ヤノニュース

ヤノニュース 昭和33年の創刊以来、百貨店、ショッピングセンター、各種小売業の調査・分析や、アパレル、ファッション、ジュエリー・アクセサリー、スポーツなどを中心に注目企業、成長市場を網羅した月刊調査レポート。
  • 発刊要領
    • 資料体裁:B5判版 約90~100ページ
    • 発刊頻度:月1回発刊(年12回)
    • 販売価格:72,000円(税別)(1ヵ年)
      ※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

見本誌はこちら >> 内容見本

購入申込 お問い合わせはこちら 送付先/請求先の変更

最新号

ヤノニュース 2016年5月

 トピックス 

●業界レポート
新日本プロレスが業界初の新卒会社説明会を開催
“聖地”後楽園ホールで開催、創立44年目にして初の試み

プロレス界のリーディングカンパニー・新日本プロレスは2016年4月12日、東京・後楽園ホールで「2017年度3月採用新卒会社説明会」を開催した。これは、同社としても業界としても初の試みで、説明会終了後の13日にはヤフーのトップニュースにも掲載されるなど、各媒体でこの模様が取り上げられ、話題を集めた。

<会社説明会レポート>
説明会では、まず大型スクリーンにて44年間に及ぶ新日本プロレスの旗揚げから黄金時代、総合格闘技ブームによる低迷期、そして近年のプロレス人気によるV字回復をダイジェストで紹介した。
その後、新日本プロレス執行役員社長の原田克彦氏が登壇し、「学生の皆さんに当社をより深く理解してもらうために、選手や社員が普段、汗を流して仕事をしている後楽園ホールで、会社説明会を開催することとした」と後楽園ホールでの開催経緯を語り、「写真や映像だけを見て、ただ頭の中で理解するのではなく、試合の雰囲気や選手たちの躍動感あふれる動きを実際に見てプロレスの醍醐味を味わってもらい、プロレスそのものの魅力に触れてもらった上で、入社を真剣に考えてもらいたい。来年の今頃には、皆さんの中のどなたかが当社社員の一員となり、一緒に机を並べて仕事ができることを心待ちにしている」と挨拶した。
次に会社説明では、同社取締役管理部長の西澤道昭氏が経営信条、売上・経常利益推移、事業内容、仕事内容、福利厚生などを紹介。その中で、求める人物像について「バイタリティがあり、行動力、積極性のある人」「課題の本質がわかり、整理ができる人」「プロレスを『仕事』として捉えていける人」の3点を挙げた。
また、今回募集する営業職については、「興行をトータル的にアレンジする仕事。非常にやりがいがあると思う」と説明し、将来的には様々な仕事をこなす“スーパージェネラリスト”を目指して欲しいと参加者たちへ呼びかけた。

 内容目次 

●商圏調査分析
 注目商業施設の来店客評価調査(69) (2~13ページ)

 調査対象施設:イオンモール沖縄ライカム
・注目商業施設の来店客評価調査の概要
・今回の調査概要
・イオンモール沖縄ライカムの施設概要
・今回の調査の設問内容
・調査結果のダイジェスト
・イオンモール沖縄ライカム 調査結果のポイント

●注目企業分析
 森商事株式会社 (14~21ページ)
 “今治ブランド”だけに頼らない、独自素材による高級タオルを製造
 デザイン会社と協力した、独自ブランドが注目
(1)事業概要・規模
(2)商品の流通チャネル
(3)商品展開・商品動向
(4)開発動向(独自素材、漂白技術、太陽光発電システムの導入)
(5)今後の見通し

●業界レポート
①純正日本製であるJ∞QUALITY事業の目的と現状 (22~27ページ)

 一般社団法人日本ファッション産業協議会の主要事業の取組み
1.一般社団法人日本ファッション産業協議会設立の目的
2.「J∞QUALITY」事業の狙いと目的
3.「Jクオリティー」具体的な活動内容
4.「Jクオリティー」の今後の活動予定

②レディスLサイズウェア市場の動向 (28~44ページ)
1.国内レディスLサイズウェア市場の対象顧客規模
2.日本人女性の体型変化についての考察
3.国内レディスLサイズウェア市場対象人口の将来予測
4.国内レディスLサイズウェア市場における小売市場規模推計
5.国内レディスLサイズウェア市場における販路(チャネル)別の状況
6.国内レディスLサイズウェア市場における将来予測

表.レディスLサイズウェア市場の対象者(定義)
図.BMI判定の体格イメージ
表.レディスLサイズウェア市場の対象顧客数(人口)
図表.レディスLサイズウェア対象顧客規模(人口)の年代別グラフ
図表.成人女性における年代別BMI指数確立密度曲線
表.日本人女性の体型変化に対する考察まとめ
図表.女性の平均身長・平均体重・BMI状況の伸び率
図表.レディスLサイズウェア市場における対象顧客数(人口)の将来予測(※過体重+肥満人口の将来予測)
図.レディスLサイズウェア市場における対象顧客人口の年代別構成比の変化(10年後、及び20年後)
表.市場の定義
表.国内レディスLサイズウェアの小売市場規模(2015年)
表.国内レディスLサイズウェアのセグメント別マーケットシェア
図表.レディスLサイズウェア総小売市場規模推移(国内/金額ベース)
表.レディスLサイズウェア市場規模の推定方法
図表.レディスLサイズウェア販路(チャネル)別の市場規模推移
表.レディスLサイズウェア市場規模の将来予測
図.レディスLサイズウェア総市場規模の成長性
図.レディスLサイズウェア販路(チャネル)別の成長性

③新日本プロレスが業界初の新卒会社説明会を開催 (45~54ページ)
 “聖地”後楽園ホールで開催、創立44年目にして初の試み

企業概要/業績推移/事業概要/業績概況/事業戦略/会社説明会レポート
新卒採用支援の市場
1.市場動向
2.注目動向
3.展望及び課題

図表.新卒採用支援の市場規模推移
表.市場概況・ビジネス環境
表.”後ろ倒し”が各市場に与える影響について

④SPAマーケット総覧2015-2016 (55~74ページ)
・SPA市場の概要
・SPA型企業の動向と特徴

図.年間オープンSC数の推移
図.アパレル総小売市場の業態別シェア推移
図.アパレル総小売市場のチャネル別成長率(2000年=100)
表.専門店とアパレルの上位企業 売上高一覧
表.SPA企業を取り巻く流れと代表的企業
図.アパレル小売市場の業態別シェア(2014年度)
図表.国内アパレル総小売市場規模推移
図.チャネル別市場規模推移
表.アパレル総小売市場規模のチャネル別推移
表.アパレル総小売市場規模の業種別推移
図.チャネル別推移グラフ
図.業種別推移グラフ
図.ショッピングセンターの売上高推移
図.アパレル関連専門店上位企業(2014年度売上高800億円以上)売上高と店舗数
表.2014年度 アパレル専門店 前期比10.0%増加以上の企業(売上高20億円以上)
表.主なアパレル専門店企業の2014年度業績(売上高30億円以上)

⑤靴・履物産業年鑑2016年版 (75~88ページ)
 靴・履物業界の動向

1.靴・履物業界の概況
(1)2014年・2015年の靴・履物市場の動向
(2)2014年度の市場規模、2015年度の市場規模予測
(3)アイテム別概況
(4)流通チャネル別の状況
①百貨店②GMS③靴専門店④スポーツ専門店⑤その他
(5)靴・履物業界の今後の対応

表.靴・履物市場規模推移
図.靴・履物市場の対前年比と成長率(95年=100)推移
表.靴・履物のアイテム別市場規模推移(小売ベース)
図.アイテム別伸長率(2003年度=100)
表.靴・履物の販売チャネル別市場規模推移(小売ベース)
図.靴・履物市場 チャネル別伸張率(2003年度=100)

⑥2016年版 スポーツ産業白書 (89~101ページ)
 スポーツ用品小売市場の現状と今後

(1)スポーツ用品小売市場の現状
①スポーツ量販店
②スポーツ専門店
③百貨店
④その他
(2)スポーツ用品小売市場の今後

●スポーツビジネス分析 2016年2月期
スポーツシューズブランドシェア動向 (102~106ページ)

1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/チャネル動向/ブランド動向/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル

●データファイル (107~117ページ)
月次データファイル

(1)家計消費支出の動き(平成28年3月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(平成28年3月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(平成28年3月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(平成28年3月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(平成28年2月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(平成28年3月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(平成28年2月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-平成28年3月分-日本SC協会

購読に関するご注意

  • ご購読は1年単位の年間購読となります。
  • 年間のご購読料は72,000円[税別]です。
  • 請求書はお申込み後に送付いたします。お支払いは、請求書に記載の銀行口座にお振込みください。
  • 途中解約による購読料の残金はご返金いたしませんので、予めご了承下さい。
  • 次回のご購読は自動継続となります。本購読期間が終了する前に、次回の年間購読に関するご案内・ご請求書を送付いたします。購読を継続しない場合は、その時点でご連絡ください。
  • ご送付先・ご請求先に変更が生じた場合は、『定期刊行物 送付先/請求先の変更』よりご連絡ください。
  • 本誌は、一般書店でのご購入はできません。