環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

空飛ぶクルマ、ドローン関連調査結果のご案内

電動、自動(自律)運転、垂直離着陸が可能な機能を持つモビリティ、eVTOLである「空飛ぶクルマ」は、日本国内では2025年に大阪府で開催される「2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)」を契機とした事業化、市場成長が期待されている。実用化においては、新たな空の移動手段に加え、観光や競技用といった従来の交通手段と比較してさまざまな産業・業界を巻き込む形での成長可能性がある。
一方、無人で自動、自立制御(autonomy)機能を備え、空撮映像の取得を始めとする産業用や軍需、個人によるホビーまでさまざまな用途で使われている「ドローン」は既に成熟化した分野があるものの、機体を活用した商用サービスなども成長しており、市場は拡大する見通しである。

それぞれの調査結果について、当社で無償公開している調査結果をご紹介します。詳細な情報に興味をお持ちの方は、ページ内リンクより市場調査資料(有償)の目次内容等もぜひご覧下さい。

空飛ぶクルマ、ドローン関連調査結果

空飛ぶクルマ世界市場に関する調査を実施(2022年)~2050年の空飛ぶクルマ世界市場規模は120兆円超への成長を予測、あと数年に迫った事業開始に伴い世界各国で機体と周辺設備の開発が激化~(2022年5月19日公開)

<この調査結果掲載の資料>
2022年版 空飛ぶクルマ市場の現状と将来展望
体裁:A4 / 198頁
販売価格:165,000円(税込)
詳細はこちらから

ドローン(UAV/UAS)の世界市場に関する調査を実施(2021年)~ 2027年のドローン世界市場規模(軍用需要・民生需要計)は約3兆円規模を予測、点検・検査分野が市場をけん引~(2022年4月25日公開)

<この調査結果掲載の資料>
2021 ドローン(UAV/UAS)の世界市場と将来予測
体裁:A4 / 109頁
販売価格:165,000円(税込)
詳細はこちらから

建設施工現場における自動化・省力化技術等の市場動向調査を実施(2022年)~建設現場において実装し得るハードウェア面の建設テック技術は実証実験が進む、建設テック(ConTech)市場では建設労働人口の減少対策のみならず施工プロセス自体の変革に期待~(2022年5月26日公開)

<この調査結果掲載の資料>
2022年版 建設テック市場(施工現場編) ~施工現場における自動化・省力化技術の実態と展望~
体裁:A4 / 216頁
販売価格:165,000円(税込)
詳細はこちらから

社会インフラIT市場に関する調査を実施(2021年)~2020年度の国内社会インフラIT市場規模は前年度比2.9%減の5,948億円、社会インフラ向けITソリューションビジネスの普及はコロナ禍の影響で後ろ倒しに~(2021年12月21日公開)

<この調査結果掲載の資料>
2021 社会インフラ向けICT市場の実態と展望 ~次世代型の社会インフラITソリューションシフトが進む社会インフラIT~
体裁:A4 / 302頁
販売価格:198,000円(税込)
詳細はこちらから

スマート農業に関する調査を実施(2021年)~2020年度のスマート農業の国内市場規模を262億円と推計、新型コロナウイルス関連の補助金が追い風となり農業用ドローンや農機の自動操舵装置等が普及拡大~(2021年10月07日公開)

<この調査結果掲載の資料>
2021年版 スマート農業の現状と将来展望 ~省力化・高品質生産を実現する農業IoT・精密農業・農業ロボットの方向性~
体裁:A4 / 712頁
販売価格:209,000円(税込)
詳細はこちらから

ラストワンマイル物流市場に関する調査を実施(2021年)~2020年度のラストワンマイル物流市場規模は約2.5兆円、コロナ禍の巣ごもり需要で通販やネットスーパーの利用が拡大し大きく成長~(2021年07月12日公開)

<この調査結果掲載の資料>
2021年版 ラストワンマイル物流市場の実態と展望
体裁:A4 / 218頁
販売価格:165,000円(税込)
詳細はこちらから