空飛ぶクルマの動向(2018年9月調査)

発刊日
2019/01/15
体裁
B5 / 39頁
資料コード
R60202502
PDFサイズ
1.5MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

33,000
30,000
3,000
66,000
60,000
6,000
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

本調査レポートは、定期刊行物 Yano E plus 2018年10月号 に掲載されたものです。

リサーチ内容

~世界中のスタートアップ、航空機・自動車メーカーなどが実用化に向けて突き進んでおり、2020年代の実用化が視野に!~

1.空飛ぶクルマとは
2.空飛ぶクルマの進展とビジネスチャンス
3.空飛ぶクルマの課題
  3-1.技術面での課題
  3-2.運用面での課題
4.空飛ぶクルマのワールドワイド動向
  4-1.欧米
  4-2.中国
  4-3.日本
    【図1.電動化・自動化によるコスト低減効果(左)機体コスト(右)運航コスト】
5.空飛ぶクルマの市場規模予測
  【図・表1.空飛ぶクルマの国内およびWW市場規模予測(金額:2020-2040年予測)】
  【図・表2.空飛ぶクルマのWW市場規模予測(数量・金額:2020-2040年予測)】
  【図・表3.空飛ぶクルマの地域別WW市場規模予測(金額:2020-2040年予測)】
6.空飛ぶクルマに関連した国内外企業・団体の取組動向
  【表1.空飛ぶクルマの主要取組企業と開発中の空飛ぶクルマのスペック一覧】
  6-1.一般社団法人CARTIVATOR
    【図2.CARTIVATORが開発中の実物大試作機「SkyDrive SD-01」】
  6-2.学校法人慶應義塾大学
    【図3.「空飛ぶクルマラボ」の研究内容】
  6-3.国立大学法人東京工業大学
  6-4.AeroMobil, s.r.o.(スロバキア)
  6-5.Airbus SE(フランス)
  6-6.Aston Martin Lagonda Limited(Aston Martin:英国)
  6-7.Audi AG(ドイツ)
  6-8.Aurora Flight Sciences Corporation(AFS:米国)
  6-9.Aviation Industry Corporation of China, Ltd.(AVIC)(中国航空工業集団:中国)
  6-10.Bay Zoltan Nonprofit Ltd.(Bay Zoltan:ハンガリー)
  6-11.The Boring Company(Boring:米国)
  6-12.EHang, Inc.(中国)
  6-13.Eviation Aircraft Ltd.(イスラエル)
  6-14.Joby Aviation LLC(米国)
  6-15.Kitty Hawk Corporation(米国)
  6-16. Lazzarini Design Studio(Lazzarini:イタリア)
  6-17.Lilium Aviation GmbH(Lilium:ドイツ)
  6-18.Moller International(Moller:米国)
  6-19.National Aeronautics and Space Administration(NASA:米国)
  6-20.Opener Inc. (米国)
  6-21.PAL-V International B.V.(PAL-V:オランダ)
  6-22.Parajet International Ltd.(Parajet:英国)
  6-23.Rolls-Royce Motor Cars Limited(Rolls-Royce:英国)
  6-24.Samson Motors, Inc.(米国)
  6-25.Terrafugia Inc.(米国)
  6-26.Top Flight Technologies, Inc.(Top Flight:米国)
  6-27.Uber Technologies Inc.(Uber:米国)
  6-28.Urban Aeronautics Ltd.(イスラエル)
  6-29.Volocopter GmbH(ドイツ)
  6-30.Zapata Racing®(Zapata™:フランス)
7.空飛ぶクルマの将来見通し

関連リンク

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

33,000
30,000
3,000
66,000
60,000
6,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。