ヤノニュース

ヤノニュース 昭和33年の創刊以来、百貨店、ショッピングセンター、各種小売業の調査・分析や、アパレル、ファッション、ジュエリー・アクセサリー、スポーツなどを中心に注目企業、成長市場を網羅した月刊調査レポート。
  • 発刊要領
    • 資料体裁:B5判版 約90~100ページ
    • 商品形態:PDFファイル
    • 発刊頻度:月1回発刊(年12回)
    • 販売価格:72,000円(税別)(1ヵ年)
      ※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

見本誌はこちら >> 内容見本

購入申込 お問い合わせはこちら 送付先/請求先の変更

定期購読者(年間購読者)ヤノニュースPDF商品ダウンロード

定期刊行物『ヤノニュース』は、PDF商品です。
毎号パスワードをメールにてご連絡します。
該当号のパスワードを入力し、PDF商品をダウンロードしてください。

PDF商品ダウンロードはこちら >> PDF閲覧

ご購読者限定 メール配信サービスのご案内

『ヤノニュース』ご購読者限定のメール配信サービスです。
誌面だけでは伝わらないお役に立つ情報をご提供いたします。

メール配信サービス概要

  • ヤノニュースに掲載した企業様の取材後記
  • ヤノニュースに掲載したデータ提供
  • ヤノニュース及び調査関連業務に関する無料ご相談
  • 矢野経済研究所が発刊する資料のご案内・・・etc

最新号

ヤノニュース 2017年7月

 トピックス 

●注目企業分析
株式会社エボラブルアジア
~2016年のマザーズ上場後、さらに東証一部へ市場変更
 航空券や民泊など旅行サービスの総合プラットフォームの展開強化~

株式会社エボラブルアジアは2007年(平成19年)設立の、インターネットでの航空券販売といったオンライン旅行サービスや、海外スタッフによるシステム開発サービスなどを提供している東京の会社である。
同社の国内向け旅行サービスは、国内航空券を主力とし、フルサービスキャリアから格安航空会社(LCC)まで、国内の航空会社グループ14社全てと代理店契約を結ぶことで、航空券の調達能力を高めている。近年は、訪日外国人旅行客を対象とした旅行サービスの充実も図っており、航空券の販売ほか、2017年は、新たにキャンピングカーのレンタルや外貨両替店舗の展開といった事業を同社グループで開始した。
このほか、国内旅行客、訪日外国人旅行客双方を対象に、個人住宅への宿泊(民泊)予約サービスの提供、また、国内・海外航空券購入や民泊の予約といったオンライン旅行サービスの総合プラットフォーム「AirTrip(通称エアトリ)」の強化を図っている。

 内容目次 

●商圏調査分析
注目商業施設の来店客評価調査(72)《調査対象施設:大名古屋ビルヂング》 (2~12ページ)
〔注目商業施設の来店客評価調査の概要〕

今回の調査概要/今回の調査モニタ
大名古屋ビルヂングの施設概要
今回の調査の設問内容
調査結果ダイジェスト
大名古屋ビルヂング 調査結果のポイント

●注目企業分析
①株式会社エボラブルアジア (13~18ページ)

2016年のマザーズ上場後、さらに東証一部へ市場変更
航空券や民泊など旅行サービスの総合プラットフォームの展開強化
(1)事業概要・規模
(2)直販サイトを中心に、旅行予約サービスを拡充
(3)ポイント還元を強みとする総合プラットフォームサービスの立ち上げ
(4)海外旅行サービス事業者との業務提携で、訪日観光客向け旅行事業を充実

図.オンライン旅行事業 セグメント業績推移
図.2016年度 販路別取扱高(百万円)

②ユナイテッド&コレクティブ株式会社 (19~22ページ)
2017年2月、東証マザーズへ上場
2020年度末までに200店舗の出店を目指す
(1)事業概要・規模
(2)チェーン店舗ごとの仕込み、調理の高品質化とコスト効率化の両立
(3)2020 年度末までに200 店舗の出店図る

図.ユナイテッド&コレクティブの運営する飲食店舗数推移

●業界レポート
①ネット通販市場白書2017 (23~36ページ)
~Eコマース市場動向~

1.ネット通販と物流市場
 Eコマース市場規模(BtoC)とセグメント別のBtoC EC 市場規模
2.ネット通販と物流市場
(1)ネット通販ビジネスにおける陸運物流動向
(2)陸運主要3社の動向
 ヤマトホールディングス(ヤマト運輸)
 SGホールディングス(佐川急便)
 日本郵便
(3)宅配便における再配達問題

図表.日本におけるBtoC ECのEC市場規模推移
図.小売市場主要業態とネット通販・サービス市場規模の推移
表.物販系分野のBtoC-EC市場規模
表.サービス分野のBtoC-EC市場規模
表.デジタル分野のBtoC-EC市場規模
図.物販系分野のBtoC-EC市場規模
図.サービス分野のBtoC-EC市場規模
図.デジタル分野のBtoC-EC市場規模
図.2015年度宅配便(トラック)取扱個数
図.宅配便(トラック)取扱個数(国土交通省調べ)
図.宅配便取扱個数(トラック)の推移
表.宅配便(トラック)取扱個数(国土交通省調べ)
表.メール便取扱冊数(国土交通省調べ)
表.宅配便企業の売上高推移
図表.ヤマトホールディングス(株)の業績推移
図表.SGホールディングスの業績推移(連結)
図表.日本郵便の郵便、ゆうメール及びゆうパック取扱物数の推移
図.再配達の発生状況(国土交通省調査より)
表.宅配3社の宅配ロッカーへの対応状況

②DIY・ホームセンター市場の展望と戦略2017 (37~54ページ)
~ホームセンター市場の有力企業の事業戦略の動向~

ホームセンター市場の有力企業の事業戦略
(1)商品戦略
(2)出店戦略
(3)ネット販売の取り組み
(4)海外展開
(5)課題・問題点
(6)今後の事業の方向性や注力分野

表.ネット通販の展開状況

③フィットネス機器市場の動向 (55~61ページ)
2016年度の市場規模は対前年度比95.6%の493億5,000万円、
オークローンマーケティング「スレンダートーン」に代表されるEMS機器が好調

1.市場概況
2.製品別市場規模推移(2012~2016年度)
3.ブランドメーカーシェア(2016年度)
4.注目カテゴリー‘EMS機器’のブランドメーカーシェア(2016年度)
5.注目カテゴリー‘ステッパー機器’のブランドメーカーシェア(2016年度)
6.今後の市場見通し

表.フィットネス機器市場年表
図表.製品別市場規模推移(2012~2016年度)~ブランドメーカー出荷金額ベース~
図表.ブランドメーカーシェア(2016年度)~ブランドメーカー出荷金額ベース~
図表.EMS機器のブランドメーカーシェア(2016年度)~ブランドメーカー出荷金額ベース~
図表.ステッパー機器のブランドメーカーシェア(2016年度)~ブランドメーカー出荷金額ベース~

●商圏リサーチ
東京23区のエリア・マーケティング商圏調査にみる地域特性の基礎データ (62~69ページ)
~対象エリア「目黒区」~

【目黒区の概要】
(1)目黒区の人口・世帯の状況―エリアで見る目黒区町丁別人口
 目黒区エリア別の特徴
 目黒区の区分図
(2)目黒区鉄道利用及び道路交通状況
 鉄道利用の状況
(3)商業及び商業集積地の状況

表.目黒区の人口・世帯数推移
表.目黒区の総人口・及び年齢別人口
図.目黒区 年齢3区分(比率)推移
図.目黒区の区分図
表.目黒区の人口・世帯数の推移
表.エリア別の人口総数推移
表.エリア別の世帯数推移
図.目黒区内 一日平均乗客数
 目黒駅
 五反田駅
 大崎駅
 大井町駅
 中目黒駅
 自由が丘駅
 私鉄・地下鉄(乗降客数)
(3)商業及び商業集積地の状況
図表.目黒区の商業統計(事業所数、従業者数、年間商品販売額(百万円)、売場面積㎡)
 目黒区内の商業施設

●スポーツビジネス分析
2017年4月期スポーツシューズブランドシェア動向 (70~76ページ)

1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/ブランド別動向/チャネル別前年同月比/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル

●データファイル
月次データファイル (77~87ページ)

(1)家計消費支出の動き(平成29年5月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(平成29年5月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(平成29年5月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(平成29年5月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(平成29年4月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(平成29年5月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(平成29年4月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-平成29年5月分-日本SC協会

購読に関するご注意

  • ご購読は1年単位の年間購読となります。
  • 年間のご購読料は72,000円[税別]です。
  • 請求書はお申込み後に送付いたします。お支払いは、請求書に記載の銀行口座にお振込みください。
  • 途中解約による購読料の残金はご返金いたしませんので、予めご了承下さい。
  • 次回のご購読は自動継続となります。本購読期間が終了する前に、次回の年間購読に関するご案内・ご請求書を送付いたします。購読を継続しない場合は、その時点でご連絡ください。
  • ご送付先・ご請求先に変更が生じた場合は、『定期刊行物 送付先/請求先の変更』よりご連絡ください。
  • 本誌は、一般書店でのご購入はできません。