2023年版 養殖ビジネスの市場実態と将来展望 ~期待高まるスマート水産・陸上養殖・低魚粉/昆虫飼料の方向性~

世界人口増加などにより、世界の食料事情は不安定さを増している。水産物の場合、日本人一人あたりの水産物消費量は減少していることに対し、世界の一人あたりの年間水産物消費量は、この50年間で約2倍に増加している。
また、魚用配合飼料の主原料である魚粉は、大半を輸入に依存しているが、世界的な需要増を背景に、魚粉の輸入価格は高値で推移している。このような中、IoTを活用した効率的な養殖「スマート養殖」、陸上で養殖する「閉鎖循環式陸上養殖」、魚から排出される排泄物等を使用して養殖と植物の栽培を同時に行う「アクアポニックス」、魚粉量を少なくした「低魚粉飼料」などが注目を浴びている。
本資料では、スマート養殖、陸上養殖、アクアポニックス、低魚粉飼料の主要プレーヤーを調査・分析することにより、市場の実態と課題を明らかにするとともに、今後の方向性を模索する。

発刊日
2023/09/20
体裁
A4 / 368頁
資料コード
C65103300
PDFサイズ
28.7MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 368頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:当調査は、スマート水産、陸上養殖、アクアポニックス、低魚粉飼料、昆虫飼料の現状の取組と、今後の方向性を調査・分析することにより、養殖市場を展望することを目的と調査を実施した。
調査対象製品:次世代養殖技術(スマート水産、陸上養殖システム、アクアポニックス、低魚粉飼料、昆虫飼料)
調査対象先:養殖事業参入企業、次世代養殖技術参入企業等31社/その他大学、関連官公庁・協会団体、研究機関
調査方法:弊社専門研究員による直接面接取材と電話取材を実施
調査期間:2023年4月~2023年9月

調査結果サマリー
Close

次世代型養殖ビジネスに関する調査を実施(2023年)
2022年度の次世代型養殖技術の市場規模(5分野計)は473億5,800万円
~低魚粉飼料の普及や陸上養殖施設の増加に伴い、市場は拡大~

資料ポイント
Close

前回版との違い

  • SDGsの拡大に伴い国内で導入が進みつつあるアクアポニックスの、日本国内の有力企業の取組み状況を紹介。養殖関連企業のアクアポニックスに関する見解等や、アクアポニックスの市場規模を掲載。 
  • 国内で急速に建設が進む陸上養殖の現状を、外資系企業や大手商社等の大手企業が実施するサーモンの大規模陸上養殖や、食品関連企業等様々な企業が参入する高単価水産物等の陸上養殖を中心に掲載。 

リサーチ内容

調査要綱

第Ⅰ章 日本・世界の漁業・養殖業の動向

1.日本の漁業・養殖業の概況
  (1)漁業・養殖業の国内生産量の推移(2010~2022年)
  (2)漁業・養殖業の国内産出額の推移(2010~2021年)
2.日本における海面養殖業の概況
  (1)海面養殖 魚種別収穫量推移(2010~2022年)
  (2)海面養殖魚種別産出額推移(2008~2021年)
  (3)都道府県別 海面養殖魚収穫量(2022年)
  (4)都道府県別 海面養殖魚種別収穫量(2022年)
  (5)都道府県別 種苗養殖販売量(2021年)
3.世界の水産・養殖の動向
  (1)世界の漁獲量・養殖生産量(2014~2020年)
  (2)主要漁業国における漁獲量(1980~2020年)
  (3)世界における養殖生産量の推移(1990~2020年)
  (4)主要国における養殖生産量(2021年)
  (5)世界の地域別漁業者・養殖業従事者(1995~2020年)
  (6)世界の魚介類の一人あたりの年間消費量の推移(1990~2019年)
4.国内における水産物の消費量、価格の推移
  (1)水産物価格の推移(1990~2022年)
  (2)1人当たりの年間供給純食料の推移(1990~2021年度)
  (3)サケ・マス類の輸入量の推移(2018~2022年)
  (4)サケ・マス類の輸入価格の推移(2018~2022年)
4.国内における水産物の輸出拡大に向けた取組み
  (1)水産物の輸出動向 ~養殖魚ではブリの輸出が大幅に増加~
  (2)水産物輸出拡大に向けた取組み ~農林水産物・食品輸出の団体認定の開始~
5.「みどりの食料システム戦略」目標達成に向けた取組み 
  (1)みどりの食料システム戦略について ~生産力向上、持続可能な水産業への目標を策定~
  (2)主要企業におけるみどりの食料システム戦略の取組み
  (3)代替シーフードに関する取組み
    ①代替タンパク質とは何か
    ②代替シーフードについて
    ③植物由来シーフード ~アレルゲンを含まず食物繊維が豊富、外食への導入に期待~
    ④培養シーフード
    ⑤市場規模推移(植物由来シーフード、培養シーフード)

第Ⅱ章 養殖ビジネスの動向

1.養殖業成長産業化総合戦略 ~マーケット・イン型養殖業の推進~
  (1)日本・海外における水産業が取り巻く背景
  (2)養殖業成長産業化総合戦略のポイント
2.海面養殖経営体の概況
  (1)ブリ類養殖業の経営状況とコスト構造
  (2)マダイ養殖業の経営状況とコスト構造
  (3)まとめ
3.先進的な海外養殖経営の取組
  (1)ノルウェー
  (2)チリ
  (3)世界におけるサーモン・マスの生産量
4.国内における養殖ビジネスの取組み
  (1)大手水産会社における養殖ビジネス
    ~持続可能な漁業に向けた取組み 極洋、ニッスイ、マルハニチロの完全養殖事業等が進展~
  (2)大手商社における養殖ビジネス ~三井物産、三菱商事など、大手商社が大規模陸上養殖へ出資・販路開拓~
  (3)国産サーモンにおける取組み動向
    ①NTT東日本、エア・ウォーターなどが新技術を用いてサーモン養殖を実施
    ②日本サーモンファーム 国内最大級のサーモントラウト養殖を展開
    ③林養魚場 国内に閉鎖循環式陸上養殖施設を建設、自動給餌システムを共同開発
    ④閉鎖循環式陸上養殖による好適環境水を用いたベニザケの実証実験成功
5.日本における養殖業の今後の方向性 ~サステナブルな養殖に向け 人工種苗の生産も活発化~

第Ⅲ章 次世代型養殖技術の動向

1.スマート水産
  (1)スマート水産とは
  (2)スマート水産が求められている背景
  (3)スマート水産の社会実装に向けた取組み
    ①水産資源の持続的な利用に向けた取組み
    ②水産業の成長産業化に向けた取組み
    ③スマート水産業展開に向けたロードマップについて
    ④スマート水産のデータ利活用のガイドライン
  (4)スマート水産を展開している主な企業の取組み
    ①スマート水産を展開している国内メーカー
    ②国内の主な自動給餌機システム
    ③スマート水産を展開している海外企業
  (5)スマート水産の現状の課題・問題点
  (6)今後のスマート水産の方向性
    ①自動給餌システムが各地で導入
    ②大規模沖合養殖は本格稼働、一方で課題も浮き彫りに
    ③地域全体でのスマート水産の実施~デジタル水産業戦略拠点の取組みの開始~
  (7)スマート水産の市場規模推移(2022~2027年度予測)
2.陸上養殖 
  (1)陸上養殖の方式
  (2)陸上養殖の歴史
  (3)陸上養殖届出制について~水産庁は2023年4月より、陸上養殖業の届出制度を開始~
  (4)陸上養殖の事業者調査~2016年以降 陸上養殖事業者が急増~
  (5)海外での陸上養殖の動向
    ①海外の陸上養殖概要
    ②海外における陸上養殖生産事業の動向
  (6)陸上養殖のメリット・デメリット
  (7)国内における陸上養殖を展開している主な取組み
    ①ソウルオブジャパン~三重県で日本最大級(年産1万t)の陸上養殖を建設~
    ②Proximar~静岡県で年産5,300tの陸上養殖を建設~
    ③FRDジャパン~新施設2023年着工、トラウトサーモンを年3,500t増産~
    ④アトランド~2027年にアトランティックサーモン2,500tの出荷へ~
    ⑤フィッシュファームみらい~発電所の敷地内でのサーモン生産を実施~
    ⑥宗像陸上養殖~放送事業者による陸上養殖への参入の取組~
    ⑦NECネッツエスアイ~ 山梨県に陸上養殖場を建設、トラウトサーモン500 t出荷~
    ⑧NTT東日本、陸上養殖事業へ参入
    ⑨全国主な陸上養殖施設一覧
  (8)陸上養殖における有望魚種
    ①成長が早く飼料効率の良い水産物(サーモンなど)
    ②サーモンにおける養殖コスト
    ③高単価の水産物(スジアオノリなど)
    ④その他(細菌や寄生虫の関係で生食にリスクを伴う水産物)
  (9)参入企業の動向
    ①陸上養殖システム関連企業(海外)
    ②陸上養殖システム関連企業(国内)
    ③陸上養殖生産事業を展開している企業
  (10)陸上養殖の課題・問題点
  (11)陸上養殖の今後の方向性
  (12)陸上養殖プラント 市場規模推移(2022~2027年度予測)
3.アクアポニックス
  (1)アクアポニックスとは
  (2)アクアポニックスで生産できる水産物・植物
  (3)日本国内でのアクアポニックスの現状
    ~テツゲンメタウォーターアクアアグリ、スーパーアプリが2,000㎡以上のアクアポニックスを建設~
  (4)主要企業におけるアクアポニックスの取組み
    ~運営企業以外に、アクポニ、プラントフォームなど、コンサルティング企業の存在も目立つ~
    ①アクアポニックスのコンサルティング企業
    ②アクアポニックス運営企業(養殖・農作物生産)
  (5)アクアポニックスの海外での事例
  (6)養殖ビジネス参入企業におけるアクアポニックスに関する見解
  (7)アクアポニックスの課題・問題点
  (8)アクアポニックスの事業試算
  (9)アクアポニックスの市場規模推移(2022~2027年度予測)
4.低魚粉飼料
  (1)養殖魚の餌の種類
  (2)養魚飼料生産量の推移(2016~2022年)
  (3)養魚飼料の原料使用量
  (4)国内における魚粉の動向
  (5)南米(ペルー・チリ)産魚粉の動向
  (6)世界の魚粉需給の動向
  (7)農林水産省「みどりの食料システム戦略」にて、魚粉代替の利用や低魚粉化を加速化
  (8)国産魚粉の潜在需要
  (9)主要メーカーにおける低魚粉飼料の取組み
  (10)魚粉代替飼料原料の動向
    ①魚粉代替原料の現状
    ②新たな飼料原料の研究・開発を実施する、主な企業の動向
    ~愛南リベラシオが昆虫飼料の販売、大日本印刷と愛媛大や、ムスカが昆虫飼料の研究を実施~
  (11)昆虫の養魚用飼料向け利用の課題と今後
  (12)低魚粉飼料の市場規模推移(2022~2027年度予測)
  (13)昆虫タンパク質飼料の市場規模推移(2022~2027年度予測)

第Ⅳ章 参入企業等の個別実態調査

(株)ARK
~小型・分散型陸上養殖システムで日本発の水産革命を興す!~
 
IMTエンジニアリング(株)
~ISPS普及推進、陸上養殖エビ生産拠点として国内10ヶ所程度の需要を見込む~
 
(株)愛南リベラシオ
~カイコ由来の免疫賦活効果がある飼料「シルクロース」等の開発・販売~
 
(株)アクポニ
~全国35ヶ所でアクアポニックスを施工、各種支援事業を展開~
 
アトランド(株)
~三菱商事とマルハニチロの合同養殖事業がスタート 2027年に初出荷を目指す~
 
NTTコミュニケーションズ(株)
~課題解決ソリューションの提供を通じ、地域の活性化と日本の水産業発展に貢献~
 
(株)荏原製作所
~養殖事業へ再挑戦、陸上養殖の上流から下流まで一体化したシステム販売を目指す~
 
(株)FRDジャパン
~生サーモン「おかそだち」の生産、2023年に大規模商業プラント着工予定~
 
(株)大林組
~アワビの循環式陸上養殖技術の研究を継続~
 
学校法人加計学園 岡山理科大学
~好適環境水を利用した完全閉鎖型陸上養殖で、クエ、ウナギ、ベニザケなどの養殖に成功~
 
海幸ゆきのや合同会社
~2022年より「幸えび」の養殖場の稼働開始~
 
KURAおさかなファーム(株)
~オーガニックはまち、AI養殖で、食の安心安全・漁業創生の実現を目指す~
 
昆虫ビジネス研究開発プラットフォーム
~アメリカミズアブの養魚飼料への実用化研究を支援~
 
(株)さかなファーム
~養殖事業のコンサルティングをメインに、魚介類の加工品等の販売まで実施~
 
ソウルオブジャパン(株)
~三重県の養殖工場がついに着工、2026年の出荷に向けて動き出す~
 
中部飼料(株)
~収益力向上と規模拡大によって水産飼料事業の再構築を進める~
 
(株)テツゲンメタウォーターアクアアグリ
~岩手県大船渡市で2,000 ㎡の大規模アクアポニックスを運営~
 
ながさきBLUEエコノミー
~ブリ養殖の種苗生産から販売まで、大学主導で産業化を目指す~
 
日清丸紅飼料(株)
~2024年春に水産技術研究所(仮称)の事業開始を予定~
 
(株)ニッスイ
~バナメイエビ陸上養殖事業を開始~
 
日鉄エンジニアリング(株)
~2023年より、大規模沖合養殖システムの本格的な商業販売の開始~
 
日本電気(株)
~養殖魚サイズ測定自動化サービスで養殖業のDX化を支援~
 
日本農産工業(株)
~新開発の乾燥飼料でニホンウナギ仔魚をシラスウナギまで育成することに成功~
 
フィッシュ・バイオテック(株)
~完全閉鎖循環型陸上養殖によるサバの養殖に成功~
 
(株)フジキン
~チョウザメ養殖事業を推進、地方創生、地産地消に貢献してマーケットを創出~
 
(株)プラントフォーム
~キャビアが採れる循環型農法・アクアポニックス システム設計、開発、参入支援事業~
 
Proximar(株)
~静岡県小山町で5,300t/年のアトランティックサーモン養殖を実施~
 
三島食品(株)
~陸上養殖によりスジアオノリの安定供給を図る~
 
(株)ムスカ
~期待値が高い昆虫タンパク、パイロットプラントでの本格展開を目指す~
 
リージョナルフィッシュ(株)
~22世紀鯛、22世紀ふぐの販売開始に加え、大規模資金調達を実施~
 
理研食品(株)
~良質な種苗の研究と安定生産により海藻産業の発展に貢献~

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 368頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。