定期刊行物

ヤノ・レポート

ヤノ・レポート

昭和37年の創刊以来、住宅・建材・不動産ビジネス、紙パルプ・化学分野を中心に幅広い視点と深い分析で、各分野の最新状況をレポート。

発刊要領

  • 資料体裁:B5判約80ページ
  • 発刊頻度:月2回発刊(年22回)
  • 販売価格:80,000円(税別)(1ヵ年)

※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

ヤノ・レポート に対するご意見

『ヤノ・レポート』へのご意見・ご要望をお聞かせ下さい。
「ご意見」欄に、ご関心のあるテーマ、『ヤノ・レポート』に掲載して欲しいテーマ等、ご記入をお願いいたします。
ご入力頂きました情報は、テーマ企画策定以外の目的には使用いたしません。
皆様の幅広いご意見・ご要望を頂戴し、誌面の充実に努めてまいります。

最新号

ヤノ・レポート 2019年9月10日号

 内容目次 

紙・パルプ

【特別連載】
●製紙メーカーの原材料調達戦略①
王子HD 資源環境ビジネスカンパニー (2~16ページ)
~グループ力を発揮しつつ、調達環境の変化に機動的に対処~

4子会社による戦略的調達を推進
【チップ】国内Nチップは減少傾向、バイオマス発電向けとの競争に直面
輸入Nチップ:大洋州と北米から調達、レッドウッドからダグラスファー調達開始
輸入Lチップ:ベトナム、タイを中心にアジア材が全体の約84%まで盛り返す
2019年度はCPFL、SLPFLを清算、9プロジェクト全てが収穫期入り
アジア材拡大でFSC認証材の比率は低下、三菱製紙との提携効果の発揮が今後の課題
【パルプ】自製パルプへのシフトで購入量は減少、自社プロジェクトパルプから約80%調達
【古紙】全国5ブロックで安定調達に注力、2018年度は約408万tを調達
関東中心に全国約300社から調達、王子会は過去2年間で10社増加
古紙利用率は64.0%、頭打ち状態
未利用古紙の利用促進は継続課題、機密文書処理量は年2万7,000t

図.王子グループ 資源環境ビジネスカンパニー 調達部門 組織図
表.王子グループ国内工場 チップ・原木消費量推移
表.王子グループ国内工場 輸入チップ 主要調達ルート・数量 N材
表.王子グループ国内工場 輸入チップ 主要調達ルート・数量 L材
表.王子HD 植林事業の計画概容
表.王子グループ 購入パルプ消費量推移
図.王子エコマテリアル 組織図
表.王子グループ 古紙消費量推移
表.王子グループ4社 工場別に見た古紙品種別消費量(2018年)

【注目市場動向】
紙カップ(コップ)市場の展望 (17~30ページ)

一部ユーザーに生分解性プラでの展開を検討する動きも
「紙容器=環境対応容器」のポジション強化に向け、紙素材に遡上した紙カップ開発も必要に
飲料用はコーヒーショップ向けが堅調であるも、FF及びCVS向けが低調
機能性ヨーグルトでもプラ容器が採用、紙容器の良さの訴求が喫緊の課題
「じゃがりこ」向けは安定した需要があるものの、パウチとの競合が本格化

表.用途別紙カップ出荷動向
表.紙カップメーカー出荷量推移
表.飲料用紙カップ出荷動向
表.ヨーグルト用 紙カップ出荷動向
表.スープ・カップ麺用 紙カップ出荷動向
表.冷菓用 紙カップ出荷動向
表.納豆用 紙カップ出荷動向
表.デザート類用 紙カップ出荷動向
表.食品用その他用 紙カップ出荷動向
表.紙カップメーカー 用途別出荷量(2015年度)
表.紙カップメーカー 用途別出荷量(2016年度)
表.紙カップメーカー 用途別出荷量(2017年度)
表.紙カップメーカー 用途別出荷量(2018年度見込み)

青果物流通におけるレンタルコンテナーの動向(下) (31~38ページ)
~収益構造の改革が進み、市場は調整を経て安定成長期へ~

1.市場規模・シェア
2.市場予測
1)量の拡大に比例して増大するコスト課題への対処
2)段ボールケースとの価格差
3)一貫パレチゼーションの進展
3.潜在市場規模

図.レンタル・コンテナー 流通量推移
図.青果物向け段ボール 次工程投入量推移
図表.レンタル・コンテナー イフコ・ジャパン、三甲の流通量推移
表.イフコ・ジャパン、三甲の比較表
図.レンタル・コンテナー 流通量予測
表.レンタル・コンテナー 流通量予測(前年比、増加量)

住宅・建材

【注目市場動向】
「窯業系サイディング」の動向 (39~64ページ)
~新設着工戸数の減少により販売量も苦戦
 非住宅向け製品の拡販や高付加価値化による単価向上推進~

メーカー動向 ニチハ、ケイミュー、旭トステム外装、東レACE、神島化学工業

表.日本窯業外装材協会加入企業の販売量推移(国内)
図.窯業系サイディング市場規模推移
表.窯業系サイディングの市場規模推移
図.2018年度 窯業系サイディングメーカーシェア
表.窯業系サイディングメーカーシェア
表.窯業系サイディング主要メーカーの地域別販売比率(2018年度)
表.窯業系サイディング主要メーカーの地域別販売数量(2018年度)
表.窯業系サイディング主要メーカーの地域別販売シェア(2018年度)
表.窯業系サイディング主要メーカーの生産拠点と生産能力
表.窯業系サイディング販売高
表.窯業系外壁材の商品構成
表.商品別販売数量比率(2018年度)
表.地域別販売比率(2018年度)
表.窯業系サイディングの生産拠点と生産能力
表.窯業系サイディング販売高
表.窯業系サイディングの商品構成
表.商品別構成
表.板厚別構成
表.地域別販売比率(2018年度)
表.窯業系サイディングの生産能力
表.窯業系サイディング販売高
表.窯業系サイディング『AT-WALL』の商品構成
表.地域別販売比率(2018年度)
表.窯業系サイディング販売高
表.窯業系サイディングの商品構成
表.地域別販売構成(2018年度)
表.窯業系サイディング販売高
表.窯業系サイディングの商品構成
表.地域別販売比率(2018年度)

【注目企業分析】
AI・Iotを駆使した「ECO&SAFTY」を提唱する「サンヨーホームズ」の事業展開 (65~78ページ)

20/3期売上高は29.6%増の698億円(見) 住宅とマンションを軸に多角化経営へ
150種類の外壁を提案 AI+Iotを駆使した商品を投入
CSV経営を推進 大都市中心の事業展開
一貫生産体制を構築 2020年ZEH化率5割を目指す

表.サンヨーホームズの業績推移
図.サンヨーホームズの売上高・販売戸数推移
表.サンヨーホームズのセグメント別売上高推移
図.サンヨーホームズ株式会社グループ事業系統図
表.サンヨーホームズの資材調達概況
表.サンヨーホームズの沿革
図.サンヨーホームズ株式会社グループ 組織図