定期刊行物

ヤノニュース

ヤノニュース

昭和33年の創刊以来、百貨店、ショッピングセンター、各種小売業の調査・分析や、アパレル、ファッション、ジュエリー・アクセサリー、スポーツなどを中心に注目企業、成長市場を網羅した月刊調査レポート。

発刊要領

  • 資料体裁:B5判版 約90~100ページ
  • 商品形態:PDFファイル
  • 発刊頻度:月1回発刊(年12回)
  • 販売価格(1ヵ年):79,200円(税込) 本体価格 72,000円

※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

定期購読者(年間購読者)ヤノニュースPDF商品ダウンロード

定期刊行物『ヤノニュース』は、PDF商品です。
毎号パスワードをメールにてご連絡します。
メールアドレス、会社名、該当号のパスワードを入力し、PDF商品をダウンロードしてください。

2022年

ヤノニュース 2022年5月

業界動向
国内大手アパレルの2021年度決算 (2~6ページ)
増収営業黒字はTSIホールディングスのみ(実績)

決算ハイライトレポート
①株式会社オンワードホールディングス (7~9ページ)
②株式会社三陽商会 (10~11ページ)
③クロスプラス株式会社 (12~15ページ)
④タキヒヨー株式会社 (16~17ページ)
⑤株式会社TSIホールディングス (18~19ページ)

業界動向
20年度の卸売市場は前年比減少、各社苦戦が目立つ (20~32ページ)
~きもの全体市場の動向②~

発表会
AOKI「パジャマスーツ」を10倍に拡大、新定番として100万着を目指す (33~36ページ)
~AOKI 新戦略発表会開催~

新店舗
ワークマンが「ワークマン女子」を銀座にオープン
ユニクロとGUの間にある最高立地の旗艦店 (37~40ページ)

業界レポート
①21年度の市場規模は前年比106.4%の1,478億円、
ヘアケアカテゴリーは大きく伸長 (41~62ページ)
~「2022年版 理美容化粧品マーケティング総鑑」より~

②2021年の食品ギフト市場規模は前年比104.6%の
4兆1,300億円とプラスに転じる (63~69ページ)
~「2022 食品ギフト市場白書」より~

スポーツビジネス分析
2022年2月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (70~77ページ)

データファイル
月次データファイル (78~88ページ)

ヤノニュース 2022年4月

業界動向
2021年の呉服小売市場は前年比プラスに転じる (2~14ページ)
~きもの全体市場の動向~

新店舗
ワークマンが機能・低価格・デザインの三拍子そろった
オリジナルシューズを展開 (15~18ページ)
~靴の専門業態「ワークマンシューズ」誕生~

業界レポート
①コロナ禍でブラッシュアップされるライブコマース、今後も有力な手法になり得るか (19~46ページ)
~「流通小売市場白書2022」より~

②2020年度のスキンケア市場は前年比85%と厳しい状況 (47~60ページ)
~「2022年版ドクターズコスメマーケティング総鑑」より~

③消費税込みの総額表示が義務化
消耗戦が続くスポーツ用品小売市場 (61~69ページ)
~「2022年版スポーツ産業白書」より~

スポーツビジネス分析
2022年1月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (70~77ページ)

データファイル
月次データファイル (78~88ページ)

ヤノニュース 2022年3月

業界動向

ユニフォーム市場の最新動向 (2~13ページ)
~総市場はマイナス基調だが「スクール」のみプラスで推移~

発表会

「キャンプ初心者向けセット」を 1 万円以下で提案 (14~18ページ)
~ワークマンがキャンプ市場に本格参入~

“好みの多様化”に対応 ジェンダーレスのランドセル発売 (19~32ページ)
~土屋鞄製造所が23 年度入学向けランドセル発表会開催~

業界レポート

①20 年度の靴・履物小売総市場規模は前年比 2 割減と厳しい状況 (33~48ページ)
~「靴・履物産業年鑑2022 年版」より~

②2020 年のネット広告費は 2 兆 2,290 億円とマスコミ四媒体に匹敵 (49~70ページ)
~「サービス産業白書2022」より~

スポーツビジネス分析
2021 年 12 月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (71~77ページ)

データファイル
月次データファイル (78~84ページ)

ヤノニュース 2022年2月

業界動向
 
SC年間新規開業24で前年より16減、2021年SC開業動向 (2~10ページ)
2021年国内SC総数は3,182、前年より13SC減
 
特集
 
キャンドゥ、イオン傘下に (11~16ページ)
~店舗増加で100 円ショップの勢力図が変わるか~
 
業界レポート
 
①自然派・オーガニック化粧品マーケティング総鑑2021 (17~30ページ)
  ~自然派・オーガニック化粧品市場の動向分析~
 
②ギフト市場白書2021 (31~44ページ)
  ~市場全体動向~
 
③サービス産業白書2022 (45~67ページ)
  ~フィットネス・ボウリング場・ゴルフ場動向~
 
スポーツビジネス分析
2021年11月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (68~75ページ)
 
データファイル
月次データファイル (76~86ページ)

ヤノニュース 2022年1月

新春特集企画
 
<巻頭言>2022年、地方は自らの価値を再定義し、新たな資本形成を (3~4ページ)
株式会社矢野経済研究所 代表取締役社長 水越 孝
 
■年頭に寄せて ~所感と経営トップへのアンケートによる2022 年展望 (5~27ページ)
〔年頭所感〕
 日本ショッピングセンター協会 会長 清野 智 氏
 日本百貨店協会 会長 村田 善郎 氏
 日本チェーンストア協会 会長 小川 信行 氏
 
〔注目繊維・流通小売業トップの2022 年展望〕
  株式会社FABRIC TOKYO 三嶋 取締役 経営・財務戦略担当
  アラマークユニフォームサービスジャパン株式会社 西村 社長
  イオンモール株式会社 岩村 社長
  株式会社オンワードホールディングス 保元 社長
  クロスプラス株式会社 山本 社長
  株式会社三陽商会 大江 社長
  タビオ株式会社 越智 社長
  株式会社ボンマックス 外川 社長
  株式会社ワークマン 小濱 社長
 
◇弊社研究員による2022 年の20 業界予測 (28~40ページ)
 
2022年に拡大が見込まれるのは「インナーウェア業界」「ユニフォーム業界」「ギフト業界」「ブライダル業界」「化粧品業界」「玩具業界」「時計業界」「通信販売業界」「宝飾・アクセサリー業界」「サブスクリプション業界」「アウトドア業界」「アウトレットモール業界」「外食業界」の13業界
 
特集
業界関係者による2022年流通業界予測と成長ファッションショップの評価調査 (41~70ページ)
 
業界レポート
スポーツアパレル市場動向調査2022 (71~77ページ)
~スポーツアパレル小売市場の動向~
 
スポーツビジネス分析
2021年10月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (78~85ページ)
 
データファイル
月次データファイル (86~96ページ)