定期刊行物

ヤノニュース

ヤノニュース

昭和33年の創刊以来、百貨店、ショッピングセンター、各種小売業の調査・分析や、アパレル、ファッション、ジュエリー・アクセサリー、スポーツなどを中心に注目企業、成長市場を網羅した月刊調査レポート。

発刊要領

  • 資料体裁:B5判版 約90~100ページ
  • 商品形態:PDFファイル
  • 発刊頻度:月1回発刊(年12回)
  • 販売価格:72,000円(税別)(1ヵ年)

※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

定期購読者(年間購読者)ヤノニュースPDF商品ダウンロード

定期刊行物『ヤノニュース』は、PDF商品です。
毎号パスワードをメールにてご連絡します。
メールアドレス、会社名、該当号のパスワードを入力し、PDF商品をダウンロードしてください。

ご購読者限定 メール配信サービスのご案内

『ヤノニュース』ご購読者限定のメール配信サービスです。
誌面だけでは伝わらないお役に立つ情報をご提供いたします。

メール配信サービス概要

  • ヤノニュースに掲載した企業様の取材後記
  • ヤノニュースに掲載したデータ提供
  • ヤノニュース及び調査関連業務に関する無料ご相談
  • 矢野経済研究所が発刊する資料のご案内・・・etc

2020年

ヤノニュース 2020年8月

 内容目次 

業界動向

ファッション産業のデジタルテクノロジー戦略 (2~5ページ)

・市場動向
(1)国内アパレル小売業の縮小と変化
(2)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の衝撃
(3)国内繊維産業の衰退
(4)流通・小売のデジタルトランスフォーメーション
(5)ファッション産業のデジタルトランスフォーメーション
・課題と展望
・アンケート調査

図表.主な情報通信機器の保有状況推移
図.国内繊維工業の衰退
図.コロナ禍でデジタルテクノロジー導入が加速する業務プロセス(全体) (n=40)

商業施設レポート

「グランスタ東京」が開業 (6~10ページ)
JR 東日本最大規模のエキナカ商業施設が誕生

・株式会社鉄道会社 概要
・グランスタ東京 概要
・スマートフォンアプリ「東京ステーションナビ」の本格運用開始

業界レポート

①化粧品受託製造・容器・原料市場の展望と戦略2020 年版 (11~48ページ)
~化粧品原料市場の動向分析~

・注目素材の動向分析
1)アンチエイジング原料分析
(1)アンチエイジング原料の概要
(2)アンチエイング原料の市場年表
(3)アンチエイング成分分析
2)美白原料分析
(1)美白原料の概要
(2)美白原料の市場年表
(3)美白有効成分分析
5.化粧品原料メーカー・商社の戦略分析
1)主要取扱い原料とその概況
2)品質管理・研究開発の動向
3)営業体制、営業動向・マーケティング戦略
4)市場の現状評価・課題と対策

表.アンチエイジング原料の市場年表
表.アンチエイジング成分分析
表.メラニン生成段階と美白素材開発アプローチ
表.美白原料の市場年表
表.美白有効成分分析
表.有力企業の動向の一覧(企業名+主要取扱い原料とその概況)
表.企業名+品質管理・研究開発の動向
表.企業名+営業体制、営業動向・マーケティング戦略
表.企業名+市場の現状評価・課題と対策

②ネット通販市場白書2020 (49~57ページ)
~E コマース市場の現状~

・Eコマース市場の現状
1.Eコマース総市場規模と動向
(1)E コマース市場規模(BtoC)とセグメント別のBtoC EC 市場規模
(2)日本通信販売協会データによる通信販売市場

図表.日本におけるBtoC ECのEC市場規模推移
図.BtoC-EC市場規模の分野別シェア推移(2017年→2018年)
図.EC3分野の伸長率推移(2013~2018年)
表.物販系分野のBtoC-EC 市場規模
表.サービス分野のBtoC-EC 市場規模
表.デジタル分野のBtoC-EC 市場規模
図.物販系分野のBtoC-EC 市場規模
図.サービス分野のBtoC-EC 市場規模
図.デジタル分野のBtoC-EC 市場規模
表.物販系分野のBtoC-EC 市場規模5年推移
図.小売市場主要業態とネット通販【物販系分野】市場規模の推移
図表.2008-2018年の市場成長率推移(前年伸び率)
図表.通信販売市場規模の推移
図.通信販売の申込み手段

業界動向

コインランドリー市場動向 (58~65ページ)
コロナ禍でも利用は安定

・コインランドリー施設数推移と市場規模予測
・近年のコインランドリー業界動向
・アクアがコインランドリー洗濯機器の羽毛ふとん専用コースを展開
・コインランドリー業界における新型コロナウイルスの影響

図表.コインオペレーションクリーニング営業施設数の推移
図.コインランドリー総市場規模予測
図.店舗構成イメージ(2020年)※21,000店を100とした場合
図.店舗構成イメージ(2022年)

スポーツビジネス分析

2020 年5 月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (66~72ページ)

1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/チャネル別前年同月比/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル

データファイル

月次データファイル (73~80ページ)

(1)家計消費支出の動き(令和2年6月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(令和2年6月分)-経済産業省・商業販売統計速報
※(1)及び(2)は2020年8月7日公表のため、掲載していません。
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和2年6月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和2年6月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和2年5月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和2年6月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和2年5月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和2年6月分-日本SC協会

ヤノニュース 2020年7月

 内容目次 

コロナ禍の成長企業

①株式会社ワークマン (2~10ページ)
コロナ禍のなかでも9 期連続の最高益を更新

(1)企業概要・企業沿革
 会社概要/業績推移/沿革(略歴)
(2)事業戦略の特徴
 ①商品戦略②顧客層・商品の特徴
(3)店舗戦略について
 ①店舗数推移・出店実績②広告宣伝・売場戦略
(4)課題・今後の展望
 ①出店②開発・生産③物流④加盟店への支援
 ・新型コロナウイルス感染症による影響

表.商品別売上要因
表.商品別売上高
表.商品別売上高構成比
図.2020年3月期商品別売上高構成比(チェーン全店)
図.PB商品販売状況推移
表.販売状況/2020 年3 月期 チェーン全店売上高 1,220 億円

②株式会社ニトリホールディングス (11~17ページ)
テレワークの普及でオフィス用品が好調

(1)企業概要・企業沿革
 ・会社概要/業績
(2)事業戦略の特徴
(3)課題・今後の展望

表.総売上高・店舗数推移
表.沿革(略歴)
表.セグメント別販売実績
図.2020年2月期セグメント別売上高構成比(%)

③株式会社西松屋チェーン (18~24ページ)
粉ミルクや紙おむつのまとめ買いが売り上げ増に牽引

(1)企業概要・企業沿革
 会社概要/業績/沿革(略歴)
(2)事業戦略の特徴
 ①商品戦略②販売チャネル戦略
(3)海外展開について
(4)課題・今後の展望

表.売上高・対前年比推移(単体)
図.2020年2月期商品別売上高構成比
表.商品別売上高
表.商品別品目

業界レポート

①キャラクタービジネス年鑑2020年版 (25~42ページ)
~キャラクターを活用した取り組み~

1.キャラクタービジネスの現状と今後の展望
(1)キャラクタービジネスの市場規模推移
(2)キャラクタービジネス市場用途別規模推移
(3)キャラクター商品化権市場規模
(4)商品分野別市場規模推移
(5)キャラクター版権市場規模
2.キャラクタービジネスの現状
(1)キャラクタービジネスの概況
(2)キャラクターのタイプ・派生分野
(3)キャラクター商品の特徴と活用内容

図.キャラクタービジネス市場規模推移
表.2019年度キャラクタービジネス市場規模
図.キャラクタービジネス市場/商品化権市場、版権市場推移
表.キャラクタービジネス市場規模推移
表.キャラクターマーケット分野別シェア推移
表.キャラクタービジネス分野別伸長率(2009年=100)
図.キャラクター商品化権市場規模/前年度比
表.キャラクター商品化権市場 市場規模推移
表.キャラクター商品分野別市場規模推移
図.キャラクター商品分野別シェア(2018年度)
図.キャラクター商品分野別シェア(2019年度)
図.キャラクター版権市場規模/前年度比
図.キャラクター版権市場 市場規模推
図.製作委員会方式でのアニメ製作スキーム
図.事例:原作から製作委員会組成、ビジネス展開までをグループで行う垂直統合モデル表.キャラクターのタイプ(1)
表.キャラクターのタイプ(2)
表.キャラクターの派生分類
表.キャラクター商品分野別の特徴

②ユニフォーム市場年鑑2020 (43~60ページ)
~ユニフォーム市場の概要~

1.ユニフォーム市場の概要
2.ユニフォームの市場規模推移
(1)ユニフォーム総市場
(2)ワーキング・オフィス・サービスユニフォームの合計市場規模
(3)ユニフォーム総市場におけるカテゴリ別構成比推移
(4)カテゴリ別市場
①ワーキングユニフォーム
②サービスユニフォーム
③オフィスユニフォーム
④スクールユニフォーム
3.ユニフォーム市場でのメーカーシェア
(1)ユニフォームメーカーの売上高ランキング
(2)ユニフォーム市場でのメーカーシェア
ユニフォーム業界の注目トピックス
・水道工事会社がワークウェアスーツで市場参入
・コロナ禍で訪日外客数激減、インバウンド効果に期待薄
・世界の航空会社、経営破綻相次ぐ
・(株)ユニコがJAL の新制服を受注
・日鉄物産、デサントが共同でJAL 整備士の新ユニフォームを製作
・食品工場向け電動ファン付き白衣開発
・アパレルメーカーら、医療用防護服、医療用ガウンを生産
・リモート縫製によって医療用ガウンを国内生産
・ボンマックスがコロナ対策本部設立
・高校制服でカルテル、大丸松坂屋百貨店など数社に立ち入り検査

図表.ユニフォーム総市場規模の推移
図.ユニフォーム総市場規模の推移
図表.ワーキング・オフィス・サービスユニフォーム総市場規模の推移
図.ユニフォーム総市場におけるカテゴリ別構成比推移
図.ワーキング、オフィス、サービスユニフォームの3カテゴリの合計に占める構成比推移
図表.ワーキングユニフォームの市場規模推移
図表.サービスユニフォームの市場規模推移
図表.オフィスユニフォームの市場規模推移
図表.スクールユニフォームの市場規模推移
表.<有力ユニフォームメーカーのカテゴリ別ユニフォーム売上高構成(2019年度)>判明分のみ
表.<有力ユニフォームメーカーのユニフォーム総売上高推移>判明分のみ
図.ユニフォーム市場のメーカーシェア(2019年度)
表.ユニフォーム市場のメーカーシェア(2019年度)
表.訪日外客数
図.年別訪日外客数の推移

スポーツビジネス分析

2020年4月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (61~67ページ)

1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/チャネル別前年同月比/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル

データファイル

月次データファイル (68~78ページ)

(1)家計消費支出の動き(令和2年5月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(令和2年5月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和2年5月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和2年5月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和2年4月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和2年5月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和2年4月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和2年5月分-日本SC協会

ヤノニュース 2020年6月

 内容目次 

業界動向

国内主力アパレル専門店の2019年度決算 (2~4ページ)

Eコマースのさらなる拡大、中国売り上げの最大化を目指す
・主力専門店の既存店売上高の状況
・主要アパレル専門店の決算状況
図.主力専門店の既存店売上高推移
表.主要アパレル専門店の売上高推移
図.主要ファッション小売業3社の営業利益率推移

決算ハイライトレポート (5~11ページ)

①株式会社TOKYO BASE
②株式会社バロックジャパンリミテッド
③株式会社ユナイテッドアローズ
掲載内容
企業概要
(1)業績概要
(2)前期決算の概要
(3)今年度の方針、予定
図表.業績推移(連結業績)

国内主力紳士服専門店の2019年度決算 (12~13ページ)

ECとリアル店舗の連動を試みる方向性、紳士服業界の試練がはじまる
主要紳士服専門店の売上高の状況
表.主要紳士服専門店の売上高推移
図.主要紳士服専門店3社の営業利益率推移

決算ハイライトレポート (14~19ページ)

①株式会社AOKI ホールディングス
②青山商事株式会社
③株式会社はるやまホールディングス
企業概要
(1)業績概要
(2)前期決算の概要
(3)今年度の方針、予定
図表.業績推移(連結業績)

専門店チェーン動向

「100 円均一ショップ」の動向 (20~28ページ)

1.業績推移
2.均一価格ショップ市場の動向
3.企業動向
(1)大創産業(ダイソー)(2)セリア(3)キャンドゥ(4)ワッツ
4.まとめ
新型コロナウイルスによる影響
図表.主要4社の売上高推移
図.大創産業業績推移
図.セリア業績推移
図.キャンドゥ業績推移
図.ワッツ業績推移

業界レポート

①時計市場&ブランド年鑑2020 (29~48ページ)

~国内ウオッチ卸・メーカー企業の動向~
・国内ウオッチ卸・メーカー市場の動向
[国内メーカーの取り組み]
 国内ウオッチメーカー各社の取り組み
・国内時計市場における有力ウォッチ卸・メーカーの動向
 参入企業各社の戦略
(1)商品戦略(2)流通戦略
(3)プロモーション戦略(4)今後の事業戦略
・国内ウオッチ卸・メーカー市場の今後の展望
図.ウォッチの総小売市場規模推移・対前年比成長率推移
図.国産ウォッチの総小売市場規模推移・対前年比成長率推移
表.ウォッチ総市場小売市場規模推移及び国産ウォッチ総小売市場規模推移比較
図.ウォッチ総市場小売市場規模と国産ウォッチ総小売市場規模の推移
図.ウォッチ総市場小売市場規模と国産ウォッチ総小売市場規模(シェア)の推移
図.2018年→2023年ウォッチの総小売市場規模と国産ウォッチの総小売市場規模予測

②デジタルコンテンツ市場動向調査2020年版 (49~61ページ)

~デジタルコンテンツ市場動向概観~
・デジタルコンテンツ市場動向概観
電子書籍、動画配信、音楽配信、EC、ネット広告、ゲーム配信
・トレンド・市場展望
QR決済のシェア争い、LINE とヤフーの統合、
サブスクリプションサービスの現況、インフルエンサーの成立
図.電子書籍市場規模の推移
図.動画配信市場規模
図.有料音楽配信市場規模(レーベル収入ベース)
図.音楽配信市場の内訳(2018年)
図.音楽配信市場の内訳(2019年)
図.国内EC市場規模
図.インターネット広告市場規模
図.国内ゲーム市場規模(ネイティブアプリゲーム+家庭用ゲーム機)

スポーツビジネス分析

2020年3月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (62~68ページ)

1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/チャネル別前年同月比/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル

データファイル

月次データファイル (69~79ページ)

(1)家計消費支出の動き(令和2年4月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(令和2年4月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和2年4月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和2年4月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和2年3月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和2年4月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和2年3月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和2年4月分-日本SC協会

ヤノニュース 2020年5月

 内容目次 

業界動向
サブスクリプションサービス市場の動向 (2~10ページ)

市場の概況
市場動向
将来展望
市場の概況
市場動向
将来展望

図.インターネット検索からみるサブスクリプションサービス認知度の変遷
図表.サブスクリプションサービス(外食サービス)の市場規模推移予測(2019~2024 年度)
表.飲食分野のおもな定額サービス分類
図表.サブスクリプションサービス(生活関連)の市場規模推移予測(2019~2024 年度)

業界動向
国内大手アパレルの2019 年度決算 (11~14ページ)
先行き不透明なコロナ禍の影響、営業黒字は2 社のみで低水準

・足元3 月の大手アパレルの売り上げ状況
・国内大手アパレルの2019 年度決算
・オンワードHD に見る百貨店アパレルの生き残り戦略
・アフターコロナに予見されるトレンド

表.主要アパレルの売上高推移
図.主要アパレル6社の営業利益率推移

決算ハイライトレポート (15~26ページ)

①株式会社オンワードホールディングス
②クロスプラス株式会社
③株式会社三陽商会
④タキヒヨー株式会社
⑤株式会社TSI ホールディングス
⑥株式会社レナウン


掲載内容
企業概要
(1)業績概要
(2)前期決算の概要
(3)今年度の方針、予定
図表.業績推移(連結業績)

業界レポート
①2020 年版 スポーツ産業白書 (27~40ページ)
~スポーツ用品小売市場の現状と今後~

スポーツ用品小売市場の現状
業態別のスポーツ用品小売市場動向
①スポーツ量販店
②スポーツ専門店
③百貨店
スポーツ用品小売市場の今後

表.スポーツ用品国内小売市場規模推移
図.スポーツ用品国内小売市場規模カテゴリー別推移
図.スポーツ用品国内小売市場規模カテゴリー別構成

②理美容マーケティング総鑑2020 版 (41~57ページ)
~理美容化粧品市場の動向~

理美容化粧品市場の今後の方向性と見通し
理美容化粧品の市場規模予測(2020~2024 年度)
1)理美容化粧品全体の市場規模予測
2)理美容化粧品の品目別市場規模予測
(1)ヘアカラー剤の市場規模予測
(2)パーマネントウェーブ剤の市場規模予測
(3)ヘアケア剤の市場規模予測
(4)スタイリング剤の市場規模予測
・理美容化粧品の市場規模推移一覧(2015~2024 年度予測)

図表.<理美容化粧品の総市場規模予測(2019~2024年度)>(メーカー出荷金額ベース)
図.<理美容化粧品の総市場規模伸張率予測(2019~2024年度)>(2019年度を100とした時の指数)
図表.<ヘアカラー剤の総市場規模予測(2019~2024年度)>(メーカー出荷金額ベース)
図.<ヘアカラー剤の市場規模伸張率予測(2019~2024年度)>(2019年度を100とした時の指数)
図表.<パーマネントウェーブ剤の総市場規模予測(2019~2024年度)>(メーカー出荷金額ベース)
図.<パーマネントウェーブ剤の市場規模伸張率予測(2019~2024年度)>(2019年度を100とした時の指数)
図表.<ヘアケア剤の総市場規模予測(2019~2024年度)>(メーカー出荷金額ベース)
図.<ヘアケア剤の市場規模伸張率予測(2019~2024年度)>(2019年度を100とした時の指数)
図表.<スタイリング剤の総市場規模予測(2019~2024年度)>(メーカー出荷金額ベース)
図.<スタイリング剤の市場規模伸張率予測(2019~2024年度)>(2019年度を100とした時の指数)

スポーツビジネス分析
2020年2月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (58~64ページ)

1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/チャネル別前年同月比/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル

データファイル
月次データファイル (65~75ページ)


(1)家計消費支出の動き(令和2年3月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(令和2年3月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和2年3月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和2年3月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和2年2月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和2年3月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和2年2月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和2年3月分-日本SC協会

ヤノニュース 2020年4月

 内容目次 

業界動向
ファッション業界におけるリユース市場の動向 (2~22ページ)

・国内リユース市場全体の動き
・商品分野別CtoC 市場規模推移(2016 年~2019 年予測)
・リユース市場の生まれた背景
・ビジネスモデル概要
・CtoC モデルについて
・BtoC モデルについて
・ファッションリユース市場規模推移・予測
・リユース市場における各分野の動き
(1)アウトドア用品のリユース市場動向
 買取と購入の顧客層は異なる
 買取専門や無店舗販売など、拠点に縛られないビジネスの成長が見込まれる
(2)時計のリユース市場動向
 リユース商品のマーケットでの市民権の獲得
 新古品の展開
 粗利の高いビジネス展開
<リユースウォッチ市場における販路動向>
<リユースウォッチ市場の今後の展望>
(3)宝石・貴金属の買取・リサイクル動向
 ジュエリー・貴金属買取市場規模
<買取市場の中間集荷・最終処分業者の動向>
・ファッションリユース市場の今後の見通し
<課題と見通し><メルカリが新たな事業戦略を発表>
<消費増税の影響><2019 年以降のインバウンド需要>

図.C to C 個人が個人にモノを売る
図.C to C 個人が企業を介して個人にモノを売る
図.C to B to C 個人が企業を介して個人にモノを売る
表.CtoC サービスの特徴
図.B to C 企業が個人にモノを売る
図.B to B to C 企業が企業を介して個人にモノを売る
表.BtoC サービスの特徴
図表.ファッションリユース総市場規模推移
図.国内リユースウォッチ小売市場規模推移・対前年比推移
図表.ジュエリー買取市場規模の推移 CtoBベース
図.リサイクルビジネスの商品の流れ(ジュエリー、ブランド品など)
図.消費増税年及び直近の月別平均消費支出

注目企業分析
オープンから1 年、小売をサービス化した蔦屋家電+ (23~28ページ)
~(株)蔦屋家電エンタープライズが、創り手と顧客を結ぶ「場所」を提供~

(1)事業概要・規模
(2)蔦屋家電+(プラス)の特徴
 店舗概要 / ビジネスモデル / テクノロジーとプライバシー保護
(3)今後の展開

図.蔦屋家電+ が実現すること
図.蔦屋家電+ 区画 カメラ画像
図.蔦屋家電+ 区画 行動データ
図.マーケティングデータ

業界レポート
①フューネラルビジネスの実態と将来展望 (29~38ページ)
~葬祭ビジネス参入企業の環境~

(1)葬祭ビジネス市場の推定にあたって
①葬祭ビジネス市場の対象範囲
②対象商品群の概況
③葬儀単価の傾向
ア)日本消費者協会アンケートからの葬儀単価状況
イ)鎌倉新書による「お葬式に関する全国調査」からの葬儀単価状況
ウ)有力企業の葬儀式単価状況
(2)葬祭ビジネス市場の推定
<葬祭ビジネス参入企業の環境>
(1)参入企業の状況

表.葬祭ビジネス市場規模対象範囲
図表.葬祭ビジネスの市場規模推移
図表.団体加盟企業数推移
図表.冠婚葬祭業事業所数推移

②ブライダル産業年鑑2020年版 (39~48ページ)
~マッチングサービス動向~


マッチングサービス市場の全体動向
(1)市場概況と市場展望/市場規模推移(2014 年~2021 年予測)
(2)主要参入企業一覧と特徴
(3)主要参入企業のプロモーション方法
(4)主要参入企業の取組課題と市場課題

図表.オンラインマッチングサービス市場規模推移
表.主要参入企業一覧と特徴

③2020 流通小売市場白書 (49~57ページ)
~世界小売市場の動向~


1.小売企業のグローバル戦略 2018-2019 年の動向
2.海外小売市場と日本企業の世界での位置づけ
(1)世界経済の成長率と見通し
(2)世界の小売 上位企業動向

表.世界のGDP成長率と見通し 【IMFの世界経済見通し改訂版(2019年1月)より】
表.IMFによる名目GDP(2015-2019年推計) 2018年の上位20ヵ国
図.名目GDP推移(1984年-2024年)2018年の上位10カ国(2019年以降はIMFによる推定値、インドの2019年は実数値)
図表.米国小売売上高の推移(2016年1月~2019年12月)

商業施設レポート
「アトレ五反田1・2」が開業 (58~62ページ)
「アトレヴィ五反田」が「アトレ五反田1」に名称変更し、「アトレ五反田2」「アトレ五反田1」としてグランドオープン

・株式会社アトレの概要
・「アトレ五反田2」の施設概要
(参考)「アトレ五反田1」の施設概要
・特徴
<五反田駅の特徴>
<オープン後の状況と今後>

表.売上高(2018年度)
表.五反田駅の鉄道利用状況 JR(乗車人員)
表.五反田駅の鉄道利用状況 私鉄・地下鉄(乗降客数)

スポーツビジネス分析
2020 年1 月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (63~69ページ)

1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル

データファイル
月次データファイル (70~80ページ)

(1)家計消費支出の動き(令和2年2月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(令和2年2月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和2年2月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和2年2月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和2年1月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和2年2月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和2年1月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和2年2月分-日本SC協会

ヤノニュース 2020年3月

 内容目次 

業界動向

フレッシャーズ市場の動向 (2~6ページ)
・フレッシャーズ市場の現状
(1)市場全体の規模
(2)フレッシャーズ市場の動向
1)フレッシャーズ市場の今後の見通し(各社)
2)フレッシャーズ市場における各社の課題と展望
図表.文部科学省による大学進学者数の将来予測(2018 年3月報道発表)

業界レポート

①2020年版スポーツアパレル市場動向調査 (7~18ページ)
~スポーツアパレル国内出荷市場の動向~

・スポーツアパレル国内出荷市場の動向
・フォーエバー21が経営破綻 逆風が吹き荒れるアパレル業界
・“アマゾンエフェクト”によってアパレル業界は大量閉店時代に突入
・流通在庫過多の解消にめどがつかないトレーニングウエア市場
<カテゴリー別の概況>
【トレーニングウエア】【ライフスタイルウエア】【ゴルフウエア】【アウトドアウエア】【サッカー・フットサルウエア】【テニスウエア】【野球・ソフトボールウエア】【スイムウエア】【スキー・スノーボードウエア】【バスケットボールウエア】【陸上競技・ランニングウエア】
・スポーツアパレル国内出荷市場の今後
 広がるウエアのシェアビジネス ミレニアル世代の意識変化で注目が集まる
 多くのスポーツアパレル関連リテーラーがPBを再強化へ
 スポーツアパレル小売市場の現状と今後
表.スポーツアパレル業態別国内出荷金額推移
表.2019年カテゴリー内市場占有率

②2019おひとりさま市場総覧 (19~36ページ)
・おひとりさま市場の定義
・おひとりさま市場規模の推移
・分野別「おひとりさま率」
 おひとりさま率が最も高い市場は「中食市場」
 おひとりさまの伸長率が最も高い市場は「フットサル市場」
・「おひとりさま」に関する消費者調査との比較分析
 「遊園地・テーマパーク」「性欲処理」はおひとりさまのハードルが高い?!
・おひとりさま市場の今後の見通し
表.おひとりさま(お一人さま)市場
表.おひとりさま(お独りさま)市場
表.おひとりさま(セルフ分野)市場
表.おひとりさま(お一人さま)市場規模推移
表.おひとりさま(お独りさま)市場規模推移
表.おひとりさま(セルフ分野)市場規模推移
表.2017年(年度)のおひとりさま率と伸長率
表.おひとりさま率と「ひとり好き」な人の比率(消費者調査)の単純比較
表.おひとりさま市場の今後の見通し

~おひとりさま旅行市場~
・市場概況/市場定義/業界構造、市場の特徴
・旅行市場全体の動向
 旅行者数、消費額ともに増加傾向
・おひとりさま旅行市場規模
 国内のおひとりさま旅行市場規模は8,700 億円、おひとりさま率は17.4%
・業界トピックス
 「全員一人参加型」おひとりさま旅行の人気が拡大
・今後の展望
 SNS の進展や「おひとりさま旅行」の認知拡大で今後も市場は拡大傾向
表.主な旅行業
表.主なひとり旅行会社の比較
表.旅行市場の推移
図.日本人海外旅行者数の推移
図.おひとりさま旅行市場(国内)規模推移
図.おひとりさま旅行市場(海外)規模推移
図.旅行市場(国内)のおひとりさま率
図.旅行市場(海外)のおひとりさま率
表.主要事業者の動向

③2020 流通小売市場白書 (37~51ページ)
~書籍・文具専門店の動向~

1.書籍・文具専門店 最新動向
・大手専門店チェーンで経営統合や事業再建に踏み切る
・アマゾン・TSUTAYA などが、出版物の仕入で「買い切り方式」への転換を試みる
・電子出版物市場は二桁成長が続く、無料でコミックを読める広告収益型ビジネスも拡大2.書籍・文具専門店市場の概況
(1)書籍専門店(書店)販売規模推移
書店の販売規模は1 兆円前後まで縮小、出版物に変わる周辺商品・電子書籍の販売拡大
(2)文具専門店販売規模推移
2000 年~2018 年の間で、文具を主に扱う小売業者は販売額・店舗数ともに半減
3.有力書籍・文具専門店の動向
 出版物小売市場における書店のシェア
4.書籍・文具専門店の個別動向
(1)カルチュア・コンビニエンス・クラブ(TSUTAYA・蔦屋書店事業)
(2)紀伊國屋書店
5.有力新古書店の個別動向
・ブックオフホールディングス
6.出版物EC 販売規模と専門店の参入状況
7.電子書籍配信ビジネスの概況と、専門店の参入動向
8.書店市場における取次制度の変化
9.今後の展望・予測
図.書店(書籍・雑誌小売業)の販売規模 ※古本類を除く
図.日本における書店数の推移(各年5月1日時点)
図.文具専門店(※紙・文具小売店)の販売規模
表.主な書籍・文具専門店企業
表.新古書店
図.日本の出版物販売規模(※電子出版物を除く)
図.TSUTAYA 書籍・雑誌年間販売総額
図.紀伊國屋書店売上高推移
図.ブックオフホールディングスリユース事業連結業績推移
図.インターネット経由の出版物販売規模
表.主な出版物取り扱いECサイト
表.電子出版販売規模推移

④泥洗顔料市場の概況 (52~58ページ)
2018年度の市場は前年度比97.3%の6,080 百万円
健康コーポレーションの「どろあわわ」がトップシェア

1.市場概況
2.参入メーカーの製品戦略
3.市場規模推移(2014~2018 年度)
4.メーカーシェア(2018 年度)
5.今後の市場見通し
表.<泥洗顔料主要ブランドの市場年表>
表.<泥洗顔料主要19ブランドの製品戦略>
図表.<泥洗顔料の市場規模推移(2014~2018 年度)>
図表.<2018年度 泥洗顔料メーカーシェア> ~ブランドメーカー売上高ベース~
表.<泥洗顔料の市場展望>
表.<泥洗顔料の流通ルート別需要見通し>

スポーツビジネス分析

2019年12月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (59~65ページ)
1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル

データファイル

月次データファイル (66~76ページ)
(1)家計消費支出の動き(令和2年1月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(令和2年1月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和2年1月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和2年1月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和元年12月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和2年1月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和元年12月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和2年1月分-日本SC協会

ヤノニュース 2020年2月


 内容目次 

業界動向

●繊維素材の新潮流 (2~7ページ)

1.スマートテキスタイルの動向
(1)ストレッチャブルデバイス(スマートテキスタイル)市場規模と予測
(2)国内における事業・製品の動向
(3)国外における事業・製品の動向
2.人工タンパク質繊維の動向
(1)人工タンパク質繊維とは
(2)国内外における事業・製品の動向
(3)人工タンパク質繊維の今後のシナリオ

図.ストレッチャブルデバイス国内市場規模予測

●年間新規開業は46で前年より増加、2019 年SC開業動向 (8~14ページ)
~2019 年の開業数は46も閉鎖47で、国内総SC数は1SC減~

2019 年のSC オープン分析

図.年別・地域別オープン数推移図
表.2019年オープンSCの地域別構成比
図.地域別オープンSC数推移図
表.都道府県別オープン数ベスト5
表.SCの平均店舗面積と平均テナント数
図.1テナント当り平均面積の推移(㎡)
図.オープンSCの店舗面積別構成
図.オープンSCのテナント数業種構成比
図.SC総売上高と1SC当たりSC売上高推移
表.2019年 オープンSC一覧
表.2020年 オープン予定のSC等商業施設

業界レポート

①アパレル産業白書2019 (15~24ページ)
  ~アパレル産業の現状レポート~

◆2018 年のアパレル製品・洋品の総小売市場規模
(1)2018 年紳士服市場の動向
(2)2018 年婦人服市場の動向
(3)2018 年ベビー・子供服市場の動向
◆アパレル製品・洋品の総小売市場規模推移
アパレル産業の周辺動向
・ファッションレンタル市場の動向
・ファッションサービス市場の動向
・中古衣料(C to C)の動向

図.《アパレル製品・洋品のチャネル別小売市場規模推移》
図.物販分野 2018 年商品分野別CtoC マーケットサイズ(流通総額ベース、金額単位:億円)
図.ファッション商品CtoC マーケットサイズ(メンズ・レディス)※流通総額ベース

②シニア関連市場マーケティング2019 (25~38ページ)
  ~シニア関連マーケット動向~

・シニア関連マーケットの現状と新たな動き
・シニアの取り込み狙う業界動向と企業戦略

③ギフト市場白書2019 (39~54ページ)
  ~カタログギフト動向~

・カタログギフト動向
・第一の転機
・第二の転機
ⅰ)商品・価格の特徴
ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
ⅲ)今後の展望と課題など

表.アイテム別市場規模
図.〔カタログギフト市場規模推移〕
図表.引出物の内容(引出物を用意した人/複数回答)
図表.一人あたりのカタログ式ギフトの金額(引出物にカタログ式ギフトを贈った人のうち、金額回答者のみ/単一回答)
表.カタログギフトの基本形と派生系
表.主要各社の商品の特徴
図表.カタログ式ギフトの購入先(引出物にカタログ式ギフトを贈った人/単一回答)
表.主要各社の販売戦略・プロモーションの特徴
表.主要各社の今後の展望と課題

展示会

●ボンマックスがコーヒー豆のカスを原料とした素材を採用したユニフォームを発表 (55~57ページ)
SDGs推進に向けた取り組み強化

総合ユニフォームアパレルメーカーのボンマックスは、2020 年2 月7 日に東京品川にて展示会を開催。
今回のテーマは「繊(セン)セーション」と題し、「ユニフォーム(繊維製品)を通じ、ワーク&ライフスタイルに合わせたモノとコトを提案し、世界の企業と人々が幸せになれる風を起こしていく」としている。

スポーツビジネス分析

2019年11月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (58~64ページ)

1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/ブランド別動向/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル

データファイル

月次データファイル (65~75ページ)

(1)家計消費支出の動き(令和元年12月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(令和元年12月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和元年12月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和元年12月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和元年11月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和元年12月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和元年11月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和元年12月分-日本SC協会

ヤノニュース 2020年1月

 内容目次 

新春特集企画

●<巻頭言>2020年未来はここから始まる。今すぐ行動を! (3~4ページ)
株式会社 矢野経済研究所 代表取締役社長 水越 孝

■年頭に寄せて~所感と経営トップへのアンケートによる2020 年展望 (5~29ページ)
〔年頭所感〕

  日本ショッピングセンター協会 会長 清野 智 氏
  日本百貨店協会 会長 赤松 憲 氏
  日本チェーンストア協会 会長 小濱 裕正 氏

〔注目繊維・流通小売業トップの2020 年展望〕
  株式会社FABRIC TOKYO 森 代表
  アラマークユニフォームサービスジャパン株式会社西村 社長
  イオンモール株式会社吉田 社長
  株式会社オンワードホールディングス保元 社長
  クロスプラス株式会社山本 社長
  株式会社三陽商会中山 社長
  株式会社スクロール堀田 会長
  タビオ株式会社越智社長
  株式会社ユナイテッドアローズ竹田 代表取締役 社長執行役員
  株式会社レナウン神保 代表取締役社長執行役員
  株式会社ワークマン小濱 社長

●弊社研究員による2020 年の20 業界予測 (30~41ページ)

2020年の各業界(市場)が上向く(微増)のか、横ばいなのか、あるいは下降(下向き・微減)するのかで予測し、2020年の業界の見通しと注目される事柄についてまとめた。

2020年を予測した20の業界
①アパレル業界
②インナーウェア業界
③ユニフォーム業界
④きもの業界
⑤スポーツ用品業界
⑥ブライダル業界/挙式披露宴市場
⑦化粧品業界
⑧エステティックサロン業界
⑨玩具業界
⑩教育業界
⑪時計業界
⑫通信販売業界
⑬宝飾・アクセサリー業界
⑭健康食品業界
⑮サブスクリプション業界
⑯ショッピングセンター業界
⑰アウトレットモール業界
⑱ペット業界
⑲コインランドリー業界
⑳ラストワンマイル物流業界

●<特集>
業界関係者による2020 年流通業界予測と成長ファッションショップの評価調査 (42~72ページ)

当編集部では、毎年年末に翌年の流通小売業界を占うべく、業界関係者を対象にアンケート調査を行っている。今回は、流通小売市場における消費傾向、アパレル関連動向、注目トレンドについてなど、2020年も関係するであろう事象をテーマにアンケート調査を行った。

1.流通小売市場の動向について―アンケート調査のまとめ
  (1)2020 年の消費動向について
  (2)2020 年以降、ステークホルダーから企業の魅力として評価されるキーワードについて
  (3)低価格かつ機能性の高い市場トレンドの継続性について
  (4)百貨店アパレルが生き残るための施策について
  (5)2020 年以降、ファッションEC 市場をけん引していくと考えられる企業について
  (6)AI やIoT などソサイエティ5.0 が遅れていると見る業界はどこか
  (7)衣類のサブスクリプション市場の今後について
  (8)2020 年に注目しているターゲットゾーン(年齢層)について
  (9)2020 年小売業態別の売り上げ予測
2.ファッションショップ(テナント)評価のまとめ
  長期的に安定成長が見込めると評価されたショップランキング
  2020 年流通小売業界予測と成長ファッションショップに対する評価調査結果
  1.流通小売市場の動向について
  2.ファッションショップに関する評価について

図.回答者の業種別内訳
図.回答者の業種別件数
表.注目しているターゲットゾーン(年齢層)
図.前回調査(2019年好調な小売業と厳しい小売業)
図.今回調査(2020年好調な小売業と厳しい小売業)
表.評価対象とした26のショップ]
表.26ショップに対する10の評価項目
図.小売業評価のレーダーチャート
図.流通小売関連市場における2020年の消費動向について(SA)
図.流通小売関連市場における2020年の消費動向について<構成比>
図.企業の魅力として評価されるキーワードとして最もふさわしいもの(SA)
図.企業の魅力として評価されるキーワードとして最もふさわしいもの<構成比>
図.低価格でかつ機能性の高い市場トレンドはどのくらい継続するか?(SA)
図.低価格でかつ機能性の高い市場トレンドはどのくらい継続するか?<構成比>
図.百貨店アパレルが生き残るための施策は? (MA)
図.百貨店アパレルが生き残るための施策は?<構成比>
図.2020年以降、ファッションEC市場をけん引していく企業は? (SA)
図.2020年以降、ファッションEC市場をけん引していく企業は?<構成比>
図.AIやIoTなどの浸透が遅れている業界は? (MA)
図.AIやIoTなどの浸透が遅れている業界は?<構成比>
図.衣類のサブスクリプション市場(SA)
図.衣類のサブスクリプション市場<構成比>
図.2020年に注目しているターゲットゾーン(年齢層)について<構成比>
図.2020年小売業態別の売り上げ予測
図.注目しているショップ
図.コストパフォーマンスが高いと思うショップ
図.広告・宣伝戦略が優れていると思うショップ
図.店舗のディスプレイなどショップの見せ方で優れているショップ
図.チェーンオペレーションに優れると思うショップ
図.接客など顧客サービスに優れると思うショップ
図.今、デベロッパーからの出店要請が多いと思うショップ
図.売上のバラツキがなく安定していると思うショップ
図.成長力に陰りが出てきたと思うショップ
図.長期的に安定成長すると思うショップ

●業界レポート
①2019 年版 フィットネス施設市場の現状と展望 (73~90ページ)
 ~拡大する24 時間型フィットネス~

フィットネス施設の市場概要
フィットネスの施設数
ユーザー動向(参加人口・参加率・参加回数)
・分析の概要
・ユーザー動向のまとめ

図表.フィットネス施設の市場規模
表.フィットネス施設の売上高、会員数、事業所数、従業者数、指導員数
図表.フィットネスの既存施設数
図表.フィットネスの既存施設数 地方別
表.フィットネスの施設数 都道府県別
表.フィットネスの行動者数
表.フィットネスの行動者率
表.フィットネスの行動回数
図.フィットネスの行動者数 男女計
図.フィットネスの行動者数 男性
図.フィットネスの行動者数 女性
図.フィットネスの行動者率 男女計
図.フィットネスの行動者率 男性
図.フィットネスの行動者率 女性
図.フィットネスの行動回数 男女計
図.フィットネスの行動回数 男性
図.フィットネスの行動回数 女性
表.フィットネスの行動者数・行動率・行動回数 男女計
図.フィットネスの行動者数・行動者率 ライフスタイル別

②サービス産業白書2020 (91~106ページ)
 ~事業所向けサービスの動向~

注目市場:シェアオフィス・コワーキングスペース
<TOPIC>
1.2018 年の世界のコワーキングスペース数は前年比111.9%の29,095 ヶ所。国内も
拡大基調。
2.テレワークや裁量労働制などの働き方改革の一環で注目。デベロッパーが参入。
3.市場は米WeWork の参入で知名度増も、同社の評価額は10 月に急落。

・市場規模
・シェアオフィス市場の特性・傾向
・市場動向
・シェアオフィス市場における主要プレイヤー
・PICK UP WeWork
・顧客ニーズ
・今後の展望

表.レンタルオフィス・シェアオフィス・コワーキングスペースとは
表.レンタルオフィスとコワーキングスペースの違い
図.世界のコワーキングスペース数の推移と予測
図.世界のコワーキングスペース数の地域別構成比
図.国内の主要プレイヤーとポジショニング
表.シェアオフィス市場における主要プレイヤー
図.顧客属性別にみたシェアオフィスのKey Buying Factor

注目市場:倉庫業
<TOPIC>
1.2018 年は普通倉庫市場規模2 兆3,698 億円、成長指数(2010 年=100)で135.9
ポイント
2.「物流の拠点集約化と大型化=倉庫の大型化と多機能倉庫の拠点化」の進展
3.保冷倉庫の増加で需要開拓が活発化
4.保管中心の業務から脱却し、様々な分野で流通加工のサービスを付加

・市場規模
・業界動向
・企業ランキング
・PICK UP 三井倉庫HG(ホールディングス)、三菱倉庫、住友倉庫
・今後の展望

図.普通倉庫市場規模推移&成長指数
表.2018 年度倉庫企業売上高ランキング
表.三井倉庫HG 連結総売上高推移&成長指数推移
表.三菱倉庫 連結総売上高推移&成長指数推移
表.住友倉庫 連結総売上高推移&成長指数推移

●スポーツビジネス分析
2019年10月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (107~113ページ)

1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/ブランド別動向/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル

●データファイル
月次データファイル (114~121ページ)

(1)家計消費支出の動き(令和元年11月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(令和元年11月分)-経済産業省・商業販売統計速報
 ※(1)(2)2020 年1 月11 日公表のため、掲載していません。
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和元年11月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和元年11月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和元年10月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和元年11月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和元年10月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和元年11月分-日本SC協会