2020年度版 在宅医療市場の展望と戦略

今回発刊の本資料「2020年度版 在宅医療市場の展望と戦略」は、在宅酸素療法、在宅人工呼吸療法、睡眠時無呼吸症候群(SAS)関連、在宅腹膜透析、在宅血液透析、在宅輸液療法、胃瘻カテーテル、在宅自己導尿、血糖自己測定器について、国内市場環境の分析を行うと共に、各関連製品別の国内トータル市場規模の推定とマーケットシェア分析、更に、訪問歯科、在宅陰圧療法について国内動向の情報の収集・分析を行っております。

発刊日
2020/12/29
体裁
A4 / 339頁
資料コード
C62122400
PDFサイズ
8.4MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:国内メーカー及び輸入製品の総発売元/在宅医療展開する医療法人
調査方法:直接取材とリモート取材、Web、文献・デスクリサーチ(一部推定企業含む)
調査期間:2020年9月~2020年11月

資料ポイント
Close

前回版との違い

  • 2018年度、2019年度の情報更新と、新型コロナウィルス影響を含む2020年度市場予測を更新
  • 2020年度診療報酬改定情報と特定医療保険材料として、在宅医療に追加された陰圧療法関連等について分析

 

資料概要
Close

第1章 在宅医療市場の概況
第2章 在宅医療市場の市場動向分析
第3章 在宅医療市場への参入企業概要及び 在宅医療先進施設
第4章 在宅医療の市場背景

リサーチ内容

SUMMARY

在宅医療市場の展望と戦略 ~ SUMMARY ~
1.分析区分別 市場規模動
2.区分別 市場動向
  (1)在宅酸素療法(Home Oxygen Therapy:HOT)
  (2)在宅人工呼吸療法市場
  (3)在宅持続陽圧呼吸療法:CPAP関連市場
  (4)医療用ディスポ―ザブル製品
3.在宅医療市場の展望と課題
  (1)市場背景
  (2)新型コロナウィルス(COVID-19)の影響について

第1章 在宅医療市場の概況

1.在宅医療市場の定義と分類
2.在宅医療に関する市場規模の推移と予測
3.在宅医療の概要と診療報酬の動向
  (1)医療制度の動向
  (2)「緩やかな治療」へ移行
    ◆急性期医療を中心とした医療の転換
    ◆緩やかな医療への移行
    ◆医療の偏在を均衡化する
  (3)地域包括ケアシステムの構築とは
  (4)厚生労働省が提示する「在宅医療」のイメージ
    ◆厚生労働省が考える在宅医療の整備目標
  (5)在宅療養支援診療所・病院の現状
  (6)往診
  (7)訪問診療
    ①在宅患者訪問診療料
    ②在宅時医学総合管理料
    ③施設入居時等医学総合管理料
  (8)訪問看護ステーションの現状
  (9)看取り
4.在宅医療を取り巻く環境
  (1)人口推移
    ①総人口区分
    ②2018年に後期高齢者の数が前期高齢者を上回る
  (2)要介護高齢者数(全体)の動向
  (3)潜在的な在宅医療の患者数
  (4)多死社会~死亡数の増加~
  (5)死亡場所~国の政策は「在宅」での看取りの推進~
  (6)なぜ「在宅」なのか
  (7)高齢者のいる地域~大都市に集中~
  (8)人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン
5.在宅医療とオンライン診療
6.在宅医療等の方向性
  ・多忙な医師をサポートする仕組みの構築
  ・複数の医療スタッフが関わる仕組み
  ・患者の多様化、小児在宅医療等への対応も
  ・在宅向け医薬品・機器・材料の開発

第2章 在宅医療市場の市場動向分析

1.在宅酸素療法市場
  (1)市場概要
  (2)診療報酬関連・公的データ件数
    社会医療診療行為別調査
    ナショナルデータベース
  (3)市場規模推移・予測
    ①患者数推計
    ②市場規模推計
  (4)参入企業動向
  (5)製品概要
2.ハイフローセラピー
  (1)市場概要
  (2)診療報酬関連・公的データ件数
  (3)市場規模推移・予測
    市場規模推計
  (4)参入企業動向
3.在宅人工呼吸療法市場
  (1)市場概要
  (2)診療報酬関連・公的データ件数
    社会医療診療行為別調査
    ナショナルデータベース
  (3)市場規模
    ①患者数推移
    ②市場規模推計
  (4)参入企業動向
  【参考:新型コロナウイルス(COVID-19)によるベンチレータ市場に及ぼした影響】
  ・ベンチレータの製品確保
  ・長期・一般 人工呼吸器の(国産品)確保の強化(新製品の承認の迅速化、生産支援 他)
  (5)製品概要
  関連市場:排痰補助装置
4.在宅持続陽圧呼吸療法:CPAP関連市場
  (1)市場概要
  (2)診療報酬関連・公的データ件数
    社会医療診療行為別調査
    ナショナルデータベース
    睡眠医療施設
  (3)市場規模推移・予測
    ①患者数推計
    ②市場規模推計
  (4)参入企業動向
  (5)製品概要
    鼻腔関連デバイス
    【終夜睡眠時ポリグラフィー検査装置(スリープアプニア市場:Sleep Apnea Syndrome~SAS)】
  (1)市場概要
  (2)市場規模推移・予測
    ①市場規模推計
    ②レンタル患者数シェア
  (3)参入企業動向
5.在宅腹膜透析市場
  (1)市場概要
  (2)診療報酬関連・公的データ件数
  (3)市場規模推移・予測
    ①患者数推計
    ②医療費推計
    ③市場規模推計・参入企業動向
  (4)製品概要
6.在宅血液透析市場
  (1)市場概要
  (2)市場規模推移・予測
    ①市場規模推計
    ②社会医療診療行為別調査
    ③ナショナルデータベース
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向
7.在宅輸液療法・栄養剤市場
  (1)市場概要
  (2)診療報酬関連・公的データ件数
    社会医療診療行為別調査
    ナショナルデータベース
  (3)市場規模推移・予測
    A.栄養療法(輸液製剤、栄養剤、流動食、栄養補助食品)
    〇輸液製剤
    〇栄養剤
    B.市場概要:輸液用ポンプ(中心静脈用ポンプ、経腸栄養ポンプ)
    ①輸液製剤 市場規模推計
    ②栄養剤 市場規模推計
    ③専用(輸液・経腸栄養・肺高血圧治療)ポンプ 市場規模推計
  (4)参入企業動向:専用(輸液・経腸栄養・肺高血圧治療)ポンプ
    ①治療用輸液ポンプ(在宅用中心静脈栄養用、肺高血圧症治療用輸液ポンプ市場)
    ②専用型輸液ポンプ(経腸栄養用輸液ポンプ市場)
  (5)製品概要
    誤接続防止コネクタの導入について(経腸栄養分野)
8.胃瘻(PEG)カテーテル市場
  (1)市場概要
  (2)診療報酬関連・公的データ件数
    社会医療診療行為別調査
    ナショナルデータベース
  (3)市場規模推移・予測
    市場規模推計(交換用胃瘻カテーテル)
  (4)参入企業動向
  (5)製品概要
9.在宅自己導尿市場
  (1)市場概要
  (2)診療報酬関連・公的データ件数
    社会医療診療行為別調査
    ナショナルデータベース
  (3)市場規模推移・予測
    市場規模推計
  (4)参入企業動向
  (5)製品概要
10.在宅自己注射市場(インスリン製剤)
  (1)市場概要
  (2)診療報酬関連・公的データ件数
    社会医療診療行為別調査
    ナショナルデータベース
  (3)市場規模推移
    【インスリン製剤】
    【インスリンポンプ】
  (4)参入企業動向
    【インスリン製剤】
    【インスリンポンプ】
11.血糖自己測定器市場
  (1)市場概要
  (2)診療報酬関連・公的データ件数
    社会医療診療行為別調査
    ナショナルデータベース
  (3)市場規模推移
  (4)参入企業動向
  (5)製品概要
12.訪問歯科の動向
  (1)歯科医療業界 基礎情報(国民医療費・歯科診療所数・患者数等)
    ①国民医療費
    ②歯科診療所数 推移
    ③歯科患者数 推移
    ④歯科診療所の収支状況 推移
    ⑤歯科診療所 保険診療および自由診療のみ実施施設数
    ⑥在宅療養療支援歯科診療所件数
    ⑦歯科訪問診療の実施状況
    参考:2020年(令和2年)主な歯科診療報酬改定について
  (2)診療報酬関連・公的データ件数
    社会医療診療行為別調査における歯科訪問診療実施件数
    ナショナルデータベース
  (3)今後の訪問歯科・口腔ケア
  (4)関連製品市場規模
    在宅訪問歯科診療に使用される医療機器
    ①ポータブルユニット
    ②ポータブル歯科X線装置
    ③口腔ケア製品(スポンジブラシ・保湿ジェル:歯科ルート)
13.ディスポーザブル製品
  (1)市場概要・市場規模推移
  (2)在宅褥瘡管理(皮膚欠損用創傷被覆材)
  (3)褥瘡・糖尿病性潰瘍市場
  (4)局所陰圧閉鎖療法

第3章 在宅医療市場への参入企業概要及び 在宅医療先進施設

エア・ウォーター(エア・ウォーター・メディカル)
小池メディカル
大陽日酸
帝人ファーマ
バクスター
フィリップス・ジャパン(旧:フィリップス・レスピロニクス)
フクダ電子(フクダライフテック)
南多摩病院
コロプラスト
ディヴインターナショナル

第4章 在宅医療の市場背景

1.在宅医療の制度的背景
2.在宅医療を実施する診療所の成功のポイント
3.医療機関が実施する在宅医療のパターン

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。