定期刊行物

Yano E plus

Yano E plus

エレクトロニクスを中心に、産業の川上から川下まで、すなわち素材・部材から部品・モジュール、機械・製造装置、アプリケーションに至るまで、成長製品、注目製品の最新市場動向、ならびに注目企業や参入企業の事業動向を多角的かつタイムリーにレポートいたします。

発刊要領

  • 資料体裁:B5判約100~130ページ
  • 発刊頻度:月1回発刊(年12回)
  • 販売価格(1ヵ年):106,857円(税込) 本体価格 97,142円

※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

年間購読をお申し込みの方へバックナンバー2冊無料プレゼント

年間購読をお申し込みいただきました方に、ご希望のバックナンバー(2008年4月号以降)を2ヶ月分サービスさせていただいております。なお、冊子(紙ベース)の在庫がなくなった場合、PDFでのサービスとさせて頂きます。ご希望がない場合、2008年4月号以降から2ヶ月分お送りさせて頂きます。

Yano E plus に対するご意見

『Yano E plus』へのご意見・ご要望をお聞かせ下さい。
「ご意見」欄に、ご関心のあるテーマ、『Yano E plus』に掲載して欲しいテーマ等、ご記入をお願いいたします。
例)半導体の製造装置(ステッパ市場)に興味がある、ナノインプリント市場がどの程度の市場規模があるのか知りたい、車載向けコネクタ市場の参入メーカを調べたい、等。
ご入力頂きました情報は、テーマ企画策定以外の目的には使用いたしません。
皆様の幅広いご意見・ご要望を頂戴し、誌面の充実に努めてまいります。

最新号

Yano E plus 2009年12月号(No.021)

《有機エレクトロニクス特集》

有機トランジスタの動向
~次世代ディスプレイの駆動スイッチ等で高い期待~
  1.はじめに
  2.有機トランジスタの構造
  2-1.有機薄膜トランジスタ(TFT)
  【図】有機FETと有機SITの構造
  【図】有機SITの外観と折り曲げ
  2-2.有機単結晶トランジスタ
  【図】イオン液体を用いた有機単結晶FET
  3.有機半導体材料の開発
  【表】有機半導体材料の特徴
  【図】ベンゾポルフィリン(BP)の構造
  4.印刷法を用いた有機TFTアレイの作製
  【図】トランジスタアレイの構造と外観
  【図】μCP法と作製した有機TFTアレイ
  5.有機TFTの適用例
  5-1.電子ペーパ
  【図】電気泳動型と粉流体型
  【図】有機TFTの構造と製作したアレイ(凸版印刷)
  5-2.液晶ディスプレイ
  【図】有機TFTと液晶ディスプレイ駆動システム
  5-3.有機ELディスプレイ
  【図】ソニーの有機ELディスプレイの構造
  【図】伸縮性有機ELディスプレイシート(東大)
  6.今後の展望と応用市場
  【グラフ】有機TFT応用製品の市場規模推移予想

有機分子デバイスの技術動向
~シリコン半導体の限界が指摘本格的な実用化は2010年以降に~
  1.有機分子デバイスの概要
  1-1.有機分子デバイスとは
  【表】有機分子デバイスの応用事例
  1-2.有機トランジスタの性能向上のための有機分子デバイスの課題
  【図】有機分子デバイスの典型的な模式図
  2.有機分子デバイスの市場規模予測
  【表・グラフ】有機分子デバイスの国内市場規模推移と予測
  3.有機分子デバイスの主要取組企業および研究機関の動向
  3-1.奈良先端科学技術大学院大学
  3-2.広島大学
  3-3.北陸先端科学技術大学院大学
  3-4.九州大学
  3-5.理化学研究所
  3-6.東北大学電気通信研究所
  4.有機分子デバイスの将来見通し

《オプティクス特集》

光硬化材関連市場
~技術革新で新たな応用展開が進む「古くて新しいコア技術」~
  1.光硬化関連市場の概況
  1-1.光硬化樹脂の特徴
  (1)ラジカル重合反応
  (2)UV硬化樹脂の構成成分
  【表】UV硬化樹脂の構成成分
  (3)光硬化の応用
  1-2.光硬化材関連市場の動向
  (1)光硬化樹脂市場
  【表・グラフ】UV硬化樹脂の市場規模推移・予測:数量ベース
  【表・グラフ】UV硬化樹脂市場の内訳(2009年度見込:数量ベース)
  (2)応用製品市場
  ①利用分野別構成比
  【表・グラフ】光硬化応用製品の出荷量別構成比(2009年度見込:数量ベース)
  【表・グラフ】光硬化応用製品の出荷額別構成比(2009年度見込:金額ベース)
  ②光硬化型塗料・コーティング剤市場
  ③印刷用UVインキ市場
  ④フォトレジスト関連市場
  ⑤その他の応用製品
  【表】光硬化応用製品国内市場の概況(2009年度見込)
  【グラフ】塗料・コーティング剤市場内訳(2009年度見込)(数量ベース、右:金額ベース)
  【グラフ】印刷用UVインキ市場内訳(2009年度見込)(数量ベース、右:金額ベース)
  【グラフ】フォトレジスト関連市場内訳(2009年度見込)(数量ベース、右:金額ベース)
  【グラフ】その他の応用製品市場内訳(2009年度見込)(数量ベース、右:金額ベース)
  2.注目企業の動向
  (1)東亜合成
  (2)大成ファインケミカル
  (3)大日本印刷
  【表】光重合開始剤の特徴
  (4)幕張フォトケミクス
  (5)太陽インキ製造
  (6)十条ケミカル
  (7)コニカミノルタIJ
  (8)アーデル
  (9)東洋合成工業
  (10)大林道路
  【表・グラフ】管更生工法(非開削管路更生)の国内実績推移
  (11)ディーメック

メタフォトニクス市場
~MINO向けアンテナ素子は実用化高周波回路/高速デジタル回路への応用に期待~
  1.はじめに
  【図】負の屈折率
  【図】メタマテリアルの構造例
  【図】伝送線路モデル
  2.MIMO技術を適用した携帯型無線機器への応用
  【図】Rayspan社Rayspan Metarray.n™
  3.車載レーダへの応用
  【図】メタマテリアル設計のレーダアンテナ
  3.EGB構造技術
  3-1.EGB構造による無線回路ノイズ抑制技術
  3-2.EGB構造による薄型アンテナ
  【図】EGB構造のアンテナ
  4.透明マントに向けた開発
  【図】UC Berkeleyの発表したメタマテリアル
  【図】Purdue のメタマテリアル
  【図】LBNLが開発したメタマテリアル
  5.メタマテリアル設計支援ツール
  【図】くし型構造
  【図】くし型を連ねたアンテナ
  【図】電界強度の表示
  【図】放射利得
  6.3次元メタマテリアル加工技術
  【図】3次元立体加工
  【図】3次元ナノスケール金属構造
  7.市場動向
  【表】端末アンテナにおけるメタマテリアル需要予測
  【グラフ】端末アンテナにおけるメタマテリアル需要予測(台数)
  【グラフ】端末アンテナにおけるメタマテリアル需要予測(金額)
  【表】高周波回路、高速デジタル回路でのメタマテリアルマーケット予測
  【グラフ】高周波回路、高速デジタル回路の売上げ
  【グラフ】メタマテリアルマーケットサイズ予測

電子デバイスシリーズ》

セラミックコンデンサ市場
~海外メーカ躍進で価格競争へ突入 生き残りをかけラインナップ拡充、低コスト化、ハイスペックの追求へ~
  1.セラミックコンデンサ市場動向
  【表】MLCC WW市場規模推移(金額/個数ベース:2006-2011年度予測)
  【グラフ】MLCC WW市場規模推移(金額ベース:2006年度-2011年度予測)
  2.セラミックコンデンサメーカ動向
  【表・グラフ】MLCC WW市場メーカシェア推移(金額ベース:2006年度-2009年度見込)】
  【グラフ】MLCC WW市場メーカシェア(金額ベース:2008年度)
  3.各メーカ動向
  3-1.村田製作所
  3-2.太陽誘電株式会社
  3-3.京セラ
  【図】従来製法と京セラ新製法の電極厚みの違い
  3-4.TDK株式会社
  【図】TDK-EPC概要
  【図】TDKのESR調節MLCCの構造
  3-5.サムスン電気株式会社(SEMCO)

プリント配線板市場 Vol.1
~2008年市場規模1兆1,918億円、対前年比86.4%2001年ITバブル以来のマイナス成長~
  1.市場規模推移
  【表】総プリント配線板の国内市場規模推移(生産額ベース)
  【グラフ】プリント配線板の国内市場規模推移(生産額ベース)
  2.配線板別市場動向
  【表・グラフ】リジッドプリント配線板の種類別国内市場規模推移(生産額ベース)】
  3.多層配線板/ビルドアップ配線板市場動向
  【表・グラフ】ビルドアップ配線板の種類別国内市場規模推移(生産額ベース)
  【グラフ】2008年ビルドアップ配線板の種類別国内市場規模推移(生産額ベース)
  4.海外生産動向
  【表】プリント配線板の国内海外生産額推移
  【表】プリント配線板の国内海外生産比率推移(金額ベース)
  【グラフ】プリント配線板の国内海外生産額比率推移
  【表・グラフ】日系メーカによるプリント配線板種類別海外生産額比率の推移
  【表・グラフ】2008年日系メーカによるプリント配線板種類別海外生産比率
  【表・グラフ】プリント配線板国内生産額対輸出額推移
  【表・グラフ】2008年プリント配線板輸出額における基板種類別構成比
  【表・グラフ】2008年プリント配線板輸出額における地域別構成比
  5.メーカ動向
  【表】主要14社におけるプリント配線板売上高推移
  【表】主要14社のプリント配線板売上高推移(順位)
  【表】主要14社のプリント配線板売上高対前年度比推移

HDD市場
~PC需要を中心に安定した市場を形成2009年後半より復調~
  1.概要
  【表・グラフ】HDDの市場規模推移(2007年~2009年見込)
  【グラフ】口径別の台数構成比(2007年~2009年見込)
  2.メーカ動向
  【表・グラフ】HDDの各メーカ出荷台数とメーカシェア(2008年~2009年見込、全タイプ)
  3.技術動向
  3-1.概要
  3-2.DTM
  3-3.BPM
  3-4.ナノインプリント
  3-5.今後の展望
  4.東芝の富士通HDD事業買収の影響

《注目するアジアのメーカ特集》

納智捷汽車(LUXGEN)
~台湾自動車最大手の裕隆グループの高級ブランドメーカEVのインフラ・政策状況次第で2011年には量産へ~
  1.概要
  【表】納智捷汽車(ブランド名:LUXGEN)概要
  2.EV概要
  【図】同社EV外観
  3.LIB概要:E-One MOLI Energy
  【表】E-Oneのセル
  4.今後の展望
 

関連マーケットレポート