2021年版 製薬市場の10年展望

未来に対する不透明感が高まる製薬市場において企業としては、独自に未来の変化を予測し、対応策を講ずることなどが必要になっております。本書では、ご利用される皆様が定めた将来目標に向かって製薬市場が今後どのように変化し、そのポイントはどのようなことなのかを見出す一助になるような内容で構成されております。

発刊日
2021/03/25
体裁
A4 / 239頁
資料コード
C62129600
PDFサイズ
22.3MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本書では、現在、製薬市場において生じている動きを川上から川下まで通して調査を実施し、分析を行った。さらに製薬市場で今後10 年間に起こりうる動きを予想し、そのことを文章化・数値化した。
(1)医療提供体制の変化
(2)医薬品流通の変化
(3)製薬企業の変化
(4)製薬市場の変化
調査対象:行政当局、製薬企業、医薬品卸、医療機関、薬局、学識経験者、業界紙関係者
調査方法:オンライン面接調査を基本として実施
調査期間:2020年4月~2021年2月

調査結果サマリー
Close

医療用医薬品の将来を予測
2028年の医療用医薬品生産高を10兆460億円と予測
~DXは新常態のキーワードとなるか、わが国の製薬企業においてもデジタル人材の積極的な確保が進展する見込~

資料ポイント
Close

  • 遅れを取り返すことができるのか、わが国の製薬業界のDX戦略を分析
  • 過去を断ち切り、新たな医薬品サプライチェーンを確立できるのか
  • コロナ禍で露呈した医療制度の限界と新たな方向性を提案
  • 薬効別医薬品の今後10年を予測
  • 【前回版との違い】コロナ禍で露呈した医薬品サプライチェーンの歪みについて分析し、今後、どのような変化の波に飲み込まれるのかを予想する。また、コロナ禍でその速度が急速に早まることが期待される製薬業界のDX戦略とデジタル化の波及を分析する。

資料概要
Close

第1章 感染症との戦いで疲弊する医療界だが、医療制度改革も待ったなし
第2章 医薬品卸は古い衣を脱ぎ捨てることができるのか
第3章 製薬企業はデジタルで変わるのか
第4章 薬価の毎年改定本格始動で厳しさ増す製薬市場

リサーチ内容

Executive Summary

第1章 感染症との戦いで疲弊する医療界だが、医療制度改革も待ったなし

収束の見通しが立たない新型コロナウイルス感染症の拡大
  新型コロナウイルス感染症の拡大で明らかになった医療制度の課題
  コロナ禍で財政出動を繰り返す政府
  大都市を中心に再び感染拡大
  コロナ禍で明らかになったこと
  医療機関の患者が大幅減少、少子高齢化時代が前倒しで到来
  感染症拡大阻止への対応が脆弱な日本
  中国を起点としたサプライチェーンの見直し
  収束まで爆発的な感染拡大を抑え込むことができるのか
  コロナ禍の新常態
  2021年度予算概算要求は過去最大の32兆9,895億円

コロナ禍で悪化した医療機関経営
  逼迫する病院経営
  概算医療費からみた新型コロナウイルス感染症拡大の影響
  経営悪化が医療従事者にまで波及

コロナ後の医療機関と医療制度
  病院と診療所のBCP
  地域医療構想は待ったなし
  2025年までに必要とされる病床
  急性期にこだわる公立病院
  地域住民にとって必要な医療

コロナ禍での薬局と薬剤師
  マンツーマン薬局は悲鳴を上げている
  かかりつけ薬局は一本足では対応できない
  コロナ禍で薬剤師の存在感が希薄
  薬局もBCPが必要
  コロナ後の時代の薬局
  歯止めがかからぬ敷地内薬局の増加
  『地域連携薬局』と『専門医療機関連携薬局』のゆくえ

コロナ禍での骨太の方針
  感染症対策とデジタル化を積極的に推進

第2章 医薬品卸は古い衣を脱ぎ捨てることができるのか

医薬品卸はサイロを破壊できるのか
  20世紀のビジネスモデル継承の結果
  コンプライアンスより重要なこと
  新型コロナウイルスワクチンと医薬品卸
  進む製薬企業との新たな関係
  MSはそのあり方が変わる
  医薬品卸はデジタル化をいかにして自分の武器に育成するのか
  戦略的提携構築で新たな境地を見出すことができるのか
  配送体制見直しの可能性
  ヘルスケアプラットフォームを迅速に確立するには
  決断を迫られる地方医薬品卸
  安定供給の呪縛
  今、医薬品卸の営業のあり方が問われている

大手医薬品卸は戦略的提携構築で新たな境地を見出すことができるのか
  付加価値サービスを通じ、得意先や社会に貢献・提案できる企業を目指す
  東邦ホールディングス
  健康創造領域で、日本やアジアで貢献できる企業を目指すスズケン
  未来のあるべき姿を見出すためチャレンジを続ける
  メディパルホールディングス
  グループ企業と提携企業の力を結集し、総合力を強化する
  アルフレッサホールディングス

第3章 製薬企業はデジタルで変わるのか

医薬品サプライチェーンの課題が噴出
  露呈した医薬品サプライチェーンの課題
  後発医薬品企業だけの問題ではない

コロナ禍で対応を迫られる製薬企業
  世界では大型買収が活発化
  新型コロナウイルスでDrug Repositioningが活発化
  コロナ禍で行動変容を迫られたMR
  コロナ後の製薬企業

デジタル化が加速する製薬企業
  新常態のキーワードDX
  デジタル化への対応を本格化するわが国の製薬企業各社
  DXへの対応を本格化するわが国の製薬企業
    (1)中外製薬のデジタル化への対応
    (2)アステラス製薬のデジタル化への対応
    (3)塩野義製薬のデジタル化への対応
    (4)エーザイのデジタル化への対応

第4章 薬価の毎年改定本格始動で厳しさ増す製薬市場

薬価の毎年改定が動き出す
  業界の予想外の展開に
  0.8%を巡る攻防
  今後の毎年改定は

医療保険制度と新薬開発

わが国の医療用医薬品生産高予測(2020~2028年)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。