IoT・5G・自動運転と「超小型モビリティ」の市場動向 (2018年12月、2019年1月調査)

発刊日
2019/05/15
体裁
B5 / 25頁
資料コード
R61200302
PDFサイズ
5.0MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

43,200
40,000
3,200
86,400
80,000
6,400
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

本調査レポートは、定期刊行物 Yano E plus 2019年1月号Yano E plus 2019年2月号に掲載されたものです。

リサーチ内容

IoT・5G・自動運転と「超小型モビリティ」の市場動向(1)
~数多くの課題解決をIoT・5G・自動運転がアプローチする現実味が増してきた~

1.超小型モビリティ(USM)の市場動向
  【表1.超小型モビリティの国土交通省が公道走行を可能にする認定制度(2013年)】
 1-1.国交省の公道走行を可能とする認定制度
  【表2.試行導入から得られた超小型モビリティの3分類】
 1-2.自工会の考える普及のロードマップ
  【図1.自工会の考える超小型モビリティのロードマップ】
 1-3.関連する交通手段とその規模
  【表3.超小型モビリティと競合する交通手段など】
 1-4.超小型モビリティ製品種類とコスト
  【表4.超小型モビリティと競合する交通手段など】
2.超小型モビリティとIoT、そして5G通信
 2-1.超小型モビリティとIoT
  (1)超小型モビリティの普及はシェアリングから
  (2)利用シーンの想定

IoT・5G・自動運転と「超小型モビリティ」の市場動向(2)
~間近に迫った5G・IoT・自動運転が超小型モビリティ市場を活性化~

1.超小型モビリティとIoT、そして5G通信(続き)
 1-1.超小型モビリティに関連する設備環境
  (1)ステーションの設置
  (2)スマホアプリの利用とエッジコンピューティング
  (3)位置情報などのIoT情報を取得
  (4)安心.安全と“おもてなし”
  (5)サイコグラフィカルな情報の共有・提供
 1-2.シェアリングに必要な要素技術
  (1)5G通信方式のメリットと現況
  【図1.5Gとは何か】
  【図2.4Gから5Gへ移行】
  (2)IoTプラットフォームとエッジコンピューティングの進展状況
  (3)自動運転の進捗状況と超小型モビリティの走行環境
2.超小型モビリティ市場推移
 2-1.構成要素の商用化時期
  【図3.超小型モビリティにまつわるICT技術の推移】
 2-2.超小型モビリティの市場規模推移
  【図・表1.超小型モビリティの市場規模推移(数量:2019-2025年予測)】

関連リンク

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

43,200
40,000
3,200
86,400
80,000
6,400

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。