ヤノニュース

ヤノニュース 昭和33年の創刊以来、百貨店、ショッピングセンター、各種小売業の調査・分析や、アパレル、ファッション、ジュエリー・アクセサリー、スポーツなどを中心に注目企業、成長市場を網羅した月刊調査レポート。
  • 発刊要領
    • 資料体裁:B5判版 約90~100ページ
    • 商品形態:PDFファイル
    • 発刊頻度:月1回発刊(年12回)
    • 販売価格:72,000円(税別)(1ヵ年)
      ※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

見本誌はこちら >> 内容見本

購入申込 お問い合わせはこちら 送付先/請求先の変更

定期購読者(年間購読者)ヤノニュースPDF商品ダウンロード

定期刊行物『ヤノニュース』は、PDF商品です。
毎号パスワードをメールにてご連絡します。
該当号のパスワードを入力し、PDF商品をダウンロードしてください。

PDF商品ダウンロードはこちら >> PDF閲覧

ご購読者限定 メール配信サービスのご案内

『ヤノニュース』ご購読者限定のメール配信サービスです。
誌面だけでは伝わらないお役に立つ情報をご提供いたします。

メール配信サービス概要

  • ヤノニュースに掲載した企業様の取材後記
  • ヤノニュースに掲載したデータ提供
  • ヤノニュース及び調査関連業務に関する無料ご相談
  • 矢野経済研究所が発刊する資料のご案内・・・etc

最新号

ヤノニュース 2018年1月

 トピックス 

新春特集企画
●研究員による2018年の20業界予測

2018年の各業界(市場)が上向く(微増)のか、横ばいなのか、あるいは下降(下向き・微減)するのかで予測し、2018年の業界の見通しと注目される事柄についてまとめた。

〔2018年を予測した20の業界〕
①アパレル業界 ②インナーウェア業界 ③ジーンズカジュアル業界 ④きもの業界 ⑤スポーツ用品業界 ⑥ブライダル業界/挙式披露宴市場 ⑦化粧品業界 ⑧エステティックサロン業界 ⑨玩具業界 ⑩教育業界 ⑪時計業界 ⑫通信販売業界 ⑬宝飾・アクセサリー業界 ⑭健康食品業界 ⑮食品スーパー業界 ⑯ショッピングセンター業界 ⑰アウトレットモール業界 ⑱ペット業界 ⑲コインランドリー業界 ⑳アウトドア業界

今回、2018年を予測した20業界のうち、業界(市場)が上向くと予測したのは、前年と同様、6業界(化粧品、通信販売、宝飾・アクセサリー、食品スーパー、コインランドリー、アウトドア)となった。この6業界のうち、前回(2017年)から「上向き」を維持している業界が大半であるが、その中でも「食品スーパー」は前回(2017年)の横ばいから上向きへと予想されている点は、今後のポイントになりそうだ。
また、今回から「アウトドア」を加えている。2年後の東京オリンピック・パラリンピックや、近年の若年層や女性層の運動意識の高まりもあり、今後の注目業界の1つと言えそうだ。

 内容目次 

新春特集企画

●<巻頭言> 2018年 未来の輪郭をより確かなものに!~創立60周年、次の60年に向けて~ (3~4ページ)
 株式会社矢野経済研究所 代表取締役社長 水越 孝

■年頭に寄せて ~所感と経営トップへのアンケートによる2018年展望 (5~26ページ)
〔年頭所感〕

  日本ショッピングセンター協会 会長 清野 智 氏
  日本百貨店協会 会長 赤松 憲 氏
  日本チェーンストア協会 会長 清水 信次 氏

〔注目繊維・流通小売業トップの2018年展望〕
  株式会社アトレ 一ノ瀬 社長
  イオンモール株式会社 吉田 社長
  株式会社オンワードホールディングス 保元 社長
  株式会社三陽商会 岩田 社長
  株式会社スクロール 堀田 会長
  タキヒヨー株式会社 滝 社長執行役員
  タビオ株式会社 越智 社長
  株式会社西松屋チェーン 大村 社長
  株式会社レナウン 北畑 社長

●弊社研究員による2018年の20業界予測 (27~38ページ)
2018年に拡大が見込まれるのは「化粧品業界」「通信販売業界」「宝飾・アクセサリー業界」「食品スーパー業界」「コインランドリー業界」「アウトドア業界」の6業界

2018年を予測した20の業界
①アパレル業界 ②インナーウェア業界 ③ジーンズカジュアル業界 ④きもの業界 ⑤スポーツ用品業界 ⑥ブライダル業界/挙式披露宴市場 ⑦化粧品業界 ⑧エステティックサロン業界 ⑨玩具業界 ⑩教育業界 ⑪時計業界 ⑫通信販売業界 ⑬宝飾・アクセサリー業界 ⑭健康食品業界 ⑮食品スーパー業界 ⑯ショッピングセンター業界 ⑰アウトレットモール業界 ⑱ペット業界 ⑲コインランドリー業界 ⑳アウトドア業界

●特集
業界関係者による2018年流通業界予測と成長ファッションショップの評価調査 (39~67ページ)

注目ショップは「無印良品」がトップ 次いで「ライザップグループ」「ジーユー」「ユニクロ」

今回は、流通小売市場における消費傾向、アパレル動向、注目施設についてなど、今年も注目されるであろう事象をテーマにアンケート調査した。また、ファッションショップに関する調査では一部入れ替えしており、「ライザップグループ」「TOKYO BASE」「ナノ・ユニバース」「ABC マート」「バロックジャパンリミテッド(マウジーなど)」「アースミュージックアンドエコロジー」「ドン・キホーテ」などを加えている。

●決算企業レポート
株式会社マツオカコーポレーション (68~74ページ)

(1)事業・業績概要
  ①基本業績指標
  ②流動性・健全性・収益性各種比率
(2)財務面の主なトピック
(3)今年度の取り組み
(4)事業分析

図.生産国別販売実績(売上高)
図表.取扱品目別生産、販売状況
表.想定される同社の競合先

●業界レポート
①靴・履物産業年鑑2018年版 (75~94ページ)

  ~靴・履物業界の動き~
②SPAマーケット総覧2017-2018 (95~115ページ)
  ~アパレルネット通販市場~

●スポーツビジネス分析 2017年10月期
 スポーツシューズブランドシェア動向 (116~122ページ)

●データファイル
月次データファイル (123~133ページ)
(1)家計消費支出の動き(平成29年11月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(平成29年11月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(平成29年11月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(平成29年11月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(平成29年10月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(平成29年11月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(平成29年10月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-平成29年11月分-日本SC協会

購読に関するご注意

  • ご購読は1年単位の年間購読となります。
  • 年間のご購読料は72,000円[税別]です。
  • 請求書はお申込み後に送付いたします。お支払いは、請求書に記載の銀行口座にお振込みください。
  • 途中解約による購読料の残金はご返金いたしませんので、予めご了承下さい。
  • 次回のご購読は自動継続となります。本購読期間が終了する前に、次回の年間購読に関するご案内・ご請求書を送付いたします。購読を継続しない場合は、その時点でご連絡ください。
  • ご送付先・ご請求先に変更が生じた場合は、『定期刊行物 送付先/請求先の変更』よりご連絡ください。
  • 本誌は、一般書店でのご購入はできません。