空間ビジネスマーケット総覧 ~遊休不動産利活用の実態と成長ポテンシャル~

昨今、オフィスビルやマンションといった賃貸不動産を従来型の“オフィス”や“住まい”として活用するだけではなく、新たな空間活用ビジネスが増加している。例えば、オフィスビルの空室活用として注目される「貸し会議室」の市場が伸びている。ITの発達により外出先にいても社内と同じように働ける環境が整ったことで「個人向けレンタルオフィス」の利用客も増加している。収納スペースに限りのある住宅事情の影響で「トランクルーム」の施設数も拡大している。「託児所」や「病児保育室」など、女性就労を支えるべきスペースはまだまだ足りていない。マンションの空室活用として、昨今話題の「民泊」に本格参入する企業も現れ始めた。サラリーマンの副業としても「コインランドリー」が注目を集めている。また、商業施設においても、「ランナーズステーション」や「高級自転車専用駐輪場」など、エリア特性に合わせたさまざまな空間ビジネスが展開され始めている。
空室活用に必要なのは発想の転換、アイデアである。そして、その事業にどれだけのニーズと将来性があるかをきちんと把握することから始まる。
本調査レポートは、空間活用ビジネス15市場を選定し、市場規模、成長性、収益性、ビジネスモデル、参入事業者事例を研究し、空間活用ビジネスを総合的に把握いただけるよう企画した。

発刊日: 2017/09/29 体裁: A4 / 168頁
資料コード: C59110400 PDFサイズ: 10.4MB
カテゴリ: 建設、住宅、不動産、建材、住宅設備機器

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 空間活用ビジネス15市場を選定
  • それぞれの市場の市場規模、成長性、収益性、ビジネスモデル、参入事業者事例を徹底研究
  • 空間活用ビジネスを総合的に把握するための1冊
     

資料概要
Close

Ⅰ.不動産市況
Ⅱ.スペースビジネスの概要

リサーチ内容

■掲載内容

Ⅰ.不動産市況

1.商業地の地価動向
2.オフィスビルの空室率、賃料動向

Ⅱ.スペースビジネスの概要

1.保管ニーズ
  ①トランクルーム市場
  ②レンタル収納市場
2.スペースニーズ
  ①レンタルオフィス市場
  ②貸し会議室市場
  ③レンタルデスク(有料自習室)市場
  ④レンタルスタジオ市場
  ⑤複合カフェ(ネットカフェ、漫画喫茶、等)市場
3.事業ニーズ
  ①保育所市場
  ②幼児教室市場
  ③学習塾・予備校市場
  ④カルチャースクール市場
  ⑤フィットネスクラブ市場
  ⑥介護施設(通所サービス)市場
  ⑦植物工場(施設園芸)市場
  ⑧コインランドリー市場

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59108500 2017年版 車載用リチウムイオン電池市場の現状と将来展望
C59102300 2017 シェアリングエコノミー市場の実態と展望 ~民泊/カーシェア/駐車場予約/クラウドソーシング・ファンディング~
C59110600 2017 電動パワーステアリングシステム市場の最新動向と将来展望
C59112100 2030年の自動車技術展望 ~環境規制、自動運転で激変する自動車技術~