定期刊行物

ヤノ・レポート

ヤノ・レポート

昭和37年の創刊以来、住宅・建材・不動産ビジネス、紙パルプ・化学分野を中心に幅広い視点と深い分析で、各分野の最新状況をレポート。

発刊要領

  • 資料体裁:B5判約80ページ
  • 発刊頻度:月2回発刊(年22回)
  • 販売価格:80,000円(税別)(1ヵ年)

※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

2020年

ヤノ・レポート 2020年5月25日号

 内容目次 

環境・エネルギー

【特別連載】
電力マーケット2030展望② (2~9ページ)
~電力需要家の動向~

・国内のエネルギー需要について
・産業分野のエネルギー需要及び低炭素への取り組みについて
<産業部門>
(1)エネルギー消費や電力消費
(2)再生可能エネルギーの導入や脱炭素に向けた取り組み
<業務他部門>
(1)エネルギー消費や電力消費
(2)再生可能エネルギーの導入や脱炭素に向けた取り組み
<運輸部門>
(1)エネルギー消費や電力消費
(2)再生可能エネルギーの導入や脱炭素に向けた取り組み
<行政(自治体)>
「主な取り組み事例」
・脱炭素への提言

紙・パルプ

【注目市場動向】
新型コロナウイルスの感染拡大でテレワークが進行、
オンライン化の加速で情報用紙は衰退の危機 (10~19ページ)

WHOのパンデミック宣言を受け、都市部や大企業中心にテレワーク導入進む
節約意識の高まりや会議の頻度低下が、主にPPC用紙の短期的な縮小要因に
1)短期的な影響
① 自宅プリントへの移行に伴う節約意識の高まり
② 会議の頻度の低下
社内システムやハンコ文化などの改革が、中長期的にペーパーレス化を加速させる
2)中長期的な影響
① 社内システムの見直し
② ハンコ文化の改革
③ マイナンバーカードの普及
2020 年2 月のPPC用紙需要は約10%減、3 月以降はテレワークの影響も顕在化へ
【PPC用紙】【フォーム用紙】
テレワークの普及を阻む要因は複数あるも、楽観的な見通しが通用しない厳しい状況

図.テレワークのメリット
図.テレワーク実施率の推移
表.テレワーク実施率 業種別の内訳
図.テレワークがもたらすペーパーレス化の進行
図.PPC用紙国内販売量(月別)および対前年同月比の推移
図.フォーム用紙 国内販売量(月別)および対前年同月比の推移

特殊紙 品種別市場動向①
ガラスペーパー (20~27ページ)
~建材需要は堅調に推移するも、電子部材分野が伸び悩み減少~

18 年度の販売量は1,155t/月、6.7%減 建材が比較的堅調も電子部材が減少

1.建材分野 2.電子材料分野 3.産業資材分野
総合力のオリベストがトップメーカー 参入各社は特徴を生かした展開で実績確保
オリベスト、三菱製紙、北越コーポレーション、王子エフテックス

表.ガラスペーパー メーカー別販売量推移(月間平均販売量)

製紙用薬品シリーズ③
バインダー薬品 (28~36ページ)
~ラテックス、でん粉、ポバールの動向~

コート紙減少で前年割れ続く 各社とも収益性にスタンス

1.ラテックス
減産の影響を受ける、市況も弱含み
メーカー動向:日本エイアンドエル、旭化成
2.でん粉
市場の成熟化進む マシン停止で厳しい環境
日本食品化工、王子コーンスターチ
3.ポバール
紙の生産量にリンク、量から質にスタンス
クラレ

表.バインダー薬品の市場推移
表.ラテックス・メーカー別販売推移
表.製紙メーカー別ラテックス使用量及びメーカー納入数量(2019年)
表.でん粉・メーカー別販売推移
表.でん粉・用途別構成
表.でん粉・形態別構成
表.ポバール・メーカー別販売推移

住宅・建材

【注目企業分析】
「大和ハウス工業」の動向 (37~52ページ)
~賃貸住宅、商業、事業施設に加え、不動産開発投資を積極的に展開し成長
リフォーム、リノベーション、買取再販など既存建物の価値向上を推進~

【企業概要と中期経営計画】
【2019 年3 月期 連結業績動向】
【2019 年3 月期 個別業績動向】
【2020 年3 月期 業績見通し】
【戸建住宅事業と商品展開】
【賃貸住宅事業と商品展開】
【リフォーム、マンション、不動産、分譲住宅事業など】
【営業、生産、物流、施工、商品開発体制など】

表.大和ハウス工業の業績推移(連結)
表.大和ハウス工業のセグメント別業績推移(連結)
図.大和ハウス工業(個別)の部門別売上高構成比概況
表.大和ハウス工業の業績推移(個別)
表.大和ハウス工業の事業別売上高(個別)
表.大和ハウス工業の新商品投入状況(2019年度)
表.一戸当たりの平均売上金額/面積の推移
表.建替比率・住宅展示場数・受注経路の推移
図.大和ハウス工業の生産拠点体制

ストレージの自社保有に舵を切る「エリアリンク」の経営戦略 (53~63ページ)

20/12 期売上高は20%減の247 億円(見) 不動産運用サービスは運用利益へシフト
事業エリアは44 都道府県に拡大 ビジネスストレージの拡大へ

表.エリアリンクの業績推移(非連結)
図.エリアリンクの部門別売上推移
表.エリアリンクの部門別売上高推移(連結)
図.エリアリンクの事業系統図
表.不動産運用サービス事業物件の推移
表.エリアリンクの沿革
図.エリアリンクの組織概要

【注目市場動向】
住宅リフォーム市場の2020年1Q
反動減の影響が落ち着き、4.8%増 (64~66ページ)
~新型コロナの影響は2Q以降へ~

2020 年第1四半期 前年同期比4.8%増
2019 年度 6.6 兆円(前年度比4.3%増)

図.住宅リフォーム市場の市場規模の推移(四半期)
図.四半期ベースの市場推移(前年同期比)

物流

【特別連載】
物流市場実態シリーズ PART3
システム物流市場の実態 (67~76ページ)

システム物流市場
1)市場規模の動向と見通し・参入事業者シェア
2)定義や仕組み等について
3)最新トレンドと有力企業にみる注力動向
4)課題・問題点

図表.システム物流事業における市場規模の推移と予測(金額ベース)
表.出身業態別にみる主たるシステム物流事業者
表.システム物流事業の主たる有力企業
図.サプライチェーンマネジメントの概念図
図.共同配送の事例 ~小売事業者主導型~

ヤノ・レポート 2020年5月10日号

 内容目次 

環境・エネルギー

電力マーケット2030 展望① (2~16ページ)
~<解説>日本の電力システムはどこへ向かうのか?~

日本の電力システムの課題
日本の電力システムの方向性
日本の電力システムの動向
(1)送配電部門の分離(発送電分離)
(2)都市ガス小売自由化
(3)需給調整(VPP、DR)
(4)新しい電力市場
(5)需給調整市場
(6)容量市場
(7)ベースロード市場
(8)P2P 電力取引
(9)電動車の活用 ①非化石証書 ②J-クレジット ③グリーン電力証書
(10)再生可能エネルギーと環境価値
(11)FIT 制度の動向
(12)太陽光発電の自家消費
(13)仮想蓄電サービス
(14)住宅メーカーによる余剰電力買取
電力マーケットカオスマップ

紙・パルプ

【特別連載】
王子HDと三菱製紙の資本業務提携に見る、製紙業界再編の足音 (17~25ページ)
~ペーパーレス化、消費税増税に新型コロナウイルスが追い打ち、
 洋紙部門の採算悪化は必至の情勢~


3月の印刷・情報用紙内需は前年比16.2%減、リーマンショック級の打撃への備えが急務
【原材料調達分野】Lチップは三菱製紙のベトナムシフト焦点、OCMファイバートレーディングの3社協力が強みに
【物流分野】目玉は相互OEM生産を伴う交錯輸送削減、ユーザー直納比率の向上などにも寄与

図.印刷・情報用紙 国内出荷量(月別)および対前年同月比の推移
表.王子グループ国内工場 チップ・原木消費量推移
表.三菱製紙 チップ・原木消費量推移
表.王子グループ国内工場 輸入Lチップ 主要調達ルート・数量
表.中越パルプ工業 輸入Lチップ 主要調達ルート・数量
表.三菱製紙 輸入Lチップ 主要調達ルート・数量
表.王子グループ 西日本立地の洋紙工場 品種別生産量
表.三菱製紙・八戸工場 品種別洋紙生産量
表.王子グループ 西日本立地の洋紙工場 仕向地別比率・数量
表.三菱製紙・八戸工場 仕向地別比率・数量
表.王子グループ 西日本立地の洋紙工場  関東向け比率・数量・輸送手段
表.三菱製紙・八戸工場 関東向け比率・数量・輸送手段
表.三菱製紙・八戸工場 関東・その他向け輸送手段比率・数量

【注目市場動向】
紙パルプ注目品種シリーズ③ (26~46ページ)
高級白板紙の動向
~市場は底堅く推移、紙化の流れに期待も需要に変化なし~

2018 年度の高級白板紙の生産量、国内販売ともにほぼ横ばい
需要分野の状況
①商印分野
情報媒体分野は減少続く 広告やゲーム、アルバムは底堅く推移
②出版分野
絵本、児童書向けは堅調 一般雑誌は市場縮小が加速
③紙器・紙製分野
菓子向けは底堅く推移 食品向け中心に紙化への期待高いが脱プラでの紙器需要は見当たらない状況
【参入メーカーの動向】
需給ギャップがあるなか製紙メーカーは2019年1月から再値上げへ
1.王子マテリア 2.北越コーポレーション 3.日本製紙 4.中越パルプ工業

図.高級紙生産・国内販売・輸出推移(2008~2018年)
表.高級板紙 メーカーの需給推移
表.王子マテリア
表.北越コーポレーション
表.日本製紙
表.中越パルプ工業

住宅・建材

「住友林業」の動向 (47~62ページ)
~非住宅の木造・木質化に注力、木の魅力を活かした建築物で木の暮らしの良さを提案
 海外住宅・不動産事業は順調に拡大、他方で木の資産価値の変革を推進~

企業概要
中期経営計画
2019年3月期 業績動向
2020年3月期 業績見通し
戸建住宅事業と商品展開
リフォーム、賃貸・分譲住宅などの展開
営業体制、生産体制

表.住友林業の業績推移(連結)
表.住友林業の住宅事業における業績推移(個別)
表.住友林業の新商品投入状況
表.住友林業(連結)人員構成
表.平均一棟あたり単価の推移(完工)
表.建替比率・工期・営業関連(人員・拠点・展示場数)の推移
表.戸建注文住宅 階層別棟数構成(受注・完工)
表.注文住宅地域別受注比率(棟数ベース)
図.住友林業組織図

住生活ワンストップソリューション企業 (63~78ページ)
「ヒノキヤグループ」の事業戦略

20年度売上高は5.4%増の1,240億円(見) 13期連続の最高売上達成を見込む
「Z 空調」受注は1 万棟を突破 新商品「スマート2」を投入
エリア拡大とシェアアップの2 面作戦 ホテル事業は順調に拡大
無償15 年点検を開始 アクアフォームの再資源化に取り組む

表.ヒノキヤグループの業績推移(連結)
図.桧家住宅の売上高・販売戸数推移
表.ヒノキヤグループの部門別売上高推移(連結)
図.ヒノキヤグループの事業系統図
表.桧家住宅の商品概要
表.ヒノキヤグループの資材調達概況
表.ヒノキヤグループの沿革
図.ヒノキヤグループの組織概要
図.ヒノキヤグループの連結子会社

ヤノ・レポート 2020年4月25日号

 内容目次 

住宅・建材

【注目市場動向】
「2018年度 戸建住宅・賃貸住宅用主要住宅メー力一 太陽光発電システム搭載」動向 (2~30ページ)

厳しい環境ながらも主要住宅メーカーの太陽光発電システムのさらなる搭載進む
「戸建住宅における住宅メーカーのPV システム搭載状況」
1)大手住宅メーカーにおける新築戸建住宅PV システム 搭載推移
2)戸建住宅(新築+既築)における各メーカーのPV システム 累積搭載戸数推移
3)戸建住宅(新築+既築)における各メーカーのPV システム 累積搭載容量推移
4)新築戸建住宅における各メーカーのPV システム 累積搭載戸数推移
5)新築戸建住宅における各メーカーのPV システム 累積搭載容量推移
6)既築戸建住宅における各メーカーのPV システム 累積搭載戸数推移
7)既築戸建住宅における各メーカーのPV システム 累積搭載容量推移
8)戸建住宅(新築+既築)における各メーカーのPV システム 搭載戸数推移(単年度)
9)戸建住宅(新築+既築)における各メーカーのPV システム 搭載容量推移(単年度)
10)新築戸建住宅における各メーカーのPV システム 搭載戸数推移(単年度)
11)新築戸建住宅における各メーカーのPV システム 搭載容量推移(単年度)
12)既築戸建住宅における各メーカーのPV システム 搭載戸数推移(単年度)
13)既築戸建住宅における各メーカーのPV システム 搭載容量推移(単年度)
14)新築戸建住宅における各メーカーのPV システム搭載実績の推移
15)戸建住宅(新築+既築)における各メーカーのPV システム搭載戸数(暦年)
16)戸建住宅(新築+既築)における各メーカーのPV システム搭載容量(暦年)
17)新築戸建住宅における各メーカーのPV システム搭載戸数(暦年)
18)新築戸建住宅における各メーカーのPV システム搭載容量(暦年)
19)既築戸建住宅における各メーカーのPV システム搭載戸数(暦年)
20)既築戸建住宅における各メーカーのPV システム搭載容量(暦年)

「賃貸住宅における住宅メーカーのPV システム搭載状況」
21)大手賃貸住宅メーカーにおける新築賃貸住宅PV システム 搭載推移
22)新築賃貸住宅における各メーカーのPV システム 累計搭載棟数推移
23)新築賃貸住宅における各メーカーのPV システム 累計搭載容量推移
24)新築賃貸住宅における各メーカーのPV システム 搭載棟数推移(単年度)
25)新築賃貸住宅における各メーカーのPV システム 搭載容量推移(単年度)
26)新築賃貸住宅における各メーカーのPV システム搭載実績の推移
27)新築賃貸住宅における各メーカーのPV システム搭載棟数シェア(暦年)
28)新築賃貸住宅における各メーカーのPV システム搭載容量シェア(暦年)

図表.大手住宅メーカーにおける新築戸建住宅PV システム 搭載推移
   新築戸建住宅における太陽光発電システムの単年度搭載推移と搭載予測
図表.戸建住宅(新築+既築)における各メーカーのPV システム 累積搭載戸数推移
図表.戸建住宅(新築+既築)における各メーカーのPV システム 累積搭載容量推移
図表.新築戸建住宅における各メーカーのPV システム 累積搭載戸数推移
図表.新築戸建住宅における各メーカーのPV システム 累積搭載容量推移
図表.既築戸建住宅における各メーカーのPV システム 累積搭載戸数推移
図表.既築戸建住宅における各メーカーのPV システム 累積搭載容量推移
図表.戸建住宅(新築+既築)における各メーカーのPV システム 搭載戸数推移(単年度)
図表.戸建住宅(新築+既築)における各メーカーのPV システム 搭載容量推移(単年度)
図表.新築戸建住宅における各メーカーのPV システム 搭載戸数推移(単年度)
図表.新築戸建住宅における各メーカーのPV システム 搭載容量推移(単年度)
図表.既築戸建住宅における各メーカーのPV システム 搭載戸数推移(単年度)
図表.既築戸建住宅における各メーカーのPV システム 搭載容量推移(単年度)
表.新築戸建住宅における各メーカーのPV システム搭載実績の推移
図.新築戸建住宅における各メーカーのPV システム 搭載実績推移
図表.戸建住宅(新築+既築)における各メーカーのPV システム搭載戸数(暦年)
図表.戸建住宅(新築+既築)における各メーカーのPV システム搭載容量(暦年)
図表.新築戸建住宅における各メーカーのPV システム搭載戸数(暦年)
図表.新築戸建住宅における各メーカーのPV システム搭載容量(暦年)
図表.既築戸建住宅における各メーカーのPV システム搭載戸数(暦年)
図表.新築戸建住宅における各メーカーのPV システム搭載容量(暦年)
図表.大手賃貸住宅メーカーにおける新築賃貸住宅PV システム 搭載推移
図表.新築賃貸住宅における各メーカーのPV システム 累計搭載棟数推移
図表.新築賃貸住宅における各メーカーのPV システム 累計搭載容量推移
図表.新築賃貸住宅における各メーカーのPV システム 搭載棟数推移(単年度)
図表.新築賃貸住宅における各メーカーのPV システム 搭載容量推移(単年度)
図.新築賃貸住宅における各メーカーのPV システム 搭載実績の推移
図.新築賃貸住宅における各メーカーのPV システム 搭載率推移
図表.新築賃貸住宅における各メーカーのPV システム搭載棟数(暦年)
図表.新築賃貸住宅における各メーカーのPV システム搭載容量(暦年)

国産材活用の切札として期待される「CLT」の現状と展望 (31~39ページ)

順調に伸びるCLT 工法 累計で416 件に達する
ロードマップを策定 2020 年10 万立方メートルを目指す
CLT 推進首長連合は98 自治体に拡大 生産は国内8工場で4.6 万立方メートル

表.CLTの市場推移
表.CLTの主要建築物一覧
表.CLTを使った意匠設計の実績のある設計事務所
表.CLTの沿革
図.CLTの普及に向けた新たなロードマップ
表.一般社団法人日本CLT協会 正会員名簿

紙・パルプ

【注目市場動向】
紙製品業界の動向② (40~52ページ)
封筒・スケッチブック及びメー力一動向


メーカー動向(ショウワノート、マルマン)

表.引受郵便物等物数の推移
表.2018年度 メール便取扱冊数

【特別連載】
<製紙メーカーの物流戦略 まとめ> (53~61ページ)
直納比率の低下で単独での合理化に限界、大手メーカー同士が歩み寄る共同物流の時代ヘ


1.生産地物流
2.消費地物流

表.製品物流費に占める一次輸送費比率の各社推移
表.メーカー別に見た一次輸送手段の構成比推移(2015年度上期→17年度上期→19年度上期)
表.地区別に見た主要洋紙工場の品種別洋紙生産量、首都圏向け比率・数量・輸送手段構成比一覧
表.首都圏湾岸立地の主要倉庫一覧(王子グループ、日本製紙、三菱製紙、北越コーポレーション、大王製紙、中越パルプ工業)
表.首都圏内陸立地の主要倉庫一覧(王子グループ、日本製紙、三菱製紙、北越コーポレーション、中越パルプ工業)

物流

【特別連載】
物流市場実態シリーズ PART2 (62~66ページ)
航空貨物輸送市場の実態

市場規模の動向と見通し・参入事業者シェア
定義や仕組み等について
参入事業者の動向
最新トレンドと有力企業にみる注力動向
課題・問題点

図表.航空貨物輸送事業における市場規模の推移と予測
図表.有力な航空貨物輸送事業者の市場占有率(2017年度、金額ベース)
表.航空貨物輸送事業の主たる有力企業
図.航空貨物輸送量の推移

ヤノ・レポート 2020年4月10日号

 内容目次 

物 流

【特別連載】
物流市場実態シリーズ PART1
特別積合せ輸送市場の実態 (2~7ページ)

市場規模の動向と見通し・参入事業者シェア
定義や仕組み等について
参入事業者の動向
最新トレンドと有力企業にみる注力動向
課題・問題点

図表.特別積み合わせ運送事業における市場規模の推移と予測(金額ベース)
図表.有力な特別積み合わせ運送事業者の市場占有率(2017年度、金額ベース)
図.特別積み合わせ事業者数の推移
表.特別積み合わせ運送事業の主たる有力企業
表.有力企業の主たる取り組み

紙・パルプ

【注目市場動向】
紙製品業界の動向①
ノート・学習帳・レポート用紙・ルーズリーフ (8~17ページ)

2018 年度市場規模は3.3%減、封筒需要減とペーパーレス化が響く

表.品種別出荷金額の推移
表.2人以上世帯当たりの年間文房具支出金額推移
表.在学生徒数の推移

【特別連載】
<製紙メーカーの物流戦略⑥>
中越パルプ工業 (18~24ページ)
~環境変化に臨機応変に対処、依存度高まるトラックの確保が継続課題~

19年度上期はタイト感強くコスト削減も、JRコンテナ、トラック運賃の上昇が響く
消費地倉庫の集約が課題も、足下の在庫増には倉庫を増やして対処
高岡、二塚ともにトラック利用が拡大、JRコンテナからのシフトが進む
川内工場は海上輸送が主力

表.中越パルプ工業 製品物流費
表.中越パルプ工業 倉庫概要
表.中越パルプ工業 工場別仕向け地別比率(2019年度上期実績)
表.中越パルプ工業 工場別対製品売上高物流費比率(製品物流費/売上高)
表.中越パルプ工業 全国向け 工場別輸送手段(2019年度上期実績)
表.中越パルプ工業 関東向け 工場別輸送手段(2019年度上期実績)
表.中越パルプ工業 関西向け 工場別輸送手段(2019年度上期実績)
図.中越パルプ工業 首都圏向け工場別輸送経路(主要事例)
表.中越パルプ工業 工場別協力会社

住宅・建材

【注目市場動向】
耐力壁面材市場の動向 (25~28ページ)
~木質ボードの告示化により裾野が広がり、市場拡大の期待が一層高まる~

告示化によって注目が集まる木質系耐力壁面材
2019 年 耐力壁面材総市場 8,259 万㎡と推計
合板がトップシェア PBが飛躍的にシェアを高める
合板、PB、OSB、MDF、無機系

表.主な耐力壁面材
図.耐力壁面材市場規模推移
図.建築別比率(2019年)
図.素材別比率(2019年)

マンション管理事業者の動向 (29~36ページ)
~共用部修繕工事市場の動向/今後の市場見通し~

共用部修繕工事市場規模
今後の課題及び成長戦略、市場見通し
<市場見通し><新築物件受託><リプレイス><工事><海外戦略>

図.工事部位別 共用部修繕工事市場規模
図.2018年 管理費市場規模 VS 共用部修繕工事市場規模
図.管理費市場規模と共用部修繕工事市場規模推移
表.今後の市場見通し及び現状の課題

【注目企業分析】
「積水ハウス」の動向 (37~58ページ)
~中層住宅向けオリジナルβ工法を積極的に展開
 プラットフォームハウス構想など新たな付加価値を提案~

【企業概要と中期経営計画】
【2020 年1 月期 連結業績動向】
【2020 年1 月期 個別業績動向】
【2021 年1 月期 連結業績見通し】
【戸建住宅事業と商品展開】
【賃貸住宅事業と商品展開】
【リフォーム事業・不動産フィー事業の動向】
【マンション事業、都市開発事業の展開】
【国際事業の展開】
【生産、営業体制など】

表.積水ハウスの業績推移(連結)
表.積水ハウスの業績推移(個別)
表.積水ハウスのセグメント別 売上高推移(連結)
表.積水ハウスのセグメント別 営業利益推移(連結)
表.積水ハウスのセグメント別 営業利益率推移(連結)
図表.積水ハウス区分別販売戸数推移
表.積水ハウスの区分別販売戸数(個別)
表.住宅の傾向 請負住宅
表.住宅の傾向 分譲住宅(建売)建物部分
表.住宅の傾向 賃貸住宅
表.住宅の傾向 土地
表.積水ハウスの新商品投入状況
表.積和の木の家 売上高/棟数 推移
表.リフォーム事業 売上高内訳
表.積水ハウス不動産借り上げ入居率・管理室数
表.販売用土地推移
表.販売用土地(分譲土地・未成分譲土地)用途別内訳
表.分譲建物用途別内訳
表.営業拠点数(積水ハウス)
表.営業拠点数(積水ハウスリフォーム)
表.顧客(受注)の特性推移(個別)
図.積水ハウス 組織図

【業界リサーチ】
<特集:今後躍進が期待される建材流通業シリーズ>

「クワザワ」の動向 (59~61ページ)
~大規模リフォームやマンションの給排水工事など施工機能強化
 透湿防水シートやシロアリ防除工法などの強みを全国で展開~

図表.クワザワ(連結)の業績推移
図表.クワザワ(単体)商品別売上高

「OCHIホールディングス」の動向 (62~65ページ)
~建材事業では、リフォーム・リノベーション需要の掘り起こしや工事力を強化
 加工事業では、造非住宅市場への取り組み強化や施工付き販売を推進~

図表.OCHIホールディングス(連結)の業績推移
図表.OCHIホールディングス(連結)セグメント別売上高

ヤノ・レポート 2020年3月25日号

 内容目次 

紙・パルプ

【特別連載】
<製紙メーカーの物流戦略⑤>
大王製紙 (2~8ページ)
  ~子会社へのグループ物流業務移管を機に、ユーザー起点の最適物流が進捗~

受注・物流データを一元管理、静岡地区の元地倉庫再編などで成果
一次運送料のウェートは上昇傾向、トラック不足を乗り越え直送比率60%台へ
対製品売上高物流費比率は8%台前半、DLCを軸に最適な輸送体制の構築目指す
元地倉庫の集約に努める一方、消費地ではユーザーとの倉庫共用化を推進
他の製紙メーカーや代理店などと協力し、できるところから共同物流に着手
三島工場:JRコンテナの比率が下がり、内航船とRORO船へのシフトが進む

表.大王製紙 製品物流費推移(紙・板紙分)
表.大王製紙 自社消費地倉庫一覧
表.大王製紙 仕向け地別比率(2019年度上期)
表.大王製紙 全国向け工場別輸送手段(2019年度上期)
表.大王製紙 関東向け工場別輸送手段(2019年度上期)
図.大王製紙 工場別の首都圏向け輸送経路

【注目市場動向】
製紙用薬品シリーズ②
サイズ剤 (9~18ページ)
  ~洋紙分野の減少を板紙分野で下支え~

サイズ剤は前年並みをキープ 板紙向けで底支えの構造
1.酸性サイズ エマルジョンサイズが9割を占める 洋紙は低迷も段ボール向けで底支え
メーカー動向(星光PMC、荒川化学工業、ハリマ化成、東邦化学工業)
2.中性サイズ 紙の生産量にリンク ロジン価格は落ち着く
メーカー動向(荒川化学工業、星光PMC、東邦化学工業)
3.中性ロジンサイズ 数量は板紙向けで底支えも 価格ダウンで金額はマイナス)
メーカー動向(荒川化学工業、星光PMC、ハリマ化成、東邦化学工業)

表.サイズ剤の市場規模推移(固形換算)
表.酸性サイズ剤メーカー別販売推移(固形換算)
表.酸性サイズ剤メーカー別販売先
表.中性サイズ剤メーカー別販売推移(固形換算)
表.中性サイズ剤メーカー別販売先
表.中性サイズ剤メーカー別納入品種
表.中性ロジンサイズのメーカー別販売推移(固形換算)

住宅・建材

【注目市場動向】
「木質住機」の動向 (19~41ページ)
  ~新築住宅向け中心から新たな市場の開拓・定着が急務
   リフォームなどストック向けや非住宅向けの活性化に期待~

2018年度市場規模は前期比1.8%減の2,643億円に
壁収納は前年比3.7%減の375億円規模に
木製ドアは前年比2.1%減の1,580億円規模に
階段セットは前年比2.0%減の350億円
下駄箱・玄関収納は前年比1.2%減の338億円
メーカー動向(大建工業、永大産業、パナソニック ライフソリューションズ社、朝日ウッドテック、ノダ、ウッドワン、住友林業クレスト)

表.主要木質住機の出荷実績推移
表.木質住機市場の推移
表.壁収納・主要メーカー出荷実績
表.木製ドア・主要メーカー出荷実績
表.階段セット・主要メーカー出荷実績
表.下駄箱・玄関収納の主要メーカー出荷実績

マンション管理業界の動向 (42~51ページ)
  ~市場成長率は鈍化も着実に拡大~

マンション管理市場規模
マンション管理業界の動向 ~リプレイス市場~

図.マンション管理費市場規模
図.市場規模シェア
図.平成30年度調査 マンション管理業者の決定方法
図.平成25年度調査 マンション管理業者の決定方法
表.受託経緯別棟数・戸数
表.新築及びリプレイスマーケット 各社ポジショニング(2018年)
表.グループ管理戸数上位社(2019/3月末時点)
表.リプレイス獲得の決め手になるポイントとして認識してる事項
表.リプレイス物件獲得のために実施している主な営業、広告活動

【注目企業分析】
長谷工グループ入りで更なる飛躍を期す「細田工務店」 (52~64ページ)

20/3期売上高は8.8%減の201億円(見) 分譲住宅は伸びるも次の柱が課題
建設と分譲の両輪での展開 分譲住宅はエリアの選別強化
注文住宅は新ブランド商品開発も リフォーム事業はAMと一体化
3本部制を廃止 35年の長期保証制度を導入

表.細田工務店の業績推移(連結)
表.細田工務店の事業別販売実績推移(売上金額)
表.細田工務店の事業別販売実績推移(着工棟数)
表.細田工務店の主要分譲物件一覧(2019年度~)
表.主要法人受注先
図.細田工務店の事業系統図
表.細田工務店の資材調達概況
表.細田工務店の沿革
図.細田工務店の組織概要

10期連続の増益達成を見込む「トーセイ」の経営戦略 (65~77ページ)

20/11期売上高は32%増の803億円(見) 成長シナリオを継続して増益キープ
売買事業と安定事業との均衡化へ 物流施設関連ビジネスを拡大
ポートフォリオ経営を推進 T-MAPシステムを開発

表.トーセイの業績推移(連結)
図.売上高・部門別売上高推移
表.セグメント別売上高推移(連結)
図.セグメント別の売上高、売上総利益構成(連結)
図.トーセイグループの事業系統図
表.トーセイの沿革
図.トーセイの組織概要

ヤノ・レポート 2020年3月10日号

 内容目次 

住宅・建材

【注目企業分析】
深堀とエリア拡大で成長をキープする「飯田グループHD」の事業戦略 (2~15ページ)

20/3期売上高は1兆3,700億円(見) 販管費上昇で収益性は微増の模様
6社性能表示基準を統一 販売価格は低下傾向
全国439拠点に拡大 全国制覇も射程圏に
「青森プライウッド」の新工場稼働 IGウインドウズは新ライン導入
拠点体制を再編成 展示場展開も視野に
商品企画室を新設 集成材製造方法に関する特許取得

表.飯田グループホールディングスの業績推移
図.飯田グループホールディングス子会社の売上高推移
表.飯田グループHDの部門別売上高・販売戸数推移
表.グループ各社の業績(2019/3期)
図.飯田グループホールディングスの事業系統図
表.飯田グループHD資材調達状況
表.飯田グループホールディングスの沿革
図.飯田グループホールディングスの組織概要

戸建住宅供給5000棟を目指す「メルディアグループ」の事業戦略 (16~27ページ)

20/8期売上高は11%増の1,350億円 創業以来26期連続増収をキープ
メルディアブランドに統一 高級グレード分野にも進出
拠点体制を再編成 展示場展開も視野に
商品企画室を新設 集成材製造方法に関する特許取得

表.メルディアグループの業績推移(連結)
図.メルディアグループの売上高推移
表.メルディアグループの部門別売上高・販売戸数推移
表.メルディアグループの資材調達状況
表.メルディアグループの沿革
図.三栄建築設計の組織概要

【注目市場動向】
システム建築市場の動向 (28~33ページ)
~深刻な労働力不足を背景に省施工ニーズに対応し急成長~

独自ノウハウが必要となるシステム建築
2018年度 システム建築市場規模 1,249億円と推計
横河システム建築がトップシェア
物流センター・工場用途が中心
2020年度 システム建築市場 1,400億円(前年度比125.2%)と予測

表.規格建築物の種類
図.システム建築市場規模推移
図.システム建築市場シェア(2018年度)
表.システム建築メーカーの特徴
表.システム建築メーカーの商品展開
図.システム建築市場規模予測

【業界リサーチ】
2019年の住宅リフォーム市場は小幅な駆け込み需要で4.5%増 (34~37ページ)
~2019年の市場規模は6.5兆円 反動減があるも踏みとどまる~

2019年のリフォーム市場は前年比4.5%増の6.5兆円
2019年第4四半期前年同期比 4.4%減
2020年のリフォーム市場予測は約6.2~6.4兆円

図.住宅リフォーム市場の市場規模の推移(速報値)
図.住宅リフォーム市場の四半期ベースの推移(市場規模)
図.住宅リフォーム市場の四半期ベースの推移(前年同期比)
図.住宅リフォーム市場の短期予測

紙・パルプ

【特別連載】
<製紙メーカーの物流戦略④>
北越コーポレーション (38~48ページ)
~20フィートコンテナ導入など大胆な改革に着手、協業にも前向き~

本社と北越物流が両輪となって推進、新潟工場に製品物流センター新設
新潟工場で20フィートコンテナの運用開始、段ボール古紙のラウンド輸送も計画
新潟工場でも構外倉庫の集約を模索、他メーカーとは消費地での共同配送を検討
物流合理化の基本方針
2019年度の製品物流費は減少見込み、直送比率は65~70%で高水準を維持
各工場の物流状況
新潟工場、長岡工場、関東工場市川、関東工場勝田、紀州工場

表.北越コーポレーション 製品物流費 構成比推移
表.北越コーポレーション 工場別対製品売上高物流費比率(製品物流費/売上高)
表.北越コーポレーション 工場別仕向け地別比率(2019年度上期実績)
表.北越コーポレーション 全国向け 工場別輸送手段(2019年度上期実績)
表.北越コーポレーション 都内向け 工場別輸送手段(2019年度上期実績)
表.北越コーポレーション 消費地倉庫の保管能力と扱い品種
表.北越コーポレーション 工場別の都内向け輸送経由(主要事例)

【注目市場動向】
食品および化粧品向けの拡大が期待される紙器市場の動向 (49~67ページ)

2018年の紙・板紙製品出荷 数量、金額ともにプラス成長
2018年の紙器用板紙の国内出荷量は1.4%増、脱プラ叫ばれるも紙器市場への波及はなし
【需要分野別動向】
食品分野、飲料品分野、医薬品分野、化粧品分野、石鹸・洗剤分野
【紙器メーカー動向】
日本トーカンパッケージ、古林紙工

図.包装資材・容器 出荷金額・数量推移(2009~2018年)
表.2014年~2018年包装資材・容器出荷数量原材料別統括表
表.2014年~2018年包装資材・容器出荷金額原材料別統括表
表.菓子推定生産数量及び金額
表.冷凍食品の国内生産量
表.即席めんの生産高推移
表.清涼飲料品目別生産量推移
表.2018年 清涼飲料生産量・生産者販売金額
表.医薬品生産金額推移
表.化粧品・生産・出荷・在庫 統計
表.洗浄剤等の家庭用製品 販売実績前年対比表

ヤノ・レポート 2020年2月25日号

 内容目次 

住宅・建材

【注目市場動向】
「複合フローリング」の動向 (2~34ページ)

~木材活用面で環境建材としての優位性を有するも
 着工床面積の減少傾向や中高級品の拡販に課題~

2018年出荷量は前年比2.0%減の5,880万㎡
メーカー動向(大建工業、永大産業、朝日ウッドテック、パナソニックライフソリューションズ社、ノダ、ウッドワン、住友林業クレスト、)

表.新設住宅着工戸数と複合フローリング出荷量推移
表.主要複合フローリングのメーカー別売上高・販売量
図.複合フローリングの主要メーカーシェア

【注目企業分析】
新たなビルダー組織を立ち上げた「アキュラホーム」の展望と戦略 (35~46ページ)

売上高2,000億円を目指す日本一のビルダー集団へ
災害に強い商品を投入 初の大型自社分譲地を発売
ジャーブネット会員は192社 新たに「SABM」を立ち上げ
グッドデザイン賞8年連続受賞 木のストローが話題に
木のストローが大きな反響 異業種との連携強化へ

表.アキュラホームの業績推移
図.アキュラホームの売上高・完工棟数の推移
表.アキュラホームの部門別売上高推移
表.アキュラホームの商品構成
表.アキュラホームの資材調達状況
表.アキュラホームの沿革
図.アキュラホームの組織概要

紙・パルプ

【特別連載】
<製紙メーカーの物流戦略③>
三菱製紙 (47~55ページ)

~王子との資本業務提携を基軸にメーカー間の共同物流に踏み込む~

王子製紙との代理店契約後も、1社1代理店制の強みは変わらず
生産減と輸出比率の上昇などから、製品物流費は減少傾向
消費地倉庫は首都圏5ヵ所、大阪地区2ヵ所、立地条件に適した活用に注力
直納比率は上限に近づくも、過去2年間も若干上昇
東京・有明地区で共同在庫に着手、一次輸送でも他メーカーとの協業を模索
八戸工場:海上輸送を活用しつつ、コンテナ、トラックをバランスよく利用
高砂工場:トラック輸送が大部分、首都圏向けはJRコンテナも活用

表.三菱製紙 製品物流費推移
表.三菱製紙 首都圏倉庫概要
表.三菱製紙 工場別対製品売上高物流費比率(製品物流費/売上高)
表.三菱製紙 工場別仕向け地別比率(2019年度上期実績)
表.三菱製紙 全国向け 工場別輸送手段(2019年度上期実績)
表.三菱製紙 首都圏向け 工場別輸送手段(2019年度上期実績)
表.三菱製紙 首都圏向け 工場別輸送経路(代表例)
表.三菱製紙 工場別協力会社

【注目市場動向】
紙パルプ注目品種シリーズ②
インクジェット用紙の動向 (56~66ページ)
~高付加価値分野をターゲットとした世界市場の取り込みがポイントに~

2019年度上期内需は5.1%減、年賀はがき、ホームユースが依然低迷
フォトプリント率低下、節約志向など 構造的な縮小要因に変化なし
業務用途の需要は微減、各社注力するも伸び悩む
三菱製紙が市場シェアトップ、各社需要減に苦しむ
三菱製紙、日本製紙、王子イメージングメディア

図.インクジェット用紙 国内市場規模推移(各年度上期月平均)
表.インクジェット用紙 主要メーカーの月間出荷量内訳(上期平均)

【注目市場動向】
製紙用薬品シリーズ①
紙力増強剤 (67~71ページ)
~共重合タイプが紙力増強剤分野を牽引~

共重合のみ前年クリア 板紙向けで底上げ
メーカー動向(荒川化学工業、星光PM、ハリマ化成)

表.PAM系紙力増強剤の市場規模推移(固形換算)
表.PAM系紙力増強剤メーカー別販売推移
表.主要メーカーのタイプ別構成

ヤノ・レポート 2020年2月10日号

 内容目次 

住宅・建材

【注目市場動向】
「樹脂サッシ」の動向 (2~17ページ)

~環境・省エネ・健康志向を背景に市場の拡大が期待
 普及率が低いエリアでの提案強化による拡販が課題~

2018年度出荷量は、5.1%増の2,372千窓 外窓は高成長続くも、内窓は前年割れに
メーカー動向(YKK AP、LIXIL、三協立山、エクセルシャノン、大信工業、フクビ化学工業、AGCグラスプロダクツ)

表.樹脂サッシ・タイプ別出荷量推移
表.樹脂サッシ統計
表.主要樹脂サッシメーカーの出荷推移
表.2018年度 主要樹脂サッシメーカーの品種別出荷実績
図.2018年度 樹脂サッシメーカーシェア
図.外窓タイプのメーカーシェア
図.内窓タイプのメーカーシェア
図.2018年 窓の材質別構成比(地方別、断熱地域別、住宅の工法別)(戸建住宅)

非住宅木造市場の動向(新築+増改築市場) (18~31ページ)
~右肩上がりの拡大基調から、2018年度はマイナス成長に転じる~

非住宅木造市場の動向
公共建築物
民間建築物
使途別の動向
用途別の動向
建築規模別の動向

表.非住宅木造市場規模の推移
図.非住宅木造市場規模の推移(面積ベース)
図.非住宅木造市場規模の推移(金属ベース)
図.非住宅木造 ㎡あたり工事費の推移
図.非住宅木造 建設着工棟数推移
図表.木造 建築主別 使途別 建物規模構成比(公共)
図表.木造 建築主別 使途別 建物規模構成比(民間)
図表.非住宅木造 使途別棟数推移
図表.非住宅木造 使途別棟数推移(面積ベース)
表.非住宅建築主別 構造別 使途構成比(面積ベース)
図.非住宅木造使途別 全体
図.非住宅木造使途別 公共
図.非住宅木造使途別 民間
表.2018年度 非住宅木造使途 その他 用途構成比
表.用途の定義
図.市場に占めるその他用途別構成比 全体
図.市場に占めるその他用途別構成比 公共木造
図.全体に占めるその他用途別構成比 民間木造
図表.非住宅木造 規模別棟数推移
図表.非住宅木造 規模別着工推移(面積ベース)
図表.2018年度 木造 建築主別 建物規模構成比(面積ベース)
図.非住宅木造規模別 全体
図.非住宅木造規模別 公共
図.非住宅木造規模別 民間

紙・パルプ

【特別連載】
<製紙メーカーの物流戦略②>
日本製紙 (32~43ページ)
~さらなるコスト削減に向け、代理店や他メーカーとの協業可能性を模索~

物流部の下で地域主幹物流会社3社が連携、グループ外の取引拡大にも注力
元地シフトを進めつつ総在庫量を削減、消費地物流では代理店との協業を検討
他メーカーとの協業を指向、消費地での共同在庫に続き一次輸送も着手
洋紙需要減から製品物流費は減少傾向も、トラックやJRコンテナの運賃上昇に直前
各工場の物流体制(釧路、北海道、秋田、石巻、岩沼、関東、富士、大竹、岩国、八代)

表.日本製紙 主要地倉庫の保管能力と扱い品種
表.日本製紙 製品物流費推移
表.日本製紙 工場別対製品売上高物流費比率(製品物流費/売上高)
表.日本製紙 工場仕向け地別比率(2019年度 上期実績)
表.日本製紙 全国向け 工場輸送手段(2019年度 上期実績)
表.日本製紙 首都向け 工場輸送手段(2019年度 上期実績)
図.日本製紙 工場別首都圏向け輸送経路(主要事例)2019年度 上期実績

【注目市場動向】
紙パルプ注目品種シリーズ①
感熱紙市場の動向 (44~63ページ)
~レジロールやラベル需要が下支え~

19年度上期の国内需要は1.2%増、駆込み需要とレシート大サイズ化寄与
レジロールとラベルが市場を牽引、チケットも人手不足を反映して堅調
①レジロール ②FAX銘柄 ③ラベル ④ハンディターミナル ⑤ATM用途 ⑥チケット ⑦計測用紙
王子と日本製紙がトップ争い、三菱製紙も追い上げる動き
王子イメージングメディア、日本製紙、三菱製紙

表.感熱紙 国内メーカー販売量と輸入量、国内市場規模推移
表.感熱紙 国内需要分野別推移(月間平均)
表.チェーンストア販売統計(2019年4~9月)
表.コンビニエンスストア 店舗売上高推移(全店ベース)
表.自販機普及台数及び年間自販金額
表.感熱紙 主要メーカー別用途別 国内月間販売量(2019年度上期)
表.感熱紙 メーカー別販売量推移
表.感熱紙 メーカー別販売量推移(2018年度上期、2019年度上期)
表.感熱紙 輸入紙の国別数量の推移

サービス

【業界リサーチ】
サブスクリプションサービス市場の実態 (64~77ページ)
~ファッションサービス分野の動向~

1.サブスクリプションサービス市場とは
2.サブスクリプションサービス普及の背景
3.サブスクリプションサービスにおけるファッションサービス分野の市場動向
4.主要プレイヤー動向
Ⅰ.エアークローゼット
Ⅱ.ストライプインターナショナル

表.サブスクリプションサービスの分野
図表.サブスクリプションサービス(ファッションサービス)の市場規模推移予測(2018~2023年度)
表.airClosetの利用プラン
図.airClosetのビジネスモデル
表.「メチャカリ」の利用プラン
図.「メチャカリ」のビジネスモデル

ヤノ・レポート 2020年1月25日号

 内容目次 

紙・パルプ

【特別連載】
<製紙メーカーの物流戦略①>
王子物流 (2~11ページ)
~ホワイト物流を推進しつつ、コストアップ抑制とサービスの両立目指す~

燃料コストやトラック不足への対処に加え、生産体制再編にも的確な対応を求められる
消費地在庫が拡大傾向、二次輸送費のウェートは上昇が続く
苫小牧工場のRORO船をリプレイス、能力を増やして雑貨の増量に努める
直納推進によるコストダウンは限界、他メーカーとの協業体制構築に活路
輸送状況(釧路工場、江別工場、苫小牧工場、江戸川工場、富士工場、東海工場、松本工場、中津工場、春日井工場、滋賀工場、神崎工場、米子工場、呉工場、富岡工場、佐賀工場、大分工場、日南工場)

表.王子物流 物流業務の管轄対象工場
表.王子グループ 製品物流費推移
表.王子グループ 主要地倉庫の保管能力と扱い品種
表.王子グループ 工場別仕向け地別比率(2019年度上期実績)
表.王子物流(王子グループ)全国向け 工場別輸送手段(2019年度上期実績)
図.王子グループ 基幹工場別首都圏向け輸送経路(主要事例)

【注目市場動向】
段ボール市場の地区別動向②
中部地区 (12~30ページ)
~電気・機械器具用が柱、独立系段メーカーが存在感~

景気拡大に連動し4年連続のプラス成長 2019年は一転、米中貿易戦争が影落とす
マスプロ品とは一線を画し独立系段ボールメーカーが活躍
ダイナパック ~国内は適地生産による効率化を推進、海外市場に成長を求める~
2019年度、売上高は576億円を計画 旭段ボールのグループ化で生産体制強化
段ボールシートはグループで国内9工場 関東地区の適地生産に注力
段ボール以外の商材を強化 トータルパッケージ提案を推進
海外人材の登用など国際化を推進 成長力も東南アジア中心に海外に求める
東海紙器 ~6工場、7分工場体制を活用、個別対応やジャストインタイム等特徴を発揮~
高付加価値製品への取り組みで他と一線を画した経営を実践 グループトップクラスの収益力を確保
生産体制は2事業部、6工場、7分工場 生産性向上を図りつつ地域の特徴活かす
積極的な新規採用を継続 従業員の平均年齢は30代前半に
中津川包装工業 ~2020年4月、新社名で新たなスタートへ、さらなる発展を目指す~
M&Aにより関東に新拠点 関東地区本格進出の足掛かりに
ナビパレットは好調続く 木枠・木材パレットからの段ボール化を推進
ナビパレットに加え「R&Rナビパレット」「HBナビパレット」等 ラインアップ拡充も図る
新拠点獲得により営業エリア拡大 2020年、新社名「ナビエース」へ

表.ダイナパック 連結業績推移
図.ダイナパック 子会社再編と段ボール生産拠点
表.ダイナパック 2018年度事業所別シート月産量
表.東海紙器 生産体制概要(~2011年9月)
表.東海紙器 生産体制概要(現況)
表.東海紙器 工場別段ボール月産量
表.中津川包装工業2019年3月期業績

住宅・建材

【注目市場動向】
「アルミサッシ」の動向 (31~44ページ)
~ビル用サッシは堅調な需要に支えられ増加 住宅用はアルミ樹脂複合化傾向に~

2018年(暦年)アルミサッシ出荷量、前年比0.6%減の20.2万t 住宅サッシ出荷量、前年比3.4%減の10.6万tに
各アルミサッシメーカー動向(LIXIL、YKK AP、三協立山、不二サッシ、)

表.金属製建具実績(アルミ・暦年)
表.金属製建具実績(アルミ・年度)
図.窓のアルミ化推移(全国 戸建)
図.戸建断熱製品の取付率数推移(全国 戸建)
図.断熱製品の取付率(地方別、断熱地域別 全国 戸建)
図.窓の材質別構成比(地方別、断熱地域別、住宅の工法別 戸建)
表.アルミサッシメーカーシェア動向
図.主要製品の色別推移(全国 戸建)
図.主要製品の色別構成比(地方別、住宅の工法別 戸建)
図.複層ガラスの取付戸数比率推移(断熱地域別 戸建)
図.Low-E複層ガラスの取付率(断熱地域別 戸建)

【注目企業分析】
2桁成長をキープする「オープンハウス」の経営戦略 (45~54ページ)

20/9期売上高は6,000億円(見) 3年連続で上方修正
3階建住宅が70~80%を占める 1棟ごとのオリジナル設計で差別化
営業センターは44ヶ所に拡充 AI・RPA技術を活用して工数削減
多様な出口戦略を構築 年間8,000棟の施工能力

表.オープンハウスの業績推移(連結)
図.オープンハウスの売上高・収益推移(連結)
表.オープンハウスのセグメント別売上高推移
図.オープンハウスの事業系統図
表.オープンハウスの資材調達状況(オープンハウス・アーキテクト含む)
表.オープンハウスの沿革

【注目市場動向】
中古住宅流通市場、買取再販市場の動向 (55~61ページ)
~緩やかに着実に拡大~

中古住宅流通量の動向 ~売買仲介件数~
中古住宅流通市場規模(金額ベース)の推計
中古住宅流通市場規模(金額ベース)の将来予測
買取再販市場規模推移・予測

図.持家として取得した中古住宅数の推移
図.全国/マンションの新築供給数と中古流通数の推移
図.指定流通機構の成約報告件数の推移
図.首都圏/マンションの新築供給数と中古流通数の推移
図.FRK既存住宅流通推計量の推移
図表.中古住宅流通市場規模推移
図.中古住宅流通市場規模予測(A案・政府目標)
図.中古住宅流通市場規模予測(B案)
図.買取再販市場規模推移・予測

素材・材料

【業界リサーチ】
肉盛溶接材料業界の動向 (62~65ページ)
~各種プラント機器、自動車部品、各種精密部材等に欠かせない
 肉盛溶接材料は安定的にして伸長しており、今後も大いに期待される~

肉盛溶接材料の種類と特徴
肉盛溶接材料の市場情報
肉盛溶接材料の業界特徴
肉盛溶接材料の展望

図.主な肉盛方法
図.主な肉盛溶接材料の区分
表.肉盛溶接材料の需要分野と構成割合表
図.肉盛溶接材料の需要分野と構成割合図
図.肉盛溶接材料に関わる企業・業種群
表.普通鋼材の受注量推移
表.溶接材料の国内外の生産量

ヤノ・レポート 2020年1月10日号

 内容目次 

業界代表が語る2020年の課題と展望

●株式会社矢野経済研究所 代表取締役社長 水越 孝
『2020年 未来はここから始まる。今すぐ行動を!』

●他56社