3.市場拡大に向けた課題
    2.3.1.「使いこなせない」「効果が出ない」を乗り越えられるか
    2.3.2.「DX(デジタルトランスフォーメーション)」の理想と実態
    図表7 目的別投資比率の推移
    図表8 DXの実施状況・関心
3.ベンダー・製品動向
  3.1.RPA製品のタイプ
    図表9 カテゴリ別の代表的な製品例
    図表10 RPA製品の位置づけ
  3.2.RPA製品のシェア
    図表11 RPAツール 2019年度シェア
  3.3.主要RPA製品の比較
    図表12 主要RPA製品の特徴・強み
    図表13 主要RPA製品のターゲット(規模、業種など)
    図表14 主要RPA製品の価格
  3.4.RPAとAI
    3.4.1.RPAとAIの関係
    図表15 RPAの3つの段階
    図表16 RPAのClass1~3と実現のための技術・適用対象の業務例
    3.4.2.RPAとAI連携の現状と見通し
    図表17 AI関連製品のリリース状況
    図表18 コンサルティングファーム・SIerの高度化への取り組み例

2章 RPA利用実態 (アンケート調査結果)

1.調査概要と回答企業のプロフィール
  1.1.調査概要
  1.2.回答企業のプロフィール
    1.2.1.業種
    1.2.2.売上高規模
    1.2.3.従業員数規模
2.RPAの利用状況
    2.2.4.RPAの利用率
    図表19 RPAの利用率
    図表20 地方自治体におけるRPAの実証実験・導入状況
    図表21 地方自治体のRPAを導入している分野
    2.2.5.RPAの導入・活用の主体となっている部門
    図表22 RPAの導入・活用の主体となっている部門
    2.2.6.RPAの導入効果
    図表23 RPAの導入効果
    2.2.7.新型コロナウイルスとRPA活用の関連性
    図表24 新型コロナウイルスとRPA活用の関連性
    2.2.8.利用・導入検討中の製品名
    図表25 利用・導入検討している製品名(複数回答)
3.データ編
    図表26 業種別 導入状況
    図表27 売上高規模別 導入状況
    図表28 従業員数別 導入状況
    図表29 業種別 導入・活用の主体となっている部門
    図表30 売上高別 導入・活用の主体となっている部門
    図表31 従業員数別 導入・活用の主体となっている部門
    図表32 業種別 導入効果に対する評価
    図表33 売上高規模別 導入効果に対する評価
    図表34 従業員数別 導入効果に対する評価
    図表35 業種別 RPA利用への新型コロナウイルスの影響
    図表36 売上高別 RPA利用への新型コロナウイルスの影響
    図表37 従業員数別 RPA利用への新型コロナウイルスの影響
    図表38 業種別 利用・導入検討中の製品
    図表39 売上高規模別 利用・導入検討中の製品
    図表40 従業員数別 利用・導入検討中の製品

3章 RPAベンダー個表

1.RPAテクノロジーズ株式会社
  (1)2020年~2021年の事業動向
  (2)製品の特徴
  (3)ターゲット
  (4)昨今の顧客動向に対する見解と市場の展望
  (5)パートナー戦略(コンサル、販売代理店など)
  (6)最近の製品・サービスのリリース状況、今後の製品戦略
  (7)高度化への取り組み状況と今後の方針
  (AI・OCR・BPMなど、他技術・製品・サービスとの連携)
2.SCSK株式会社
  (1)2020年~2021年の事業動向
  (2)自社製品の特徴
  (3)ターゲット
  (4)昨今の顧客動向に対する見解と市場の展望
  (5)パートナー戦略(コンサル、販売代理店など)
  (6)最近の製品・サービスのリリース状況、今後の製品戦略
  (7)高度化への取り組み状況と今後の方針
  (AI・OCR・BPMなど、他技術・製品・サービスとの連携)
3.株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
  (1)2020年~2021年の事業動向
  (2)製品の特徴
  (3)ターゲット
  (4)昨今の顧客動向に対する見解と市場の展望
  (5)パートナー戦略(コンサル、販売代理店など)
  (6)最近の製品・サービスのリリース状況、今後の製品戦略
  (7)高度化への取り組み状況と今後の方針
  (AI・OCR・BPMなど、他技術・製品・サービスとの連携)
4.オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社
  (1)2020年~2021年の事業動向
  (2)製品の特徴
  (3)ターゲット
  (4)昨今の顧客動向に対する見解と市場の展望
  (5)パートナー戦略(コンサル、販売代理店など)
  (6)最近の製品・サービスのリリース状況、今後の製品戦略
  (7)高度化への取り組み状況と今後の方針
  (AI・OCR・BPMなど、他技術・製品・サービスとの連携)
5.ナイスジャパン株式会社
  (1)2020年~2021年の事業動向
  (2)製品の特徴
  (3)ターゲット
  (4)昨今の顧客動向に対する見解と市場の展望
  (5)パートナー戦略(コンサル、販売代理店など)
  (6)最近の製品・サービスのリリース状況、今後の製品戦略
  (7)高度化への取り組み状況と今後の方針
  (AI・OCR・BPMなど、他技術・製品・サービスとの連携)
6.日本電気株式会社
  (1)2020年~2021年の事業動向
  (2)製品の特徴
  (3)ターゲット
  (4)昨今の顧客動向に対する見解と市場の展望
  (5)パートナー戦略(コンサル、販売代理店など)
  (6)最近の製品・サービスのリリース状況、今後の製品戦略
  (7)高度化への取り組み状況と今後の方針
  (AI・OCR・BPMなど、他技術・製品・サービスとの連携)
7.BizteX株式会社
  (1)2020年~2021年の事業動向
  (2)製品の特徴
  (3)ターゲット
  (4)昨今の顧客動向に対する見解と市場の展望
  (5)パートナー戦略(コンサル、販売代理店など)
  (6)最近の製品・サービスのリリース状況、今後の製品戦略
  (7)高度化への取り組み状況と今後の方針
  (AI・OCR・BPMなど、他技術・製品・サービスとの連携)
8.富士通株式会社
  (1)2020年~2021年の事業動向
  (1)製品の特徴
  (2)ターゲット
  (3)昨今の顧客動向に対する見解と市場の展望
  (4)パートナー戦略(コンサル、販売代理店など)
  (5)最近の製品・サービスのリリース状況、今後の製品戦略
  (6)高度化への取り組み状況と今後の方針
  (AI・OCR・BPMなど、他技術・製品・サービスとの連携)
9.株式会社富士通コンピュータテクノロジーズ
  (1)2020年~2021年の事業動向
  (2)製品の特徴
  (3)ターゲット
  (4)昨今の顧客動向に対する見解と市場の展望
  (5)パートナー戦略(コンサル、販売代理店など)
  (6)最近の製品・サービスのリリース状況、今後の製品戦略
  (7)高度化への取り組み状況と今後の方針
  (AI・OCR・BPMなど、他技術・製品・サービスとの連携)
10.Blue Prism株式会社
  (1)2020年~2021年の事業動向
  (2)製品の特徴
  (3)ターゲット
  (4)昨今の顧客動向に対する見解と市場の展望
  (5)パートナー戦略(コンサル、販売代理店など)
  (6)最近の製品・サービスのリリース状況、今後の製品戦略
  (7)高度化への取り組み状況と今後の方針
  (AI・OCR・BPMなど、他技術・製品・サービスとの連携)
11.ベリントシステムズジャパン株式会社
  (1)2020年~2021年の事業動向
  (2)自社製品の特徴
  (3)ターゲット
  (4)昨今の顧客動向に対する見解と市場の展望
  (5)パートナー戦略(コンサル、販売代理店など)
  (6)最近の製品・サービスのリリース状況、今後の製品戦略
12.UiPath株式会社
  (1)2020年~2021年の事業動向
  (2)製品の特徴
  (3)ターゲット
  (4)昨今の顧客動向に対する見解と市場の展望
  (5)パートナー戦略(コンサル、販売代理店など)
  (6)最近の製品・サービスのリリース状況、今後の製品戦略
  (7)高度化への取り組み状況と今後の方針
  (AI・OCR・BPMなど、他技術・製品・サービスとの連携)
13.ユーザックシステム株式会社
  (1)2020年~2021年の事業動向
  (2)製品の特徴
  (3)ターゲット
  (4)昨今の顧客動向に対する見解と市場の展望
  (5)パートナー戦略(コンサル、販売代理店など)
  (6)最近の製品・サービスのリリース状況、今後の製品戦略
  (7)高度化への取り組み状況と今後の方針
  (AI・OCR・BPMなど、他技術・製品・サービスとの連携)

4章 コンサルティング・SI企業個表

1.アクセンチュア株式会社
  (1)2020年~2021年の事業動向
  (2)取扱いRPA製品
  (3)自社ソリューションの特徴
  (4)ターゲット・得意領域
  (5)昨今の顧客動向に対する見解と市場の展望
  (6)サービスの計画(新サービス提供、適用領域の拡大、他社協業など)
  (7)高度化への取り組み状況と今後の方針
  (AI・OCR・BPMなど、他技術・製品・サービスとの連携)
2.アビームコンサルティング株式会社
  (1)2020年~2021年の事業動向
  (2)取扱いRPA製品
  (3)自社ソリューションの特徴
  (4)ターゲット・得意領域
  (5)昨今の顧客動向に対する見解と市場の展望
  (6)事業戦略、注力する方向性
  (7)サービスの計画
  (新サービス提供、適用領域の拡大、他社協業、自社体制の変更など)
  (8)高度化への取り組み状況と今後の方針
  (AI・OCR・BPMなど、他技術・製品・サービスとの連携)
3.CTCエスピー株式会社
  (1)2020年~2021年の事業動向
  (2)取扱いRPA製品
  (3)自社ソリューションの特徴
  (4)ターゲット・得意領域
  (5)昨今の顧客動向に対する見解と市場の展望
  (6)事業戦略、注力する方向性
  (7)サービスの計画
  (新サービス提供、適用領域の拡大、他社協業、自社体制の変更など)
4.TIS株式会社
  (1)2020年~2021年の事業動向
  (2)取扱いRPA製品
  (3)自社ソリューションの特徴
  (4)ターゲット
  (5)昨今の顧客動向に対する見解と市場の展望
  (6)事業戦略、注力する方向性
  (7)サービスの計画
  (新サービス提供、適用領域の拡大、他社協業、自社体制の変更など)
  (8)高度化への取り組み状況と今後の方針
  (AI・OCR・BPMなど、他技術・製品・サービスとの連携)
5.デロイトトーマツ コンサルティング合同会社
  (1)2020年~2021年の事業動向
  (2)取扱いRPA製品
  (3)自社ソリューションの特徴
  (4)ターゲット・得意領域
  (5)昨今の顧客動向に対する見解と市場の展望
  (6)サービスの計画(新サービス提供、適用領域の拡大、他社協業など)
  (7)高度化への取り組み状況と今後の方針
  (AI・OCR・BPMなど、他技術・製品・サービスとの連携)
6.電通国際情報サービス株式会社
  (1)2020年~2021年の事業動向
  (2)取扱いRPA製品
  (3)自社ソリューションの特徴
  (4)ターゲット・得意領域
  (5)昨今の顧客動向に対する見解と市場の展望
  (6)サービスの計画(新サービス提供、適用領域の拡大、他社協業など)
  (7)高度化への取り組み状況と今後の方針
  (AI・OCR・BPMなど、他技術・製品・サービスとの連携)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。