定期刊行物

ヤノニュース

ヤノニュース

昭和33年の創刊以来、百貨店、ショッピングセンター、各種小売業の調査・分析や、アパレル、ファッション、ジュエリー・アクセサリー、スポーツなどを中心に注目企業、成長市場を網羅した月刊調査レポート。

発刊要領

  • 資料体裁:B5判版 約90~100ページ
  • 商品形態:PDFファイル
  • 発刊頻度:月1回発刊(年12回)
  • 販売価格(1ヵ年):79,200円(税込) 本体価格 72,000円

※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

定期購読者(年間購読者)ヤノニュースPDF商品ダウンロード

定期刊行物『ヤノニュース』は、PDF商品です。
毎号パスワードをメールにてご連絡します。
メールアドレス、会社名、該当号のパスワードを入力し、PDF商品をダウンロードしてください。

2021年

ヤノニュース 2021年12月

 内容目次 
 
特集
 
食品小売業の動向
コロナ禍による業界の変化と今後の動き (2~19ページ)
 
(1)食品小売の市場規模推移と業態構成
(2)食品小売の今後について
(3)食品小売の業態別特徴と今後の予測
(4)食品売上高ランキング
(5)食品スーパー業界動向
<業界動向(全体)>
<近年のトピック>
・経営統合やM&A の動き
・食品ロス・フードバンクの取り組み、フードドライブの活動
・セルフ/セミセルフレジ導入、AI による需要予測システム導入加速
・シニアマーケットにおける、スーパーのトレンド
 
図.〔食品小売の業態別販売額推移(1985~2020年)〕
図.〔食品小売の業態別構成比〕
図.食品小売業販売額 業態別推移
表.〔食品小売業態別販売額推移〕
図表.<食品小売の方向性>
図.〔業態別販売額の月別前年同月比推移〕
表.〔食料品売上高ランキング〕
表.〔その他企業の食料品売上高〕
 
業界動向
 
①メルカリ初のファッション実店舗オープン (20~28ページ)
~ネット販売企業の実店舗が相次いでオープンする狙いとは~
 
・店舗概要
・「サステなストア」実施の背景
・「サステなストア」オープニングイベントを開催
・ネット販売企業の相次ぐ実店舗の狙いは?
~楽天、渋谷スクランブルスクエア内にて期間限定のショップオープン~
・店舗概要
~スニーカーフリマアプリ「スニーカーダンク」が初の直営店をオープン~
・店舗概要
・矢野経済研究所の視点
 
②ワークマンが新店舗「WORKMAN Pro」オープン (29~32ページ)
~プロ職人向けに特化し、「~プラス」との棲み分け明確に~
 
・会社概要
・新店舗オープンの背景
・店舗概要
・矢野経済研究所の視点
 
表.業績推移(非連結)
 
業界レポート
 
①アイウエアブランドマーケット2021 (33~55ページ)
~アイウエア小売市場の動向~
 
アイウエア小売市場の動向
・アイウエア小売企業の商品戦略
・アイウエア小売企業の販売チャネル戦略
・アイウエア小売企業のプロモーション戦略
・アイウエア小売企業の今後の方向性・将来予測
・大手チェーン店の企業動向
(1)市場概況
(2)上場専業4 社の業績推移
 
表.上場専業4社の決算推推移
表.上場4社の合計売上高・経常利益・店舗数の推移
図.上場4社の合計売上高・経常利益・店舗数の推移
 
②ジャパンブルー「エンゲージデニム」発売 (56~59ページ)
ブライダル業界向けデニムとして新たな市場投入
 
・企業概要
・開発の背景
・商品特徴
・記者発表会を開催
・矢野経済研究所の視点
 
図.婚姻件数と初婚年齢の推移
 
③「クリスマスおもちゃトレンド2021」発表 (60~68ページ)
人気2 大キャラ、ウィズコロナに最適な玩具、DIY、新感触玩具などが注目
 
開催概要
・展示コーナーの5つのテーマ
~2020年度の玩具市場規模は8,268 億円、7 年連続で8,000 億円超え~
~2021年のクリスマスプレゼントの平均予算は前年より713 円アップ~
<今年のトレンド>
~今年も「鬼滅の刃」と「すみっコぐらし」の2大キャラクターに人気が集中~
~コロナ禍において「おしゃれしておでかけ」「イエチカ・アウトドア・体力強化」のおもちゃが登場~
~新トレンドは「DIY」「インタラクティブペット」「新感触トイ」~
~定番ブランドの最新動向~
~みんなで楽しめるボードゲーム、カードゲームも人気~
・「おもちゃ屋が選んだクリスマスおもちゃ2021」各ジャンルTOP3
(幼児・知育玩具、教育玩具、キャラクター玩具(前回まで男の子向け玩具)、ドール・ままごと(前回まで女の子向け玩具)、アーツ&クラフト(前回は「女児ホビー(アーツ&クラフト)」という名称)、のりもの・どうぶつ玩具(前回は「のりもの玩具(クルマ&トレイン)」という名称)、ゲーム&パズル、バラエティ)
 
表.2020年度 日本国内の玩具市場規模調査
 
スポーツビジネス分析
 
2021年9月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (69~76ページ)
 
1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/チャネル別前年同月比/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
 
データファイル
 
月次データファイル (77~87ページ) (77~87ページ)
 
(1)家計消費支出の動き(令和3年10月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(令和3年10月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和3年10月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和3年10月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和3年9月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和3年10月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和3年9月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和3年10月分-日本SC協会

ヤノニュース 2021年11月

 内容目次 
 
業界動向
 
再編進む繊維商社の動向 (2~15ページ)
サステナビリティに向けた取り組みがコロナ禍を経て加速し各社訴求するポイントに
 
図表.繊維商社の繊維・アパレル関連売上高推移
表.繊維商社の2021年度1Q売上高
 
①日鉄物産株式会社
・企業概要
(1)事業・業績概要
・業績推移(連結業績)
・前期通期決算概要
・2022 年3 月期第一四半期の状況
(2)今年度の方針、予定
(3)繊維・アパレル事業における持続可能な取り組みの状況(サステナブル)
 
図.事業別売上高推移
図.事業別経常利益率推移
表.1Qの売上高推移
表.参考:三井物産アイ・ファッション業績推移
 
②蝶理株式会社
・企業概要
(1)事業・業績概要
・業績推移(連結業績)
・前期通期決算概要
・2022 年3 月期第一四半期の状況
(2)今年度の方針、予定
(3)繊維・アパレル事業における持続可能な取り組みの状況(サステナブル)
 
図.事業別売上高推移
図.事業別経常利益率推移
表.1Qの売上高推移
 
③株式会社ヤギ
・企業概要
(1)事業・業績概要
・業績推移(連結業績)
・前期通期決算概要
・2022 年3 月期第一四半期の状況
(2)今年度の方針、予定
(3)繊維・アパレル事業における持続可能な取り組みの状況(サステナブル)
 
表.セグメント別の売上高(億円)
 
業界動向
 
インナーウェア市場の動向 (16~26ページ)
20年は厳しいが、21 年は回復の兆し
 
レディスインナーウェア市場規模
レディスインナーウェアの2020 年の特徴と今後の展望
メンズインナーウェア市場規模
メンズインナーウェアの2020 年の特徴と今後の展望
・テレワーク需要に応えた商品提案、履き心地のさらなる追求
 
図表.レディスインナー類の小売市場規模
表.レディスインナーのチャネル別小売市場
表.レディスインナーウェアの市場規模推移
表.近年の特徴
表.今後の展望
図表.メンズインナー類の小売市場規模
表.メンズインナーウェアのチャネル別小売市場
表.メンズインナーウェアの市場規模推移
表.今後の展望
 
業界レポート
 
①クールジャパンマーケット/オタク市場の徹底研究2021 (27~40ページ)
  ~オタク市場の最新動向~
 
1.分野別市場規模の推移
2.分野別動向要約
3.日本国内における「オタク」の数
4.「オタク」の分野別推定人数と1人当たり平均年間消費金額の推計
 
表.オタク:分野別市場規模推移
図.自分を「オタク」と思うか、または人から「オタク」と言われたことはあるか
図.「オタク」と「非オタク」の性別
図.「オタク」の年齢
図.「オタク」と「非オタク」の婚姻状況
図.「オタク」の婚姻状況
図.「オタク」と「非オタク」の世帯年収
図.「オタク」の世帯年収
図.「オタク」歴
図.「オタク」の年間消費金額
図.「オタク」と「非オタク」の1日のネット利用時間
図.「オタク」の1日のネット利用時間
図.「オタク」と「非オタク」のよく観る動画サイト
図.「オタク」と「非オタク」の最も長時間観る動画サイト
図.「オタク」と「非オタク」のよく利用するSNS
図.「オタク」と「非オタク」の最も利用するSNS
図.「オタク」の1週間のオタ活時間
図.「オタク」の情報源
図.「オタク」と「非オタク」の自身に当てはまること
 
②フューネラルビジネスの実態と将来展望2021 (41~58ページ)
  ~葬祭ビジネスの分類別動向と関連業界市場動向~
 
葬祭ビジネス参入企業の環境
(1)葬祭ビジネス市場の推定にあたって
①葬祭ビジネス市場の対象範囲
②対象商品群の概況
③葬儀単価の傾向
ア)日本消費者協会アンケートからの葬儀単価状況
イ)鎌倉新書による「お葬式に関する全国調査」からの葬儀単価状況
ウ)有力企業の葬儀式単価状況
(2)葬祭ビジネス市場の推定
葬祭ビジネス参入企業の環境
(1)参入企業の状況
①全体概況
・生花
・遺体安置・保管
 
表.葬祭ビジネス市場規模対象範囲
表.葬祭ビジネスの市場規模
図.葬祭ビジネス市場規模推移
表.団体加盟企業数推移
図.団体加盟企業数推移
表.冠婚葬祭業事業所数推移
図.冠婚葬祭事業所数
図.葬儀業務における生花業務売上の推移(事業従事者5人以上)
図.葬儀業務における売上構成比(事業従事者5人以上)
図.ビューティ花壇生花祭壇事業の売上・営業利益
図.ビューティ花壇「どこでも参列サービス」
表.葬祭生花を手掛ける企業事例
表.遺体安置事業の事例
 
③「土屋鞄」革製品のリユース事業に初参入 (59~70ページ)
  使用済み自社バッグを無料で引き取り職人が修理し、
  定価の6 割程度に抑えて再販売するリユース事業をスタート
 
・リユース事業について
・今後について
・鞄専門店の状況
【エル】【カンガルー堂】【協和バッグ】【コード(マンハッタン ポーテージ)】
【サックスバーホールディングス】【サマンサタバサ】
【ジーンズメイト/アウトドアプロダクツ】
【ユニオンゲートグループ(ブリーフィング/ファーロ)】
 
表.リユース事業の概要
 
スポーツビジネス分析
 
2021 年8 月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (71~77ページ)
 
1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/チャネル別前年同月比/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
 
データファイル
 
月次データファイル (78~88ページ)
 
(1)家計消費支出の動き(令和3年9月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(令和3年9月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和3年9月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和3年9月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和3年8月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和3年9月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和3年8月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和3年9月分-日本SC協会

ヤノニュース 2021年10月

 内容目次 
 
特集
 
アパレル業界におけるサステナビリティの現状と課題(下) (2~9ページ)
国内主要アパレルメーカー、小売業、商社・卸に対するアンケート調査結果
 
当社は2021年7月に新刊調査レポート 「世界のファッション産業におけるサステナビリティのトレンドと国内企業の生き残り戦略」を発刊した。前号に続き、今号ではアンケート調査のまとめ、考察を掲載する。
 
・サステナブルな取り組みの現状と課題、展望
◇アンケート結果分析と考察(サマリー)
<設問>
1.ウィズコロナの今、国内の業界で高まっている意識
2.ファッション企業が将来に向けて行うべき社会貢献
3.廃棄量増大の要因と考えられるサプライチェーンの段階
4.現在のサプライチェーンにおいて環境負荷が特に問題な点
5.日本で欧米ほど環境意識やサーキュラー・エコノミーが広がらない理由
6.2020 年度の年間商品調達量(2019 年度対比)
7.2021 年度の年間商品調達量(2020 年度対比)
8.前期2020 年度の期中の消化率(数量ベース)
9.最終在庫の最終処分の方法
10.現在取り組んでいるサステナビリティ
11.サステナブルな取り組みを求めるステークホルダー
12.サステナビリティに関する定量指標の設定有無
13.これからの消費者が求める衣服
 
図.サステナブル素材の商品が量産されない悪循環(現状)
 
業界動向
 
ドラッグストア業界動向 (10~18ページ)
 
1.業績推移
2.ドラッグストア市場の動向
3.企業動向
(1)ウエルシアホールディングス
(2)ツルハホールディングス
(3)サンドラッグ
(4)コスモス薬品
(5)マツモトキヨシホールディングス
(6)クスリのアオキ
4.まとめ
 
図表.主要6 社の売上高推移
図.ウエルシアHD 業績推移
図.ツルハHD 業績推移
図.サンドラック 業績推移
図.コスモス薬品 業績推移
図.マツモトキヨシHD 業績推移
図.クスリのアオキHD 業績推移 (店
 
業界レポート
 
①アパレル産業白書2021 (19~38ページ)
~アパレル産業の市場動向~
 
◆2020 年のアパレル製品・洋品の総小売市場規模◆
(1)2020 年紳士服市場の動向
(2)2020 年婦人服市場の動向
(3)2020 年ベビー・子供服市場の動向
◆アパレル製品・洋品の総小売市場規模推移◆
◆アパレル製品・洋品の総小売市場規模予測◆
・「アパレル産業の動向について」アンケート結果
Q1.アパレル産業にとってプラス、マイナスに影響を与えそうもの(複数回答)
Q2.経営戦略(経営目標)の方向性について
Q3.課題について
Q4.コロナ禍で今期業績に影響を与える因子について
Q5.コロナ禍を契機とした新しい取り組み
Q6.今後取り組むべきサステナビリティについて
Q7.サステナビリティに対する取り組み状況について
 
表.〔アパレル製品・洋品の総小売市場規模推移(紳士服・洋品+ 婦人服・洋品+ベビー・子供服洋品)〕
図.《アパレル製品・洋品のチャネル別小売市場規模推移》
表.〔紳士服・洋品の総小売市場規模推移〕
図.《紳士服・洋品のチャネル別小売市場規模推移》
表.〔婦人服・洋品の総小売市場規模推移〕
図.《婦人服・洋品のチャネル別小売市場規模推移》
表.〔ベビー・子供服・洋品の総小売市場規模推移〕
図.《ベビー・子供服・洋品のチャネル別小売市場規模推移》
表.〔アパレル製品・洋品の小売市場規模予測〕
図.《アパレル製品・洋品のチャネル別小売市場規模予測》
図.Q1.アパレル産業にプラスの影響を与える因子
図.Q1.アパレル産業にマイナスの影響を与える因子
図.Q2.経営戦略の方向性
図.Q3.課題について
図.Q4.コロナ禍で今期の業績に影響を与える因子
図.Q5.コロナ禍を契機とした新たな取り組み<2021 年>
図.Q5.コロナ禍を契機とした新たな取り組み<2020 年>
図.Q6.今後取り組むサステナビリティ
図.Q7サステナビリティに対する取組み
 
②化粧品マーケティング総鑑2021 (39~50ページ)
~市場動向~
 
1.市場動向
(1)市場概況
(2)製品カテゴリー別の市場動向
(スキンケア市場の動向:~韓国発の「シカクリーム」に注目集まる~)
(メイクアップ市場の動向:~ベースメイクは“石鹸オフ”、ポイントメイクは“保湿力”がキーワード~)
(ヘアケア市場の動向:~スペシャルケアアイテムや家庭用ヘアカラーの需要が拡大~)
(フレグランス市場の動向:~使用目的に変化、ライフスタイル提案型ブランドが人気に~)
(男性用化粧品市場の動向:~肌荒れ対応のスキンケア、薄毛訴求のヘアケアが人気に~)
(3)流通ルート別の市場動向
(制度品流通市場の動向:~メーカーはシワ改善等を訴求する機能性美容液の提案に注力~)
(一般品流通市場の動向:~韓国コスメや中国コスメなどアジアコスメが話題に~)
(訪販品流通市場の動向:~コロナ禍において営業機会が減少、ビジネスモデルのDX 化を推進~)
(通販品流通市場の動向:~コロナ禍を追い風に市場拡大、新興メーカーが相次ぎ上場~)
(直販品流通市場の動向:~販促のDX 化を推進、EC への取り組み強化~)
(理美容(業務用)流通市場の動向:~コロナ禍の巣ごもりニーズ増加で店販化粧品が人気~)
2.企業動向
3.展望と課題
Point1 2025 年度の市場規模予測は2 兆5,400 億円
Point2 “サイエンスコスメ”“クリーンビューティー”“パーソナライズ化”がキーワード
Point3 DX 化の推進によるミレニアム世代とZ 世代の取り込みがポイント
4.アフターコロナ、ウイズコロナ時代の業界変革
Point1 ビジネスモデルのDX 化が進展
Point2 D2C 型ブランドの台頭
Point3 マスク着用・テレワークを前提とした商品の需要拡大
Point4 日本製化粧品の輸出金額のさらなる拡大
 
図表.<化粧品の市場規模推移(2016~2020年度)>
図表.<化粧品の市場規模予測(2021~2025年度)>
 
③アウトドアビジネス2021 (51~64ページ)
~セグメント別市場動向~
 
・アウトドア市場規模
・セグメント別動向
(1)アウトドアアパレル市場
(2)アウトドア用具市場
(3)アウトドア施設市場
(4)アウトドアレンタル市場
・主要小売店の動向
(1)スポーツ量販店
(2)ホームセンター
(3)家電量販店
・将来予測
 
表.国内アウトドア市場規模推移
図.国内アウトドア市場規模推移
図.国内アウトドア市場 分野別構成比
図表.アウトドアアパレル市場 規模推移
図表.アウトドア用具市場 規模推移
図表.アウトドア施設市場 規模推移
図表.アウトドア用品レンタル市場規模推移(登山用品+キャンプ用品)
図表.アウトドア市場規模 将来予測
 
商品動向
 
HLコーポレーションのリカバリーウェア (65~71ページ)
アイテム拡充でリカバリーウェア市場をけん引
 
・企業概要
・商品特徴
・他社動向
・医療機器について
・チャネル戦略
・課題・今後の見通し
 
スポーツビジネス分析
 
2021年7月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (72~78ページ)
 
1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/チャネル別前年同月比/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
 
データファイル
 
月次データファイル (79~89ページ)
 
(1)家計消費支出の動き(令和3年8月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(令和3年8月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和3年8月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和3年8月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和3年7月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和3年8月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和3年7月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和3年8月分-日本SC協会

ヤノニュース 2021年9月

 内容目次 
 
特集
 
アパレル業界におけるサステナビリティの現状と課題(上) (2~18ページ)
国内主要アパレルメーカー、小売業、商社・卸に対するアンケート調査結果
 
・サステナブルな取り組みの現状と課題、展望
【調査の概要】
1.ウィズコロナの今、国内の業界で高まっている意識
【全体と業種別】
2.ファッション企業が将来に向けて行うべき社会貢献
【全体】【業種別】
3.廃棄量増大の要因と考えられるサプライチェーンの段階
【全体、業種別】
4.現在のサプライチェーンにおいて環境負荷が特に問題な点
【全体】
5.日本で欧米ほど環境意識やサーキュラー・エコノミーが広がらない理由
【全体】【業種別】
6.2020年度の年間商品調達量(2019年度対比)
【全体、業種別】
7.2021 年度の年間商品調達量(2020年度対比)
【全体、業種別】
8.前期2020 年度の期中の消化率(数量ベース)
【全体、業種別】
9.最終在庫の最終処分の方法
【全体】
10.現在取り組んでいるサステナビリティ
【全体】
11.サステナブルな取り組みを求めるステークホルダー
【全体】
12.サステナビリティに関する定量指標の設定有無
【全体、業種別】
13.これからの消費者が求める衣服
【全体】
 
図.回答者の業種内訳(n=68)
図.1.ウィズコロナの今、ファッション企業で高まっている意識
図.2.ファッション企業が将来行うべき社会貢献(%)【全体】
図.2.ファッション企業が将来行うべき社会貢献(%)【業種別】
図.3.現在のアパレルのサプライチェーンで廃棄量増大の要因と考える段階
図.4.ファッション産業のサプライチェーンにおいて環境負荷が特に問題なこと(%
図.5.日本で欧米ほど環境意識やサーキュラー・エコノミーが広がらない理由(%)【全体】
図.5.日本で欧米ほど環境意識やサーキュラーエコノミーが広がらない理由(%)【業種別】
図.6.2020年度の商品調達量(2019年度比)(%)
図.7.今年度2021年度の商品調達量(2020年度比)(%)
図.8.前期2020年度の消化率(数量ベース)(%)
図.9.最終在庫の最終処分の方法
図.10.現在取り組んでいるサステナビリティ(%)
図.11.サステナブルな取り組みを求められるステークホルダー(%)
図.12.サステナブルな取り組みの定量指標の設定有無
図.12-1.「いいえ」のうち、今後3年以内に定量指標を設定する予定があるか
図.13.これからの消費者が求める衣服(%)
 
新商品
 
チクマが女性向け電動ファン付ウェアを開発 (19~22ページ)
マキタ、帝人との共同開発で新たな市場を開拓するか
 
・企業概要
・同社ユニフォーム事業の取り組み
・女性向け電動ファン付ウェア「充電式スマートファンベスト」特徴
<開発背景><商品展開><今後の取り組み>
 
業界レポート
 
動画コンテンツビジネス市場動向2021 (23~44ページ)
~動画制作サービスの市場動向~
 
・動画制作サービスの市場規模・市場動向
・参考データ:国内動画広告市場規模
・参考データ:携帯電話出荷台数におけるスマートフォン比率(一般社団法人JEITA)
・参考データ:スマートフォン上での「ビデオ/映画」カテゴリー 1 人あたりの月間利
用時間(ニールセン デジタル)
・参考データ:インターネットの利用目的(令和元年度通信利用動向調査)
・動画制作のサービス別市場動向
・商品・サービス紹介動画
・ブランディング動画
・プロモーション動画
・HowTo・マニュアル動画
・展示会動画
・セミナー動画
・会社紹介・施設案内動画
・IR 動画
・新卒採用・中途採用動画
・教育研修・E ラーニング動画
・プレゼンテーション動画
・導入事例インタビュー動画
 
図.動画制作サービスの市場規模推移・前年度比推移
表.動画制作サービスの市場規模拡大要因
図.動画広告市場規模推計・予測・前年比推移
図.携帯電話出荷台数におけるスマートフォン比率
図.過去1年間のインターネットで利用した機能・サービスと目的・用途(2019年末)
表.過去1年間のインターネットで利用した機能・サービスと目的・用途(2019年末)
表.動画制作の相場
 
新店舗
 
栄進物産が直営店「マリアネリ青山店」をオープン (45~49ページ)
路面店ならではの落ち着いた空間を演出
 
企業概要
店舗概要
 
業界動向
 
プロショップ専門店の市場動向 (50~68ページ)
ホームセンター企業のプロ向けショップが本格化
コロナ禍も積極出店により市場規模は好調に推移する見込み
 
・プロショップ専門店の概況
・プロショップ専門店の市場規模推移・企業シェア
・企業シェア
・プロショップ専門店の課題・問題点
・出店戦略・比較
・プロショップ専門店の今後の見通し、将来展望
 
・企業動向
1.企業概要
2.沿革
3.業績推移(2017 年度~2019 年度、2020 年度予測)
4.プロショップ事業売上高(2017 年度~2019 年度、2020 年度予測)
5.4P戦略(商品・価格・流通・プロモーション等)
(1)事業の特徴
(2)取扱商品
(3)価格戦略
(4)流通チャネル戦略
(5)プロモーション戦略
6.出店戦略
(1)出店経緯
(2)出店状況
(3)出店フォーマット
(4)出店計画
7.今後の方向性・注力分野
 
図.新設住宅着工戸数の年間推移
表.プロショップ参入企業一覧
表.ホームセンター事業者のプロショップ参入有無
図.プロショップ専門店の市場規模の推移・対前年比推移
図表.【2019 年度のプロショップ専門店の企業シェア】
表.課題・問題点
図.住宅リフォーム市場 設備修繕・維持費の市場規模推移・対前年比推移
 
表.総売上高・前期比推移
図.総売上高・前期比推移
図.プロショップ事業売上高推移
図.流通ルート
 
スポーツビジネス分析
 
2021 年6月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (69~75ページ)
 
1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/チャネル別前年同月比/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
 
データファイル
 
月次データファイル (76~86ページ)
 
(1)家計消費支出の動き(令和3年7月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(令和3年7月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和3年7月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和3年7月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和3年6月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和3年7月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和3年6月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和3年7月分-日本SC協会

ヤノニュース 2021年8月

 内容目次 
 
特集
 
デジタルトランスフォーメーション(DX)、国内アパレル小売業の現状 (2~28ページ)
 
1.デジタルトランスフォーメーション(DX)について
(1)DX をどのように定義付けするか
(2)日本におけるDX の一般的定義について
(3)ファッション産業におけるDX とは何か
2.国内ファッション産業の現状
(1)国内の衣料品総小売市場
(2)スマートフォンの普及と消費者行動の変化について
(3)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響
3.ファッション産業の現状と方向性
(1)国内繊維産業の衰退
(2)国内市場における衣類の輸入浸透率と貿易収支
(3)国内供給数量と衣料品消費支出額の推移
(4)国内繊維・アパレル産業の現状と課題
4.繊維・アパレル産業のサプライチェーンの特徴
(1)川上・川中・川下の段階別市場規模推計と予測
(2)国内繊維・アパレル企業が目指すべき方向性
5.海外越境EC および消費者向けデジタル・プラットフォームの動向
(1)越境EC の動向について(中国・韓国)
(2)消費者向けデジタル・プラットフォームについて
 
表.〔衣料品総小売市場の推移〕
図表.主な情報通信機器の保有状況推移
図.BtoC-ECの市場規模およびEC化率の経年推移
表.BtoC-EC 市場規模および各分野の構成比率
表.日米英の小売店舗数の比較
図.スマートフォン経由の市場規模の直近5年間の推移
図.業態別小売業の月次売り上げ前年比推移
表.2020年既存店SCの売上高伸長率(対前年比)
図.国内繊維工業の衰退
図.国内市場における衣類の輸入浸透率
図.繊維製品の貿易収支(百万円)
図.国内アパレル供給数量と衣料品消費支出額の推移
図.〔供給面(モノの流れ)から見た繊維・アパレル産業〕
表.段階別市場規模と予測
図.〔販売面(取引の流れ)から見た繊維・アパレル産業〕
表.繊維品の輸出金額推移
図.繊維品の輸出額推移
図.輸出金額に占める衣料の占めるシェア
図.主な衣料の平均単価推移
表.≪繊維品の輸出のうち二次製品に分類される品目≫
図.中国の越境ECによる輸出入市場規模及び成長率(2015-2019年)
図.中国の越境ECによる輸出総額及び成長率(2017-2019年)
図.中国の越境ECによる輸入総額及び成長率(2017-2019年)
図.韓国の越境ECにおける海外直販売及び直購入の取引額推移
図.中国から日本への越境ECによるアパレル輸入総額推計
 
特集
 
電動ファン付ウェア市場の動向 (29~40ページ)
 
・電動ファン付ウェア市場の現状
・電動ファン付ウェア市場規模予測
・国内の熱中症状況
・建設投資の推移
・ゼネコンの業績動向と見通し
・主な産業別就業者の動向
・電動ファン付ウェア主要プレイヤーの動向
・「電動ファン付ウェア」の商流
・商品動向
~電動ファン付ウェア関連企業とその他企業によるコラボ商品が多数展開~
~今後も増える アウトドア向けの電動ファン付ウェア~
~チクマ、女性向け電動ファン付ウェアを発売~
 
図.電動ファン付ウェア市場規模予測(出荷金額ベース)
図.職場における熱中症による死傷者数の推移
表.熱中症による死者数の業種別状況
図.建設投資の推移
表.大手ゼネコンの連結業績推移
図.主な産業別就業者の推移
図.電動ファン付ウェア市場シェアのイメージ図(2020年)
図.アウトドア用品の国内出荷額
表.チェーン全店商品別売上高
 
業界レポート
 
①化粧品受託製造・容器・原料市場の展望と戦略2021 年版 (41~64ページ)
  ~化粧品受託製造市場の全体動向~
 
1.化粧品受託製造市場
1)全体(市場活性化要因と現在のコロナ禍に至るまでの変遷)
2)化粧品受託製造の市場規模推移(2016~2020 年度)
3)チャネル別(発注元別)化粧品受託製造製品の傾向
≪通販ルート≫
≪理美容・エステティックサロン(業務用化粧品)市場≫
≪訪問販売ルート≫
≪制度品流通ルート≫
≪直販品流通ルート≫
≪一般品流通ルート≫
4)化粧品受託製造市場の参入企業シェア(2020 年度)
5)化粧品受託製造市場の今後の方向性・市場見通し
6)化粧品受託製造の市場規模予測(2021~2025 年度)
7)化粧品受託製造の市場規模推移一覧(2016~2025 年度予測)
2.化粧品容器市場
1)市場概況
<制度品><直販品><一般品><通販品><訪販品><業務用>
 
図表.<化粧品受託製造の市場規模推移(2016~2020年度)>(参入企業出荷金額ベース)
図表.<化粧品受託製造カテゴリー別の市場規模と構成比(2019~2020年度)>(参入企業出荷金額ベース)
表.<化粧品受託製造カテゴリー別の市場規模比較(2020年度/2019年度)>(参入企業出荷金額ベース)
図.<化粧品受託製造市場の参入企業シェア(2020年度)>(参入企業出荷金額ベース)
図表.<化粧品受託製造の市場規模予測(2021~2025年度)>(参入企業出荷金額ベース)
表.<化粧品受託製造の市場規模推移一覧(2016~2025年度予測)>(参入企業出荷金額ベース)
表.<ルート別の容器採用の概要>
 
②生活家電マーケット2021~おうち時間を豊かにする美容・調理家電編~ (65~73ページ)
  ~美容・調理家電の現状~
 
・美容・調理家電の現状
1.はじめに
2.美容家電市場の動向
・調理家電市場の動向
・チャネル別市場動向
・トレンド
 
図.美容家電カテゴリー別市場規模
図.調理家電市場規模推移
図.2020年の業態別美容・調理家電売上高シェア
 
スポーツビジネス分析
 
2021 年5 月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (74~80ページ)
 
1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/チャネル別前年同月比/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
 
データファイル
 
月次データファイル (81~88ページ)
 
(1)家計消費支出の動き(令和3年6月分)-総務省・家計調査報告
 ※今回は、掲載していません。
(2)商業販売額の動き(令和3年6月分)-経済産業省・商業販売統計速報
 ※今回は、掲載していません。
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和3年6月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和3年6月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和3年5月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和3年6月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和3年5月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和3年6月分-日本SC協会

ヤノニュース 2021年7月

 内容目次 
 
特集
ワークスーツ市場の動向 (2~7ページ)
 
(1)ワークスーツ市場の現状
1)市場全体の規模
2)市場環境
(2)ワークスーツ市場の動向と展望
(3)注目トピックス
・ビッグボーン商事、スーツ型作業着の販売へ
・サッカーJ2 の栃木SC がワークスーツを公式ウェアとして採用
・伊勢丹浦和がワークスーツ販売に注力
・IT 環境整備のアンダーデザインがワークスーツを開発
・藤和、ワークスーツを2021 年秋冬で展開
 
注目企業動向
(株)ボンマックス、近年の取り組み動向 (8~14ページ)
 
・企業概要
・業績推移(単体)
・取り組み①「災害時用衣料キット『IRUI(イルイ)』の展開」
<IRUI(イルイ)について>
<キット内容>
プロジェクト賛同パートナー企業概要
・昭和西川株式会社(タオル)
・株式会社ワールド(ショーツ、スリッパ)
・株式会社ナイガイ(くつ下)
・株式会社ボンマックス (T シャツ、マスク)
・PolygienAB(抗菌防臭加工・抗ウイルス加工)
・取り組み②「アウトドアブランドを立ち上げ」
・取り組み③「クールコア素材のクーリングマスクが好調」
 
表.業績推移(連結)
図.<プロジェクトの流れ>
 
業界レポート
①専門店チェーン市場白書2021 (15~40ページ)
~業種別動向~
 
<ペット、ペット用品店>
・2019 年ペット関連総市場規模は1 兆5,705 億円と、微増にとどまる
・コロナ禍で新規ペット飼育者が増加、さらにペットフードのプレミアム志向が強まる
・専門店は高付加価値商品が売れる重要なチャネルとして認識される傾向
1.市場規模と市場概況
高付加価値商品と猫向け商品が微増を下支え、コロナ禍で新規ペット飼育者が増加
2.市場動向
専門店は生体販売後のアフターケアに強み、成長しているチャネルはドラッグストアとEC
<ペット専門店><ホームセンター><スーパー(食品スーパー)>
<ドラッグストア><コンビニエンスストア><EC サイト>
3.主要専門店の動向
◆カインズ
PB は物販売上の3~4 割を占める。店舗はQR コードとYouTube 動画で一部OMO 化した
◆イオンペット
店舗全てを「PETMO」にし、ブランド力強化を図る
◆ホームセンターバロー
健康管理と美容、クリニックを担う新しいコンセプトの店舗を提案
4.ネット通販
業容拡大を図りM&A が活性化、最大手チャームはアスクル傘下に
 
図.ペット関連市場規模推移(末端価格ベース)
図.ペット関連市場規模2019年度分野別構成比
図.犬・猫飼育頭数推移(推計)
表.【ペット用品関連のEC売上高】
 
<楽器専門店>
・音楽教室やイベントの中止、延期等、直接・間接的にコロナ禍のマイナス影響受ける
・楽器演奏人口の減少で、市場そのものは減少トレンド継続
・大手専門店の出店攻勢で、楽器小売市場の寡占化が進む
1.市場規模と市場概要
楽器演奏人口の減少が続くなか、コロナ禍で音楽教室など周辺事業も痛手
2.有力・注目専門店企業の個別動向
◆島村楽器
SC をはじめとした積極的出店攻勢により増収基調を継
◆十字屋
2020 年3 月に経営陣によるMBO で株式非公開化、JEUGIA から十字屋へ商号変更
・楽器動向
 
図.楽器・CD専門店(楽器小売業※レコード小売業含む) 合計販売額推移
図.音楽ソフト生産金額(単位:億円、日本レコード協会調べ)
表.主な楽器専門店 売上ランキング
図.島村楽器 売上高推移
 
<服飾雑貨専門店>
・2019 年のファッション関連雑貨の支出額は増加。構成比では履物類が多く、35.0%を占める。
・2020 年のファッション関連雑貨の支出額は減少。ネクタイ、ストッキングが大幅に減少。
・業績不振続く藤久は構造改革を継続。良品計画はコロナの影響を受けるも堅調に推移。
1.市場規模と市場概況
2019 年の1 世帯当たりのファッション関連雑貨支出額は増加、2020 年は大幅減
2.有力・注目専門店企業の動向
◆藤久
「構造改革」から一層踏み込んだ「藤久リボーンプラン」を実施
◆良品計画
新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けるも国内は堅調に推移
 
表.ファッション関連雑貨支出推移(1世帯当たり年間の品目別支出金額(総世帯)より)
図.2019年ファッション関連雑貨構成比
図.【売上高と利益率推移】
図.【売上高と利益率推移】
表.【装飾・服飾雑貨専門店売上高ランキング(2019年度)】
表.【生活雑貨専門店売上高ランキング(2019年度)】
 
<文具専門店>
・書籍専門店(書店)の年間閉店数はおよそ500 店規模で減少傾向は続く
・書籍、雑誌市場の縮小で、出版→取次→書店という出版流通が崩壊の危機へ
・書店は飲食(カフェ)、文具、雑貨等を併売するハイブリッド書店化で生き残りを図る
1.文具専門店業界の概要
2.有力・注目専門店企業の動向
◆アスクル
◆コクヨ
 
図.文具専門店(※紙・文具小売店)の販売規模
図.書店(書籍・雑誌小売業)の販売規模※古本類を除く
図.アスクルの売上高・経常利益推移
図.コクヨの売上推移
 
②キャラクタービジネス年鑑 2021年版 (41~64ページ)
~キャラクタービジネスの現状~
 
・近年の人気キャラクターと特徴
・有力インポーターのキャラクタービジネス
・キャラクタービジネスの可能性・展開分野
①インターネット上で活躍するキャラクター
②SNS やYouTube を活用したキャラクター
③バーチャルユーチューバー(VTtuber)の躍進
④企業キャラクターの変化
⑤キャラクターの特性を活かす高度なプロモーション
⑥ラグジュアリーブランド企業とのコラボレーション
⑦海外展開の取り組み
 
表.日本キャラクター大賞 一覧
表.有力インポーター(一例)
表.SNS(ソーシャルメディア)系で人気の高いキャラクター
表.ラグジュアリーブランド企業とのコラボレーション
 
展示会
AOKI「パジャマスーツ」発表 (65~68ページ)
コロナ禍で生き残るアイテムとなるか
 
・企業概要
・業績推移(連結)
・パジャマスーツ概要
・アクティブスーツ概要
・今後の見通し
 
スポーツビジネス分析
2021年4月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (69~75ページ)
 
1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/チャネル別前年同月比/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
 
データファイル
月次データファイル (76~86ページ)
 
(1)家計消費支出の動き(令和3年5月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(令和3年5月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和3年5月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和3年5月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和3年4月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和3年5月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和3年4月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和3年5月分-日本SC協会

ヤノニュース 2021年6月

 内容目次 
 
業界動向
 
国内主力アパレル専門店の2020 年度決算 (2~5ページ)
コロナ禍で分かれた専門店の明暗
 
主力専門店の既存店売上高の状況
【商品戦略】【出店戦略】
主要アパレル専門店の決算状況
 
図.主力専門店の既存店売上高推移
表.主要アパレル専門店の売上高推移
図.主要3社の売上高合計推移(単位:百万円)
図.主要アパレル専門店3社の営業利益率推移
 
決算ハイライトレポート
 
①株式会社TOKYO BASE (6~8ページ)
 
企業概要
(1)業績概要
(2)前期決算の概要
(3)今年度の方針、予定
①仕入の適正化(前期構築した仕入と在庫コントロールの運用強化)
②自社EC 強化
③中国事業拡大(地域別MD の構築、気候に応じたMD 構築)
④2つの新業態立ち上げ(新アスレジャー業態、新セレクト業態(40~50 代向け)の立ち上げ)
⑤本社移転
⑥資金調達
 
図表.業績推移(連結業績)
表.業態別売上高
 
②株式会社バロックジャパンリミテッド (9~10ページ)
 
企業概要
(1)業績概要
(2)前期決算の概要
(3)今年度の方針、予定
 
図表.業績推移(連結業績)
表.事業別売上高
表.国内チャネル別売上高
 
③株式会社ユナイテッドアローズ (11~12ページ)
 
企業概要
(1)業績概要
(2)前期決算の概要
(3)今年度の方針、予定
 
図表.業績推移(連結業績)
表.出退店の状況
 
特集
 
レジャー産業の近年の動向 (13~20ページ)
 
・経済環境の変化
・失業率は低水準が続く、求人倍率は45年ぶりの高水準
・コロナ禍の影響で宿泊業の倒産が増加、飲食業の倒産は過去最多に
・レジャー産業に影響を及ぼす要因
 高額レジャーが注目されるも、業態により明暗分かれる
 異常気象続く、レジャー市場を左右する天候の影響
 
表.国内総生産(GDP)の推移
表.国内総生産(GDP)の四半期別推移
図.完全失業率の推移
表.完全失業者数の推移
図.有効求人倍率の推移
図.企業倒産件数と負債額の推移
図.旅行業、宿泊業倒産件数の推移
図.飲食業倒産件数の推移
 
注目企業分析

青山商事株式会社 (21~28ページ)
 
◇事業の特徴
◇事業の強み、弱み
◇2021 年3 月期決算の要旨
(1)事業・業績概要
 企業概要
(2)前期決算の主なトピック
 主力事業の状況
 1.ビジネスウェア事業〔青山商事(株)ビジネスウェア事業、ブルーリバース(株)、(株)エム・ディー・エス、(株)栄商、服良(株)、青山洋服商業(上海)有限公司〕
 2.カジュアル事業〔青山商事㈱カジュアル事業〕
(3)今年度の予定施策・業績面の課題
 ①ビジネスウェア事業の変革と挑戦
 ②グループ経営の推進
 ③サステナブルへの取組
(4)事業分析
 同社事業の強み、弱み
 外部競合分析
 
図表.基本業績指標(連結)
表.セグメント別業績
表.ビジネスウェア事業の既存店売上・客数・客単価の前年比推移
表.メンズスーツの販売着数、平均販売単価推移
表.ビジネスウェア事業における業態別出退店及び期末店舗数
表.ビジネスウェア事業の商品別売上高
表.セグメント別損益計画(2022年3月期)
表.同社の競合先
 
業界レポート
 
①ブライダル産業年鑑2021 年版 (29~50ページ)
~挙式披露宴披露パーティ市場の動向~
 
挙式披露宴披露パーティ市場の動向
・市場概況/市場規模推移(2015 年~2022 年予測)
【式場運営企業における「コスト削減」策と事業戦略】
●市場展望
【式場運営企業における今後の事業戦略】
・各社の出店戦略
・新規婚礼施設
●業態別市場規模
●ホテルの婚礼事業
●有力・注目企業の業績
 
図表.挙式披露宴披露パーティ市場規模推移
表.[婚礼事業運営各社 アフターコロナにおける新規出店に関する状況]
表.〔2019 年1 月以降開業した施設および今後の主な開業予定〕
図.2019挙式披露宴場所別シェア
図.2020挙式披露宴場所別シェア(見込)
表.〔婚礼対応を行なう新設ホテル〕
表.〔ホテルの婚礼に関する動き〕
表.〔婚礼事業運営企業売上高〕
 
②専門店チェーン市場白書2021 (51~67ページ)
~業態別動向~
 
<ドラッグストア>
1.ドラッグストア市場の概要
新型コロナウイルス感染拡大の影響
遠隔服薬指導への対応もビジネスチャンスに
マツモトキヨシHD とココカラファインの大手チェーン間で資本提携
2.参入企業とグループ構成
ウエルシアHDが首位となるも、各社市場占有率は僅差。大手の統合により競争激化
・今後の市場展望
・2020 年度はM&A を含む新規店舗の追加、技術料の獲得に努めるが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、主要チェーンを中心に一定の売上に留まる見通し
・低成長時代に突入した調剤薬局業界、収益確保はさらに厳しさを増す
・多様な出店展開への対応が成長持続の鍵。かかりつけ機能を強化し、既存店売上高の伸長による地域シェア拡大の重要性高まる
・大手企業は大量の新卒薬剤師採用を継続も、医療機関やドラッグストアなどを含めた採用競争が激化
 
図表.ドラッグストアの総売上高と店舗数推移
図.ドラッグストアの分野別売上高(2017~2019年度)
表.ドラッグストアの分野別売上高
表.ドラッグストア企業 上位10社
図.ドラッグストアの市場シェア
表.【2019-2020 ドラッグストア再編状況】
表.主なドラッグストア企業の業績
 
<ホームセンター>
・2019 年ホームセンター市場規模は、前年比99.9%の3 兆9,890 億円
・ドラッグストア、SPA 型家具店、EC 等、他業種との競争激化で市場は低成長ターンへ
・2020 年はコロナ禍でホームセンターの役割が拡大、市場も大幅に伸びる
・M&A は引き続き活発な動き。狙いは首都圏店舗網拡充
1.ホームセンターの現状と市場推移
・構造的低成長続くも、2020 年はコロナ禍が市場の拡大を後押し
2.業界再編の経緯と状況
DCM ホールディングスが島忠へのTOB 開始も、島忠はニトリグループへ
3.参入企業動向
・カインズ
・DCM
 
図.ホームセンター販売規模・店舗数推移
表.【2018~2020年 主なホームセンター関連企業のM&A動向】
図.カインズ連結業績推移
図.DCMホールディングス連結業績推移
表.主なホームセンター企業 売上ランキング
 
スポーツビジネス分析
 
2021 年3 月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (68~74ページ)
 
1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/チャネル別前年同月比/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
 
データファイル
 
月次データファイル (75~85ページ)
 
(1)家計消費支出の動き(令和3年4月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(令和3年4月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和3年4月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和3年4月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和3年3月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和3年4月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和3年3月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和3年4月分-日本SC協会

ヤノニュース 2021年5月

 内容目次 

業界レポート

国内大手アパレルの2020 年度決算 (2~4ページ)
増収増益はクロスプラス1社のみ

・今期2021 年度売上高予想

表.主要アパレルの売上高推移
表.今期売上高予想の伸び率
図.大手アパレル6社の売上高合計(百万円)
図.大手アパレル6社の営業利益合計(百万円)
図.大手アパレル6社の営業利益率推移

決算ハイライトレポート

①株式会社オンワードホールディングス (5~7ページ)

<企業概要>
(1)事業・業績概要
(2)前期決算の概要
<事業別の動向>
(3)今年度の方針、予定

表.連結子会社オンワード樫山 2021年2月通期 チャネル別売上高構成比
表.2022年2月期事業セグメント別業績予想

②クロスプラス株式会社 (8~10ページ)

<企業概要>
(1)事業・業績概要
(2)前期決算の概要
(3)今年度の方針、予定

表.ビジネス別売上高
表.販売チャネル別売上高

③株式会社三陽商会 (11~12ページ)

<企業概要>
(1)事業・業績概要
(2)前期決算の概要
(3)今年度の方針、予定

表.チャネル別売上高(単体)

④タキヒヨー株式会社 (13~14ページ)

<企業概要>
(1)事業・業績概要
(2)前期決算の概要
(3)今年度の方針、予定

表.商品別売上高(単体)

⑤株式会社TSIホールディングス (15~16ページ)

<企業概要>
(1)事業・業績概要
(2)前期決算の概要
(3)今年度の方針、予定

⑥株式会社ワールド (17~19ページ)

<企業概要>
(1)事業・業績概要
(2)前期決算の概要
<事業別の動向>
(3)今年度の方針、予定

表.売上収益
表.営業利益

特集

シニア向けファッション市場の動向 (20~34ページ)

ファッション性、機能性強化でアクティブシニアをサポート
<分野別の動向>:アパレル、毛髪業(かつら・増毛)、杖、補聴器

図.国内アパレル総小売市場
図.毛髪業(かつら・増毛)の市場規模
表.毛髪業の男女別市場規模
図.杖の市場規模
図.補聴器の市場規模
表.補聴器国内出荷台数の推移

業界レポート

①2021流通小売市場白書 (35~48ページ)
~市場トピック~

<D2C 強化の影響>
D2C の特徴と既存小売企業への影響
小売企業としての取り組み例とデータ活用
<サブスクリプションサービス>
サブスクリプション型サービスの現状
サブスクリプションサービスが拡大する背景
・消費者のメリット
・事業者のメリット
サブスクリプションだけではない小売の必須機能
<コロナ禍の店舗対策と売り方の変化>
新型コロナウイルス感染症感染拡大予防のための店舗対策
売り方の変化(ライブコマース、Zoom接客)
<コロナで加速するDX>
省人化/無人化(セルフレジ、キャッシュレス、非接触決済、無人レジ)
スーパーマーケット、CVS ではセミセルフレジの導入が急増
店舗、社内業務のDX

表.サブスクリプションサービスの例
表.店舗における感染予防対策
表.百貨店 デジタルを活用した主な取り組み
表.CVS各社のセルフレジ導入状況

②サービス産業白書2021 (49~65ページ)
~駐車場・引っ越し動向~

●注目市場:駐車場

<TOPIC><市場概要><市場規模>
<市場動向>
コロナ禍で自動車の動きが減衰、拡大基調のコインパーキング市場も苦戦
駐車場を含むスペースシェアリング、akippa、軒先、大手企業も参入
・月極・時間貸し駐車場運営 主要企業売上高
PICK UP(パーク24、akippa)
<今後の展望>

表.【駐車場法に基づく分類】
表.【駐車場の設置場所に基づく分類】
表.【契約形態に基づく分類】
図表.駐車場台数の推移(長期データ)
図.分類別の駐車場台数シェア(2018年度)
図.スペース(駐車場、その他スペース)の市場規模推移予測

●注目市場:引っ越し

<TOPIC><市場概要><市場規模>
<業界動向>
標準引越運送約款の改定
「引越安心マーク事業者」の認定制度
<引越しサービス 上位企業売上高>
スタートアップが引越し事業に参入、周辺の新規サービスリリース続々
PICK UP(サカイ引越センター)
<今後の展望>

図.住民基本台帳による移動者数推移(年計)
図表.新設住宅着工戸数の推移(総戸数、持家系・借家系別)
図.引越事業における市場規模の推移と予測(金額ベース)
表.【解約・延期手数料改定の概要】
図表.引越しサービス上位4社の部門売上高推移

スポーツビジネス分析

2021年2月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (66~72ページ)

1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/チャネル別前年同月比/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル

データファイル

月次データファイル (73~83ページ)

(1)家計消費支出の動き(令和3年3月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(令和3年3月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和3年3月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和3年3月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和3年2月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和3年3月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和3年2月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和3年3月分-日本SC協会

ヤノニュース 2021年4月

 内容目次 

アウトレットモールの現状と今後

アウトレットモール市場の動向 (2~16ページ)
COVID-19 拡大によりインバウンド需要が消失し市場拡大に暗雲も、6月以降は回復基調

1.アウトレットモールの市場動向
・アウトレットモールとは
・アウトレットモールの歴史
・アウトレットモールの動向と開発戦略の特徴
2.アウトレットモールの市場規模と今後の予測
・アウトレットモール市場動向
3.アウトレットモール主要2 社の動向
・主力デベロッパーの海外戦略事例
4.アウトレットモール業界の課題と今後
・アウトレットモール業界の課題
・アウトレットモールの今後

表.日本のアウトレットモール一覧(開設年代順)
図.国内アウトレットモールの開業数推移(閉鎖したモールも含む)
表.アウトレットモール主要運営企業各社の特徴・強み
図.主要デベロッパーのテナント売上高(2019年度売上・単位:億円) 弊社推定含む
図.アウトレットモール推定市場規模の推移と予測
図.三井アウトレットモールとプレミアム・アウトレットの売上高総額推移(弊社推定含む)
表.三井アウトレットパーク国内施設の売上高推移
表.三井OP 横浜ベイサイドの施設概要
表.三井不動産のアウトレットモール戦略の概要
表.三菱地所・サイモンのアウトレットモール戦略の概要
表.三井不動産が海外展開しているアウトレット
表.三井アウトレットパーク 台中港の施設概要
表.日本のアウトレットモール一覧(エリア別)

注目企業動向

株式会社西松屋チェーン (17~22ページ)
21年2月期の既存店売上高12%、過去最高益

(1)企業概要・企業沿革
・会社概要
・業績
(2)事業戦略の特徴
① 商品戦略
② 仕入れ・生産体制
(3)海外展開について
(4)課題・今後の展望
~オンライン説明会を開催~

図.売上高・対前年比推移(単体)
表.沿革(略歴)
表.西松屋チェーンの海外卸先一覧

業界レポート

①接骨院・鍼灸院・マッサージ院市場の展望と戦略 (23~46ページ)
~市場の全体像~

1.接骨院・鍼灸院・マッサージ院の全体像
接骨院・鍼灸院・マッサージ院の位置づけ
2.接骨院・鍼灸院・マッサージ院の市場概況
1)施術所数推移(2008~2018 年)
・施術所別伸長率比較(2008~2018 年)
2)国家資格者数推移(2008~2018 年)
・資格種類別伸長率比較(2008~2018 年)
3)国家試験合格者数推移(2008~2018 年)
・資格別合格者数伸長率比較(2008~2018 年)
4)療養費推移(2010~2017 年)
・療養費別伸長率比較(2010~2017 年)
5)市場規模推移(2014~2018 年)
(1)総市場
(2)マッサージ
(3)鍼灸
(4)柔道整復
3.接骨院・鍼灸院・マッサージ院の市場動向
1)接骨院
2)鍼灸院
3)マッサージ院
<訪問マッサージの事業フロー>
4.接骨院・鍼灸院・マッサージ院における問題点と課題
1)患者数減少
2)リピート率減少
3)求められるサービスレベルの向上
5.接骨院・鍼灸院・マッサージ院における市場展望(ポストコロナの業界変革)
1)保険治療と実費治療のバランスの最適化の進展
2)美容を訴求した施術の増加
3)メンタルの健康・予防を意識した自律神経に関する施術の増加
4)一般の患者を対象とした訪問治療サービスの拡大
5)M&A やチェーン展開企業の増加などの業界再編
6.関連業界の動向
1)医療機器
・中古医療機器販売業であるグリーンメディカルの動向

表.<接骨院・鍼灸院・マッサージ院の位置づけ>
図表.<施術所数推移(2008~2018年)>
図表.<施術所別伸長率比較(2008~2018年)>
図表.<国家資格者数推移(2008~2018年)>
図表.<資格種類別伸長率比較(2008~2018年)>
図表.<国家資格合格者数推移(2008~2018年)>
図表.<資格別合格者数伸長率比較(2008~2018年)>
図表.<療養費推移(2010~2017年度)>
図表.<療養費別伸長率比較(2010~2017年)>
図表.<総市場規模推移(2014~2018 年)>
図表.<マッサージの市場規模推移(2014~2018 年)>
図表.<鍼灸の市場規模推移(2014~2018 年)>
図表.<柔道整復の市場規模推移(2014~2018 年)>

②サービス産業白書2021 (47~62ページ)
~高速バス・レンタカー・カーシェアリング動向~

TOPIC
・業界概要
・市場規模
・業界動向
PICK UP
・ウィラーエクスプレスジャパン
・今後の展望
注目市場 レンタカー・カーシェアリング
TOPIC
市場規模
レンタカー市場規模
カーシェアリング市場規模
家計調査での支出額や第3 次産業活動指数も大きく上昇
・市場動向
カーシェアリング車両台数・会員数など
タイムズモビリティ(パーク24)、オリックス自動車、三井不動産リアルティの大手3社寡占・今後の展望
レンタカー・カーシェアリングの拡大は、保有から使用への意識変化も大きく影響

図表.高速乗合バスの運行状況
表.主な高速バス予約サイトの例
表.高速バス 主要企業の2019 年度売上高
図表.レンタカーおよびカーシェアリングの市場規模推移
図.1世帯当たりのレンタカー・カーシェアリング料金 支出額推移(家計調査)
図.自動車レンタル業(個人向け)の活動指数推移
図表.レンタカー事業者数・車両数(国土交通省)
図.広域レンタカー・ブランド別の保有台数推移
表.系列別にみたレンタカー市場の主要事業者
図表.日本のカーシェアリング車両台数と会員数の推移
表.カーシェアリング上位3社の車両ステーション数、車両台数、会員数 3年間の推移
表.全国のカーシェアリング事業者の車両数など
表.レンタカー・カーシェアリング 主要企業売上高
表.国内各地で運営されているカーシェアリングの概要(2020年3月調査時)

スポーツビジネス分析

2021年1月期スポーツシューズブランドシェア動向 (63~69ページ)

1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/チャネル別前年同月比/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル

データファイル

月次データファイル (70~80ページ)

(1)家計消費支出の動き(令和3年2月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(令和3年2月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和3年2月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和3年2月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和3年1月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和3年2月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和3年1月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和3年2月分-日本SC協会

ヤノニュース 2021年3月

 内容目次 

特集

在宅勤務者実態調査 (2~17ページ)

・調査実施概要
・在宅勤務(リモートワーク/テレワーク)者の推定人数
・在宅勤務者の総数は推定704 万人と試算(2021 年1 月現在)
・在宅勤務者が増加することによる産業へのインパクト
・在宅勤務の頻度
・在宅勤務は「週2~3 日」程度が最も一般的
・勤務時間に比例して在宅勤務頻度が上がるが、居住環境とは概ね相関しない
・在宅勤務者の稼働率
・在宅勤務時間の半分以上を自由時間に費やしている人は、少数(15.8%)
・在宅勤務中にしている「仕事以外」のこと
・在宅勤務者中「TV」「私的SNS・ネット」「私的電話・メール」は実施率50%超
・在宅勤務中に使用するWeb 会議システム 利用率ランキング
・在宅勤務中に使用するWeb 会議システム:1 位「Zoom」、2 位「Microsoft Teams」
・在宅勤務中に利用する宅配・出前サービス
・「UberEats」「出前館」の利用率はそれぞれ16~17%、殆どがライトユーザー

表.国勢調査 / 職業区分別就労人口
表.在宅勤務者の試算
表.在宅勤務者704 万人が与える産業へのインパクト
図.在宅勤務の頻度
表.在宅勤務の頻度(居住環境別クロス集計)
図.在宅勤務者の稼働率
図.在宅勤務中にしている「仕事以外」のことの実施状況
表.在宅勤務中に使用するWeb会議システム(利用率ランキング)
図.在宅勤務中に利用するフード宅配・出前サービス

顧客満足度調査

エンドユーザーが選ぶ主要ショッピングセンターの顧客満足度ランキング (18~36ページ)
全国主要50SC の総合満足度トップは僅差も「玉川高島屋SC」が返り咲き

調査概要
1.調査対象
  (1)インターネットモニタ
  (2)全国の主要な50SC
2.調査の方法
3.調査期間
4.調査内容・項目
  (1)月1回以上利用するSC の満足度評価
  (2)SC に期待する・重視する項目についての評価(=期待値)
5.分析の仕方について
Ⅰ.SC の顧客満足度ランキング
  1.全国50SC 中の満足度トップは「玉川高島屋SC」―総合満足度ランキング
    (1)郊外・準郊外大型SC ランキング
    (2)駅立地・都市型SC ランキング
  2.充足度ランキング
    (1) 立地(施設のある場所、行きやすさ)
    (2) 駐車場の利用しやすさ
    (3) 施設内の雰囲気
    (4) 施設全体の広さ・大きさ
    (5) 利用したいお店が入っているかどうか
    (6) 入っているお店の数の多さ(入店店舗数)
    (7) 施設内の休憩する場所やフリースペース
    (8) 施設内のわかりやすさ(お店の場所・レイアウト)
    (9) 災害や感染症等への対策

表.2020調査対象①:郊外・準郊外型SC
表.2020調査対象②:駅立地・都心型SC
表.〔当該SC についての評価項目〕
表.〔5 段階評価〕
表.〔SC についての評価項目〕
表.〔3 段階評価〕
表.<2020 SC総合満足度ランキング50>
表.①郊外・準郊外型26SC
表.②駅立地・都心型24SC
表.(1)施設のある場所、行きやすさ(立地)
表.(2)駐車場の利用しやすさ
表.(3)施設内の雰囲気
表.(4)施設全体の広さ・大きさ
表.(5)利用したいお店が入っているかどうか
表.(6)入っているお店の数の多さ
表.(7)施設内の休憩する場所やシーティングスペース
表.(8)施設内のわかりやすさ(お店の場所・レイアウト)
表.(9)災害や感染症等への対策

業界レポート

①鞄・袋物産業年鑑2020~2021 年版 (37~64ページ)
  ~鞄・袋物業界の動向~

1.鞄・袋物業界の概況
  (1)2019 年度の鞄・袋物市場の動向
  (2)2020 年度の市場規模見込み、及び2021 年度の市場規模予測
  (3)鞄・袋物業界の今後の対応
  (4)参入企業シェア
  (5)流通チャネル別の状況
2.鞄・袋物業界の注目トピック
  ◇(株)ヤマト屋は、アンバサダーマーケティングを活用し、顧客層の拡大に取り組む
  ◇(株)東京デリカは、商品を通じた社会奉仕活動参加への取り組み
  ◇東京駅改札内にあるグランスタ東京に、地域ブランド「豊岡鞄®」の期間限定店オープン
  ◇(株)コロンブスは、皮革製品の除菌・抗菌に効果を発揮するスプレーを発売
  ◇皮革製品を通じて医療従事者への感謝を伝える「ブルーレザープロジェクト」
  ◇(株)マルショウエンドウ、「マンハッタナーズ」ブランド誕生30 周年
  ◇大手鞄メーカーのエース(株)が、老舗革かばんの大峡製鞄を子会社化
  ◇(株)国際バッグEXPO もバッグ・鞄鞄業界の活性化を支援
  ◇コロナ禍でもビジネスバッグが好調
  ◇土屋鞄製造所 渋谷スクランブルスクエアに発信拠点
  ◇富田興行(株)、革製品にも使用できる持続型の「TM デオスプレー」を開発販売
  ◇(有)T.M.Y’s(ティー・エム・ワイズ)新社屋を設立 オープンな工場で革の魅力をアピール
  ◇(株)waji は、シザーエプロン特化の新ブランド「aruci」を立ち上げ
  ◇バッグレンタルサービスのラクサスが成長を加速
  ◇チャールズ&キース 認知度高まり業績伸びる
  ◇異業種からの参入
  ◇山本洋品雑貨(株)は、環境に配慮した商品で消費者を訴求
  ◇洋品雑貨メーカー エコバッグの企画・提案に力
  ◇ビジネスバッグに特化した修理サービス
  ◇中古品(リユース)市場が形成
  ◇日本製中心の商品を集めた新業態ショップを展開
  ◇シニア向け商品の拡充
  ◇製造体験
  ◇2020 年、コロナ禍においてレザーソムリエ資格試験を実施。累計855 名(第1~4 回)のレザーソムリエが誕生

図.鞄・袋物 小売総市場規模推移(金額ベース)
表.鞄・袋物 小売総市場規模推移(金額ベース)
図.鞄・袋物 分野別小売総市場規模推移(金額ベース)
図表.鞄・袋物 有力企業6 社のシェア(2019 年度)
図表.流通チャネル別の鞄・袋物小売市場規模推移
図表.流通チャネル別のシェア変化(2014 年度→2019 年度)

②サービス産業白書2021 (65~79ページ)
  ~運輸・交通関連サービス~

<注目市場 宅配便・メール便>
TOPIC
・業界概要
・市場規模
・業界動向
2020 年4 月調査の再配達8.5%、コロナ禍での外出自粛要請等が影響も
PUDO など宅配ロッカーの整備進む、置き配での受け取りや集荷のスタイルが多様化
PICK UP
・ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便
・今後の展望
<注目市場 タクシー>
TOPIC
・業界概要
・市場規模
・業界動向
デジタル化・IT 化の推進でサービス向上
MaaS 社会における新たなOOH(屋外・交通広告)の活用
相乗りタクシーの動きも活発化、実証実験多数
PICK UP
スマホ専用アプリで拡大する配車サービス
今後の展望

図表.宅配便取扱個数(トラック)の推移
表.宅配便(トラック)取扱個数
表.メール便取扱冊数
図.宅配便取扱企業シェア
図.メール便取扱企業シェア
図.宅配便再配達率の調査結果(2017年10月~2020年4月)
表.宅配便・メール便 上位3 社の部門売上高
図表.タクシー 全国の事業者数及び車両台数の推移
図表.法人タクシーの輸送人員、営業収入、車両台数推移
表.タクシー・ハイヤー 上位企業の2019 年度売上高
図.無線配車回数の推移
表.主なタクシー配車アプリ展開例

スポーツビジネス分析

2020年12月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (80~86ページ)

1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/チャネル別前年同月比/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル

データファイル

月次データファイル (87~97ページ)

(1)家計消費支出の動き(令和3年1月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(令和3年1月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和3年1月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和3年1月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和2年12月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和3年1月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和2年12月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和3年1月分-日本SC協会

ヤノニュース 2021年2月

 内容目次 

特集

冷感ウェア・電熱ウェア市場の動向 (2~10ページ)

1 冷感ウェア市場規模予測
2 電熱ウェア市場規模予測
3 チャネル動向
4 冷感ウェア・電熱ウェアの課題・問題点

図.冷感ウェア市場規模推移
図.電熱ウェア市場規模推移
図.冷感ウェア
図.電熱ウェア

業界動向

SC年間新規開業は40で前年より減、2020年SC開業動向 (11~20ページ)
2020年国内SC総数は3,207、前年より2SC減

◆2020年オープンSCの特徴
◆2020年のSC売り上げ動向

図.年別・地域別オープン数推移図
表.2020年オープン、閉鎖を加味した国内SCの差し引き総数
図.地域別オープンSC数推移図
表.都道府県別オープン数ベスト5
表.SCの平均店舗面積と平均テナント数
図.1テナント当り平均面積の推移
図.オープンSCの店舗面積別構成
図.オープンSCのテナント数業種構成比
図.オープンSCのテナント数業種構成比(5分類)
図.既存SC売上高対前年同月比の推移(2020年1~11月)
図.既存SC売上高対前年同月比の推移・都市規模別(2020年1~11月)
図.既存SC売上高対前年同月比の推移・立地別(2020年1~11月)
図.SC総売上高と1SC当たりSC売上高推移
表.2020年オープンのSC等商業施設
表.2021年 オープン予定のSC等商業施設

業界レポート

①トイレタリー用品マーケティング総鑑2020 (21~38ページ)
~サニタリー関連の動向~

<ウェットティッシュ>
  1.市場動向 2.企業動向 3.展望と課題 4.主要品目
<タオルペーパー>
  1.市場動向 2.企業動向 3.展望と課題 4.主要品目
<トイレットペーパー>
  1.市場動向 2.企業動向 3.展望と課題 4.主要品目
<クッキングペーパー>
  1.市場動向 2.企業動向 3.展望と課題 4.主要品目
<家庭用マスク>
  1.市場動向 2.企業動向 3.展望と課題 4.主要品目

図表.ウェットティッシュの市場規模推移(2015~2020年度見込)(メーカー出荷ベース)
図表.ウェットティッシュのメーカーシェア状況(2018~2019年度)(メーカー出荷金額ベース)
図表.タオルペーパーの市場規模推移(2015~2020年度見込)(メーカー出荷金額ベース)
図表.タオルペーパーのメーカーシェア状況(2018~2019年度)(メーカー出荷金額ベース)
図表.トイレットペーパーの市場規模推移(2015~2020年度見込)(メーカー出荷金額ベース)
図表.トイレットペーパーのメーカーシェア状況(2018~2019年度)(メーカー出荷金額ベース)
図表.クッキングペーパーの市場規模推移(2015~2020年度見込)(メーカー出荷金額ベース)
図表.クッキングペーパーのメーカーシェア状況(2018~2019年度)(メーカー出荷金額ベース)
図表.家庭用マスク市場規模推移(2015~2020年度見込)(メーカー出荷ベース)
図表.家庭用マスクのメーカーシェア状況(2018~2019年度)(メーカー出荷金額ベース)

②スポーツアパレル市場動向調査2021 (39~56ページ)
~国内出荷市場の動向~

・スポーツアパレル国内出荷市場の動向
 2020年は新型コロナウイルスの影響を受け、全カテゴリーで前年を下回る見込み
 アウトドアウエアがトレーニングウエアを抜き、最大の出荷金額となる見込み
 <カテゴリー別の概況>
 トレーニングウエア、ライフスタイルウエア、ゴルフウエア、
 アウトドアウエア、サッカー・フットサルウエア、テニスウエア、
 野球・ソフトボールウエア、スイムウエア、スキー・スノーボードウエア、
 バスケットボールウエア、陸上競技・ランニングウエア
・スポーツアパレル国内出荷市場の今後
 2020 春夏物の多くが2021 年へ持ち越しされる見込み
・スポーツアパレル小売市場の現状と今後

表.スポーツアパレル業態別国内出荷金額推移
表.2020年カテゴリー内市場占有率

③ギフト市場白書2020 (57~63ページ)
~チャネル別動向~

・チャネル別動向
・チャネル別市場規模
・百貨店
・GMS、スーパー
・専門店
・通販・インターネット
・ソーシャル

図.チャネル別ギフト市場規模推移
表.チャネルとギフトの特性
図.チャネル別シェア推移

スポーツビジネス分析

2020年11月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (64~70ページ)

1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/チャネル別前年同月比/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル

データファイル

月次データファイル (71~81ページ)

(1)家計消費支出の動き(令和2年12月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(令和2年12月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和2年12月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和2年12月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和2年11月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和2年12月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和2年11月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和2年12月分-日本SC協会

ヤノニュース 2021年1月

 内容目次 

新春特集企画

<巻頭言>2021年、“短縮された未来”を追い越し、再び輝きを (3~4ページ)
株式会社 矢野経済研究所 代表取締役社長 水越 孝

■年頭に寄せて~所感と経営トップへのアンケートによる2021 年展望 (5~26ページ)
〔年頭所感〕

  日本ショッピングセンター協会 会長 清野 智 氏
  日本百貨店協会 会長 村田 善郎 氏
  日本チェーンストア協会 会長 小川 信行 氏

〔注目繊維・流通小売業トップの2021 年展望〕
  株式会社FABRIC TOKYO 三嶋 取締役執行役員CFO
  アラマークユニフォームサービスジャパン株式会社 西村 社長
  イオンモール株式会社 岩村 社長
  株式会社オンワードホールディングス 保元 社長
  株式会社三陽商会 大江 社長
  株式会社スクロール 堀田 会長
  タビオ株式会社 越智 社長
  株式会社ユナイテッドアローズ 竹田 代表取締役 社長執行役員
  株式会社ワークマン 小濱 社長

◇弊社研究員による2021 年の20 業界予測 (27~38ページ)

2021 年の各業界(市場)が上向く(微増)のか、横ばいなのか、あるいは下降(下向き・微減)するのかで予測し、2021 年の業界の見通しと注目される事柄についてまとめた。

2021年を予測した20の業界
①アパレル業界
②インナーウェア業界
③ユニフォーム業界
④ギフト業界
⑤スポーツ用品業界
⑥ブライダル業界/挙式披露宴市場
⑦化粧品業界
⑧エステティックサロン業界
⑨玩具業界
⑩教育業界
⑪時計業界
⑫通信販売業界
⑬宝飾・アクセサリー業界
⑭健康食品業界
⑮サブスクリプション業界
⑯ショッピングセンター業界
⑰アウトレットモール業界
⑱ペット業界
⑲コインランドリー業界
⑳外食業界

特集
業界関係者による2021 年流通業界予測と成長ファッションショップの評価調査 (39~68ページ)

調査概要
1.流通小売市場の動向について―アンケート調査のまとめ
今回行ったアンケート調査前半の設問は次の8 つである。
(1)2021年の消費動向について
(2)東京近郊、郊外に移住する傾向が強まっている背景について
(3)今年度(2020年度)の売上高の予想について
(4)来年度(2021年度)の売上高予想について
(5)国内のアパレル製品の消化率(数量ベース)について
(6)新型コロナウイルス感染症の終息について
(7)2021 年に注目しているターゲットゾーン(年齢層)について
(8)2021 年小売業態別の売り上げ予測
2.ファッションショップ(テナント)評価のまとめ
・長期的に安定成長が見込めると評価されたショップランキング
2021年流通小売業界予測と成長ファッションショップに対する評価調査結果
1.流通小売市場の動向について
(1)流通小売関連市場における2021年の消費動向について
(2)東京近郊、郊外に移住する傾向が強まっている背景について
(3)今年度(2020年度)の売上高の予想について
(4)来年度(2021年度)の売上高予想について
(5)国内のアパレル製品の消化率(数量ベース)について
(6)新型コロナウイルス感染症の終息について
(7)2021年に注目しているターゲットゾーン(年齢層)について
(8)2021 年小売業態別の売り上げ予測
2.ファッションショップに関する評価について
(1)注目しているショップ
(2)コストパフォーマンスが高いと思うショップ
(3)広告・宣伝戦略が優れていると思うショップ
(4)店舗のディスプレイなどショップの見せ方で優れていると思うショップ
(5)チェーンオペレーションに優れていると思うショップ
(6)接客など顧客サービスに優れていると思うショップ
(7)今、デベロッパーからの出店要請が多いと思うショップ
(8)売り上げが安定していると思うショップ
(9)成長力に陰りが出てきたと思うショップ
(10)長期的に安定成長すると思うショップ
・その他、注目しているショップ(自由回答)

図.回答者の業種別内訳
図.回答者の業種別件数
表.注目しているターゲットゾーン(年齢層)
表.前回調査(2020 年 好調な小売業と厳しい小売業)
表.今回調査(2021 年 好調な小売業と厳しい小売業)
表.評価対象とした26 のショップ
表.26ショップに対する10 つの評価項目
図.小売業評価のレーダーチャート
図.流通小売関連市場における2021年の消費動向について(SA)
図.流通小売関連市場における2021年の消費動向について(SA)≪構成比≫(n=53)
図.東京都人口の転出傾向の背景(複数回答・3つまで)
図.東京都人口の転出傾向の背景(複数回答・3つまで)≪構成比≫(n=53)
図.今年度(2020年度)の売上高予想(対前年比)
図.今年度(2020年度)の売上高予想(対前年比)≪構成比≫(n=53)
図.来年度(2021年度)の売上高予想(対前年比)
図.来年度(2021年度)の売上高予想(対前年比)≪構成比≫(n=53)
図.国内のアパレル製品の消化率(数量ベース)(SA)
図.国内のアパレル製品の消化率(数量ベース)(SA)≪構成比≫(n=53)
図.新型コロナウイルス感染症の終息はいつ?(SA)
図.新型コロナウイルス感染症の終息はいつ?(SA)≪構成比≫(n=53)
図.≪構成比≫2021年に注目しているターゲットゾーン(年齢層)について
図.2021年小売業態別の売り上げ予測
図.注目しているショップ
図.コストパフォーマンスが高いと思うショップ
図.広告・宣伝戦略が優れていると思うショップ
図.店舗のディスプレイなどショップの見せ方で優れているショップ
図.チェーンオペレーションに優れると思うショップ
図.接客など顧客サービスに優れると思うショップ
図.今、デベロッパーからの出店要請が多いと思うショップ
図.売上のバラツキがなく安定していると思うショップ
図.成長力に陰りが出てきたと思うショップ
図.長期的に安定成長すると思うショップ

業界レポート
エステティックサロンマーケティング総鑑2021年版 (69~82ページ)
~有力エステティックサロンチェーンの企業戦略分析~

・有力エステティックサロンチェーンの企業戦略分析
1.施術・物販別販売状況
2.注力する施術分野
3.顧客ターゲットと顧客管理の傾向
4.出店戦略
5.広告・販売促進策
6.今後の市場戦略

図.有力サロンの施術別売上構成比(2020 年度見込)
図.有力エステティックサロンチェーンの主要顧客ターゲット
表.有力エステティックサロンチェーンの出店戦略
表.有力エステティックサロンチェーンの広告・販売促進戦略
表.有力エステティックサロンチェーンの今後の市場戦略

スポーツビジネス分析
2020年10月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (83~89ページ)

1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/チャネル別前年同月比/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル

データファイル

月次データファイル (90~100ページ)

(1)家計消費支出の動き(令和2年11月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(令和2年11月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和2年11月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和2年11月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和2年10月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和2年11月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和2年10月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和2年11月分-日本SC協会