2022年版 給食市場の展望と戦略

発刊日
2022/06/下旬
体裁
A4 / 約480頁
資料コード
C64102600
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約480頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 4兆8,000億円の給食市場
  • 高齢化と健康志向が市場に追い風
  • 在宅勤務の一般化で事業所対面給食は打撃
  • 事業所弁当は昼食の多様化で苦戦
  • 高齢者の低栄養を防ぐ在宅配食サービス
  • 在宅配食はチルドから冷凍に
  • 有料老人ホームが高齢者施設給食を牽引
  • 給食の外部委託は曲がり角に
  • 介護予防食が高齢者の低栄養を改善
  • 学校、幼稚園・保育所は民間委託が進行
  • 人手不足が完調品、CK、新調理を後押し
  • 注目集める有力30社を徹底研究
  • 給食サービス企業400社名鑑を掲載
  • 前回との違いは、給食関連諸制度の最新状況を掲載

リサーチ内容

2022年4月13日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。
 
■掲載予定内容
 
調査のポイント
 
1.市場動向
2.企業動向
3.展望と課題
 
第Ⅰ章 注目業界動向
 
1.変貌する4兆7,000億円の給食市場
2.給食施設数の増減傾向と市場背景
3.給食企業における新型コロナの影響とアフターコロナ
4.有力企業の事業ポートフォリオが変化
5.注目集める学校給食、幼稚園・保育所給食
6.巣籠需要が追い風となる在宅配食サービス
7.人手不足で「完全調理メニュー」が普及
8.CKと新調理で食の安心・安全が向上
9.日本栄養支援配食事業協議会が本格稼働
10.コロナ禍で変化する高齢者の食事
11.喫食者の高齢化とフレイル、サルコペニア
12.献立提案アプリで「時産」 心身ともに健康な食生活を
13.パーソナルミールソリューション~食の個別最適化の新潮流
14.給食市場に影響及ぼす関連制度
 
第Ⅱ章 マーケットの現状分析と展望
 
1.全体市場(2017~2021年度)
  1)給食の総市場規模推移(2017~2021年度)
  2)給食の分野別市場構成比(2021年度)
  3)給食の地域別市場構成比(2021年度)
  4)給食サービス企業シェア(2021年度)
  5)給食市場の拡大要因と阻害要因
  6)今後の市場見通し
  7)給食の総市場規模予測(2022~2026年度) 
2.事業所対面給食
  1)市場動向
  2)参入企業動向
  3)市場規模推移(2017~2021年度)
  4)現状の問題点と課題
  5)今後の市場見通し
  6)市場規模予測(2022~2026年度)
3.弁当給食
  1)市場動向
  2)参入企業動向
  3)市場規模推移(2017~2021度)
  4)現状の問題点と課題
  5)今後の市場見通し
  6)市場規模予測(2022~2026年度)
4.病院給食
  1)市場動向
  2)参入企業動向
  3)市場規模推移(2017~2021年度)
  4)現状の問題点と課題
  5)今後の市場見通し
  6)市場規模予測(2022~2026年度)
5.高齢者施設給食
  1)市場動向
  2)参入企業動向
  3)市場規模推移(2017~2021年度)
  4)現状の問題点と課題
  5)今後の市場見通し
  6)市場規模予測(2022~2026年度)
6.学校給食
  1)市場動向
  2)参入企業動向
  3)市場規模推移(2017~2021年度)
  4)現状の問題点と課題
  5)今後の市場見通し
  6)市場規模予測(2022~2026年度)
7.幼稚園・保育所給食
  1)市場動向
  2)参入企業動向
  3)市場規模推移(2017~2021年度)
  4)現状の問題点と課題
  5)今後の市場見通し
  6)市場規模予測(2022~2026年度)
 
第Ⅲ章 有力給食サービス企業の市場戦略分析
 
1.給食事業の方針と展開パターン(事業スキーム)
2.調理加工方法とCKの設置状況
3.メニュー開発と食材調達、物流対策
4.営業状況(営業体制、注力地域・ユーザー)
5.鮮度維持・安全管理対策、人材教育方法
6.海外展開(日系企業のサポート、海外法人設立)
7.今後の市場戦略
 
第Ⅳ章 有力給食サービス企業の個別実態(以下を中心に約30社を掲載予定)
 
浅田給食(大阪)、あおもりコープフーズ(青森)、一冨士フードサービス(大阪)、イフスコヘルスケア(大阪)、ウオクニ(兵庫)、魚国総本社(大阪)、エームサービス(東京)、栄食メディックス(福岡)、栄養食(東京)、NECライベックス(東京)、大阪いずみ市民生協(大阪)、クックデリ(大阪)、グローカル・アイ(大阪)、グリーンハウス(東京)、コープこうべ(兵庫)、コープさっぽろ(北海道)、コンパスグループ・ジャパン(東京)、四国医療サービス(愛媛)、シダックスフードサービス(東京)、シニアライフクリエイト(東京)、ジョイント(大阪)、シルバーライフ(東京)、セブンイレブン(東京)、ソシオフードサービス株式会社(東京)、タニタ(東京)、玉子屋(東京)、ティー・エフ・ピー(愛知)、テスティパル(大阪)、トーカイフーズ(岐阜)、東洋食品(東京)、東洋食品フードサービス(東京)、どうきゅう(北海道)、ナリコマエンタープライズ(大阪)、日米クック(大阪)、ニッコクトラスト(東京)、日清医療食品(東京)、日総(北海道)、日本栄養給食協会(栃木)、日本給食サービス(東京)、日本ケータリング(愛知)、日本ゼネラルフード(愛知)、ノンピ(東京)、はーと&はあとライフサポート(京都)、ハークスレイ(大阪)、ハーベスト(神奈川)、HITOWAフードサービス(東京)、ファンズエーピー(東京)、フジ産業(東京)、富士産業(東京)、PECOFREE(福岡)、ベスト(山形)、ベストフードサービス(東京)、ベネッセパレット(東京)、ベネミール(東京)、ホームラン・システムズ(福岡)、マルタマフーズ(大阪)、マルワ(大阪)、ミールケア(長野)、みやぎ保健企画(宮城)、武蔵野フーズ(埼玉)、村上給食(大阪)、メーキュー(愛知)、名阪食品(奈良)、メフォス(東京)、幼稚園給食(千葉)、淀川食品(大阪)、LEOC(東京)、レパスト(東京)、ロイヤルコントラクトサービス(東京)、ワタミ(東京)、他
 
第Ⅴ章 全国給食サービス企業名鑑(約400社)
 
※以下項目を掲載
企業名、所在地、電話番号、設立、資本金、従業員数、事業内容、仕入先、販売先、業績、税引利益

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約480頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。