定期刊行物

ヤノニュース

ヤノニュース

昭和33年の創刊以来、百貨店、ショッピングセンター、各種小売業の調査・分析や、アパレル、ファッション、ジュエリー・アクセサリー、スポーツなどを中心に注目企業、成長市場を網羅した月刊調査レポート。

発刊要領

  • 資料体裁:B5判版 約90~100ページ
  • 商品形態:PDFファイル
  • 発刊頻度:月1回発刊(年12回)
  • 販売価格:72,000円(税別)(1ヵ年)

※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

定期購読者(年間購読者)ヤノニュースPDF商品ダウンロード

定期刊行物『ヤノニュース』は、PDF商品です。
毎号パスワードをメールにてご連絡します。
メールアドレス、会社名、該当号のパスワードを入力し、PDF商品をダウンロードしてください。

ご購読者限定 メール配信サービスのご案内

『ヤノニュース』ご購読者限定のメール配信サービスです。
誌面だけでは伝わらないお役に立つ情報をご提供いたします。

メール配信サービス概要

  • ヤノニュースに掲載した企業様の取材後記
  • ヤノニュースに掲載したデータ提供
  • ヤノニュース及び調査関連業務に関する無料ご相談
  • 矢野経済研究所が発刊する資料のご案内・・・etc

最新号

ヤノニュース 2019年12月

 内容目次 

業界動向

●オーダースーツ市場の動向 (2~7ページ)

※弊社資料「ファッションアパレル業界における注目マーケット動向2019」より抜粋・編集
・オーダースーツ市場規模
・オーダースーツ市場の動向

図表.市場全体の規模
表.フルオーダー、イージーオーダー、パターンオーダーの違い
図.従来の業界構造(オーダースーツ)
図.新たなビジネスモデル

業界動向レポート

●ワーキング用品市場の動向 (8~16ページ)
~旺盛なインフラ整備需要で過熱するワーク業界~

ワーク業界のイメージを大きく変えたワークマン
ファッション性が向上するワーキングウエア アメカジスタイルも登場
3Kのイメージ払拭に寄与した作業服のカジュアル化
リニューアル需要が旺盛なワーキングユニフォーム市場
ワークシューズ市場はプロテクティブスニーカーがトレンドを形成
コンフォートタイプという新たなサブカテゴリーを創出し市場が拡大
2020年東京オリンピック後の需要減退は本当に不可避か?

図.建設投資の推移
図.建設業就業者数の推移
図.ワーキングユニフォームの市場規模推移
図.プロテクティブスニーカーの型式認定タグ出荷枚数
図.ワークシューズ国内出荷市場規模推移

●株式会社ファーストリテイリング (17~18ページ)
サプライチェーン改革実現に向け、戦略的パートナーシップを拡大、今後3~5年で倉庫の完全自動化を目指す

図.サプライチェーン改革全体像

業界レポート

①鞄・袋物産業年鑑2018~2019年版 (19~44ページ)
~鞄・袋物業界の概況~

鞄・袋物業界の動向
1.鞄・袋物業界の概況
(1)2017 年度の鞄・袋物市場の動向
(2)2018 年度の市場規模見込み、及び2019 年度の市場規模予測
(3)鞄・袋物業界の今後の対応
◇ライフスタイルとして広がるスポーツへの対応
◇アパレルや雑貨などファッション領域全体での提案が必須
◇リユース(中古)市場の形成・拡大
◇ビジネスシーンにおけるカジュアルと融合したアイテムの展開
◇高齢者への対応
◇旅行鞄、キャリーケースなどトラベル需要の獲得に注力
◇バッグの定額利用サービス(サブスクリプション)
(4)参入企業シェア
(5)流通チャネル別の状況
2.鞄・袋物業界の注目トピック
◇紳士服メーカーによるバッグ販売の拡充
◇女性向けの高価格帯ビジネスバッグが人気
◇インバウンド需要の獲得が本格化
◇新ブランドの日本上陸
◇大人向けランドセルで逆輸入
◇働き方改革などによる休暇取得の促進効果で旅行鞄の需要増に期待
◇全日空商事(ANA)は会員や利用者を中心にバッグ販売が好調で存在感
◇バッグレンタルサービス
◇百貨店の売り場が拡大
◇女性のビジネスアイテム市場が活況
◇異業種からの参入
◇ビジネスバッグに特化した修理サービス
◇海外展開に活路
◇ミレニアル世代の取り込み
◇アスレジャーの流行が勢いを増す
◇マルチブランドオペレーションによる顧客開拓
◇ビジネスのカジュアル化(オン・オフ兼用)
◇ビジネスリュック市場が活況
◇中古品(リユース)市場が形成
◇日本製中心の商品を集めた新業態ショップを展開
◇ライセンス苦戦のなかの躍進ブランド
◇直営店によるブランドの世界観を発信。訪日観光客の取り込みも狙う
◇若い世代が好むブランドの台頭
◇新素材を採用した国産スーツケースにより、海外ブランドに対抗

図.鞄・袋物市場 市場規模推移・対前年比推移(小売ベース)
図.鞄・袋物 小売市場規模推移(2005~2017年度、2018年度見込、2019年度予測)
表.鞄・袋物市場 商品別市場規模推移(小売ベース)
図表.鞄・袋物 有力企業6社のシェア(2017年度)
表.鞄・袋物市場 流通チャネル別割合
図.鞄・袋物市場 流通チャネル別割合1
図.鞄・袋物市場 流通チャネル別割合2

②ヘアケアマーケティング総鑑2019 年版 (45~63ページ)
~ヘアケア剤市場の動向分析~

1.市場概況
1)全体 2)地肌ケア 3)スカルプケア 4)モイスチャー
5)ダメージケア 6)フケ・カユミ防止 7)フレグランス
2.市場規模推移(2014~2018年度)
1)全体 2)訴求別 3)商品別
3.市場別成長率比較(2014~2018年度)
1)訴求別 2)商品別
4.市場構成比(2018年度)
1)訴求別 2)商品別

表.主要メーカーのブランド展開状況
表.地肌ケアを訴求する主なブランド
表.スカルプケアを訴求する企業の動向
表.モイスチャーを訴求する主なブランド
表.ダメージケアを訴求する主なブランド
表.フケ・カユミ防止を訴求する主なブランド
表.フレグランスを訴求する主なブランド
図表.全体の市場規模推移(2014~2018年度)~ブランドメーカー出荷金額ベース~
図表.訴求別の市場規模推移(2014~2018 年度)~ブランドメーカー出荷金額ベース~
図表.商品別の市場規模推移(2014~2018 年度)~ブランドメーカー出荷金額ベース~
図表.訴求別成長率比較(2014~2018 年度)~ブランドメーカー出荷金額ベース~
図表.商品別の成長率比較(2014~2018 年度)~ブランドメーカー出荷金額ベース~
図.訴求別の市場構成比(2018 年度)~ブランドメーカー出荷金額ベース~
図.商品別の市場構成比(2018 年度)~ブランドメーカー出荷金額ベース~

●スポーツビジネス分析
2019年9月期スポーツシューズブランドシェア動向 (64~70ページ)

1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/ブランド別動向/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル

●データファイル
月次データファイル (71~81ページ)

(1)家計消費支出の動き(令和元年10月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(令和元年10月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和元年10月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和元年10月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和元年9月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和元年10月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和元年9月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和元年10月分-日本SC協会

購読に関するご注意

  • ご購読は1年単位の年間購読となります。
  • 年間のご購読料は72,000円[税別]です。
  • 請求書はお申込み後に送付いたします。お支払いは、請求書に記載の銀行口座にお振込みください。
  • 途中解約による購読料の残金はご返金いたしませんので、予めご了承下さい。
  • 次回のご購読は自動継続となります。本購読期間が終了する前に、次回の年間購読に関するご案内・ご請求書を送付いたします。購読を継続しない場合は、その時点でご連絡ください。
  • ご送付先・ご請求先に変更が生じた場合は、『定期刊行物 送付先/請求先の変更』よりご連絡ください。
  • 本誌は、一般書店でのご購入はできません。