ヤノニュース

ヤノニュース 昭和33年の創刊以来、百貨店、ショッピングセンター、各種小売業の調査・分析や、アパレル、ファッション、ジュエリー・アクセサリー、スポーツなどを中心に注目企業、成長市場を網羅した月刊調査レポート。
  • 発刊要領
    • 資料体裁:B5判版 約90~100ページ
    • 商品形態:PDFファイル
    • 発刊頻度:月1回発刊(年12回)
    • 販売価格:72,000円(税別)(1ヵ年)
      ※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

見本誌はこちら >> 内容見本

購入申込 お問い合わせはこちら 送付先/請求先の変更

定期購読者(年間購読者)ヤノニュースPDF商品ダウンロード

定期刊行物『ヤノニュース』は、PDF商品です。
毎号パスワードをメールにてご連絡します。
該当号のパスワードを入力し、PDF商品をダウンロードしてください。

PDF商品ダウンロードはこちら >> PDF閲覧

ご購読者限定 メール配信サービスのご案内

『ヤノニュース』ご購読者限定のメール配信サービスです。
誌面だけでは伝わらないお役に立つ情報をご提供いたします。

メール配信サービス概要

  • ヤノニュースに掲載した企業様の取材後記
  • ヤノニュースに掲載したデータ提供
  • ヤノニュース及び調査関連業務に関する無料ご相談
  • 矢野経済研究所が発刊する資料のご案内・・・etc

最新号

ヤノニュース 2017年11月

 トピックス 

●注目業界動向
空間ビジネスマーケット動向

近年、オフィスビルやマンションといった賃貸不動産を、従来型のオフィスや住まいとして活用するだけではなく、新たな「空間活用ビジネス」が増加している。

例えば、オフィスビルの空室活用として注目される「貸し会議室」の市場が伸びている。ITの発達によって、外出先でも社内と同じように働ける環境が整ったことで、「個人向けレンタルオフィス」の利用も増えている。本誌でも取り上げた「コインランドリー」は、サラリーマンの副業としていまだ関心は高い。また、収納スペースに限りのある住宅事情の影響で「トランクルーム」の施設数も伸びている一方で、「保育園」や「病児保育室」など、女性就労を支えるべきスペースはまだまだ足りていない。このように、エリア特性に合わせた様々な空間ビジネスが展開され始めている。

矢野経済研究所は、このほど「『空間ビジネスマーケット総覧』~遊休不動産利活用の実態と成長ポテンシャル~」を新規発刊した。今回は、新刊から一部抜粋して、空間ビジネスの様々な展開状況を紹介したい。

 内容目次 

●注目業界動向
空間ビジネスマーケット動向 (2~14ページ)


<レンタルオフィス市場>
1.市場定義 2.市場規模 3.サービスの種類、特徴 4.近年のトピック
<貸し会議室市場>
1.市場定義 2.市場規模 3.サービスの種類、特徴 4.近年のトピック
<レンタルデスク(有料自習室)市場>
1.市場定義 2.サービスの種類、特徴 3.近年のトピック
<貸し会議室動向>
~マックスパートが「フクラシア 丸の内オアゾ」を新規オープン~

図表.レンタルオフィス市場規模推移
表.サービスの種類 特徴
図表.貸し会議室市場規模推移
図.フロア図

●決算企業レポート
2017年10月決算企業レポート (15ページ)


2017年8月期決算の会社のうち、小売業3社の決算状況を中心にレポートする。
①株式会社ANAP(小売業)
②株式会社ハピネス・アンド・ディ(小売業)
③株式会社ほぼ日(小売業)
<決算内容の要旨>
①業績 ②前期決算のポイント ③今期方針のポイント

●株式会社ANAP (16~22ページ)

◇事業の特徴
◇事業の強み、弱み
◇2017年8月期決算の要旨
(1)事業・業績概要(企業概要/業績推移)
(2)財務面の主なトピック
(3)前期の主な事業施策
(4)今年度の予定施策・業績面の課題
(5)事業分析(同社の強み、弱み/外部競合分析)
◇想定される同社の競合先

図表.基本業績指標
表.流動性・健全性・収益性各種比率
表.セグメント別業績指標
図.期末時点実店舗数推移
表.販路別取扱いブランド一覧
図.販路別売上高構成比推移
図.ジャンル別売上高構成比(※2015年度時点)

●株式会社ハピネス・アンド・ディ (23~28ページ)

◇事業の特徴
◇事業の強み、弱み
◇2017年8月期決算の要旨
(1)事業・業績概要(企業概要/業績推移)
(2)財務面の主なトピック
(3)前期の主な事業施策
(4)今年度の予定施策・業績面の課題
(5)事業分析(同社の強み、弱み/外部競合分析)

図表.基本業績指標
表.流動性・健全性・収益性各種比率
図.期末時点店舗数推移
図.チャネル別EC売上高
図.PB商品売上高推移
表.同社PB区分
表.想定される同社の競合先   

●株式会社ほぼ日 (29~34ページ)

◇事業の特徴
◇事業の強み、弱み
◇2017年8月期決算の要旨
(1)事業・業績概要(企業概要/業績推移)
(2)財務面の主なトピック
(3)前期の主な事業施策
(4)今年度の予定施策・業績面の課題
(5)事業分析(同社の強み、弱み/外部競合分析)

図表.基本業績指標
表.流動性・健全性・収益性各種比率
表.セグメント別業績指標
図.事業関連グラフ
表.想定される同社の競合先

●業界レポート
①ギフト市場白書2017 (35~58ページ)
  ~ギフト総市場の市場規模推移と予測~


1.ギフト市場規模推移
2.ギフトの定義
3.分類別市場規模推移
(1)オケージョン別市場動向

図表.ギフト市場規模推移
表.ギフト市場区分
表.具体的なオケージョン(贈答機会)
表.タブーとされる贈り物の例
表.ギフトのしきたりの例
表.地方のしきたりの例
表.オケージョン別市場規模
表.オケージョン別ギフト市場規模推移
図.オケージョン別シェア推移
表.パーソナルギフトの価格帯と贈答割合
表.主要オケージョン別市場規模
表.法人ギフトの価格帯と贈答割合
表.記念日(ギフトオケージョン)一覧

②アパレル産業白書2017 (59~72ページ)
  ~メンズスーツ、レディススーツ動向~

・メンズスーツの市場規模推移
・メンズスーツの消費動向
・メンズスーツの輸入動向
・メンズスーツの企業動向
(1)メーカーの動向
(2)小売業の動向(百貨店、専門店)
・レディススーツの市場規模推移
・レディススーツの消費動向
・レディススーツの輸入動向

表.メンズスーツの小売市場規模推移と国内供給数量の推移
表.メンズスーツの数量データ
表.メンズスーツの金額データ
表.メンズスーツのチャネル別小売市場
表.メンズスーツの1世帯当たりの年間支出金額と購入数量の推移<二人以上の世帯>
図.メンズスーツの1世帯当たりの年間支出金額と推移(二人以上の世帯)
表.平均輸入単価
表.メンズスーツの輸入数量
図表.メンズスーツのマーケットシェア
図.レディススーツの小売市場規模と国内供給数量の推移
表.レディススーツの数量データ
表.レディススーツの金額データ
表.レディススーツのチャネル別小売市場
表.レディス重衣料の1世帯当たりの年間支出金額の推移<二人以上の世帯>
図.レディス重衣料の1世帯当たりの年間支出金額と推移(二人以上の世帯)
表.レディスーツの輸入数量

●展示会レポート
アツギが2018春夏展示会を開催 (73~78ページ)

今年で設立70 周年を迎え、アツギブランドの構築とあらゆる女性に寄り添った商品を企画

2018年春夏レッグ企画概要について
レッグ主力商品企画
2018年春夏インナー企画概要について
チャネル戦略・中期戦略について

●スポーツビジネス分析 2017年8月期
スポーツシューズブランドシェア動向 (79~85ページ)

1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/ブランド別動向/チャネル別前年同月比/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル

●データファイル
月次データファイル (86~96ページ)


(1)家計消費支出の動き(平成29年9月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(平成29年9月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(平成29年9月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(平成29年9月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(平成29年8月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(平成29年9月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(平成29年8月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-平成29年9月分-日本SC協会

購読に関するご注意

  • ご購読は1年単位の年間購読となります。
  • 年間のご購読料は72,000円[税別]です。
  • 請求書はお申込み後に送付いたします。お支払いは、請求書に記載の銀行口座にお振込みください。
  • 途中解約による購読料の残金はご返金いたしませんので、予めご了承下さい。
  • 次回のご購読は自動継続となります。本購読期間が終了する前に、次回の年間購読に関するご案内・ご請求書を送付いたします。購読を継続しない場合は、その時点でご連絡ください。
  • ご送付先・ご請求先に変更が生じた場合は、『定期刊行物 送付先/請求先の変更』よりご連絡ください。
  • 本誌は、一般書店でのご購入はできません。