定期刊行物

ヤノニュース

ヤノニュース

昭和33年の創刊以来、百貨店、ショッピングセンター、各種小売業の調査・分析や、アパレル、ファッション、ジュエリー・アクセサリー、スポーツなどを中心に注目企業、成長市場を網羅した月刊調査レポート。

発刊要領

  • 資料体裁:B5判版 約90~100ページ
  • 商品形態:PDFファイル
  • 発刊頻度:月1回発刊(年12回)
  • 販売価格:72,000円(税別)(1ヵ年)

※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

定期購読者(年間購読者)ヤノニュースPDF商品ダウンロード

定期刊行物『ヤノニュース』は、PDF商品です。
毎号パスワードをメールにてご連絡します。
メールアドレス、会社名、該当号のパスワードを入力し、PDF商品をダウンロードしてください。

ご購読者限定 メール配信サービスのご案内

『ヤノニュース』ご購読者限定のメール配信サービスです。
誌面だけでは伝わらないお役に立つ情報をご提供いたします。

メール配信サービス概要

  • ヤノニュースに掲載した企業様の取材後記
  • ヤノニュースに掲載したデータ提供
  • ヤノニュース及び調査関連業務に関する無料ご相談
  • 矢野経済研究所が発刊する資料のご案内・・・etc

最新号

ヤノニュース 2018年8月

 内容目次 

特集
●テナントによるデベロッパー、PM事業者評価調査徹底分析(1) (2~21ページ)
総合満足度はルミネ、アトレのJR東日本グループが上位を占める

調査概要
Ⅰ.テナントが出店するにあたって重視する要素
Ⅱ.テナントの総合満足度ランキングと充足度ランキング
Ⅲ.出店したいPMとPM別評価

表.有効回答数の業種別割合(有効回答のみ)
表.調査対象として任意抽出したデベロッパー、PM事業者と回答数
表.表1 デベロッパー、PM事業者に関する評価項目①(=満足度)
表.表2 デベロッパー、PM事業者に関する調査項目②(=期待値)
表.出店に際して検討する11つの項目
表.テナントがSCに出店する際、特に重視する要素
図.テナントがDV・PMに期待する項目のうち「大変重視する」の比較(2018年と2016年)
図.PM事業者一般へ期待する7項目に関する3段階評価
表.前回調査の結果<2016年PM事業者 総合満足度ランキング>
表.2018年DV、PM事業者 総合満足度ランキング
表.(1)テナントリレーション・コミュニケーション
表.(2)情報のシステム化
表.(3)人材教育、戦略浸透度
表.(4)中・長期的なSC価値向上力(プランニング力)
表.(5)売り上げデータ収集力、開示、活用度
表.(6)集客戦略
表.(7)顧客囲い込み戦略
表.(8)ブランド力、ステイタス度
表.(9)従業員満足度
表.(10)SCコンセプト・テナントミックス
表.出店意欲度ランキング

●注目アンテナショップ分析
注目アンテナショップの現状と課題(3)銀座わしたショップ本店 (22~25ページ)

取扱い品目数の№1アンテナショップ

1.アンテナショップの出店経緯
2.商品戦略について
3.店舗戦略について
4.セールスプロモーションの方法
5.今後の課題と展望

図.年間来場者数の推移(万人)

●決算企業レポート
・各社決算概要 (26ページ)

決算内容の要旨
表.各社決算概要

・株式会社クスリのアオキホールディングス (27~32ページ)
◇事業の特徴
◇事業の強み、弱み
◇2018年5月期決算の要旨
(1)事業・業績概要
・企業概要
(2)前期決算の主なトピック
(3)今年度の予定施策・業績面の課題
(4)事業分析
・同社事業の強み、弱み
図表.基本業績指標
表.商品部門別実績
表.出退店、改装実績
表.エリア別実績
表.出退店、改装計画
表.エリア別実績
表.商品部門別実績

・サツドラホールディングス株式会社 (33~39ページ)
◇事業の特徴
◇事業の強み、弱み
◇2018年5月期決算の要旨
(1)事業・業績概要
・企業概要
(2)前期決算の主なトピック
(3)今年度の予定施策・業績面の課題
(4)事業分析
・同社事業の強み、弱み
図表.基本業績指標
図.売上高(業態別)
図.商品分類別構成

・株式会社クリエイトSDホールディングス (40~45ページ)
◇事業の特徴
◇事業の強み、弱み
◇2018年5月期決算の要旨
(1)事業・業績概要
・企業概要
(2)前期決算の主なトピック
(3)今年度の予定施策・業績面の課題
図表.基本業績指標
図表.セグメント別売上高推移(百万円)
表.クリエイトエス・ディーの地域別売上高・店舗数
表.出店数推移
表.調剤部門出店数推移

・株式会社コスモス薬品 (46~50ページ)
◇事業の特徴
◇事業の強み、弱み
◇2018年5月期決算の要旨
(1)事業・業績概要
・企業概要
(2)前期決算の主なトピック
(3)今年度の予定施策・業績面の課題
(4)事業分析
・同社事業の強み、弱み
・外部競合分析
図表.基本業績指標
表.出店・閉店の状況
表.販売状況
表.競合先

・株式会社銚子丸 (51~58ページ)
◇事業の特徴
◇事業の強み、弱み
◇2018年5月期決算の要旨
(1)事業・業績概要
・企業概要
(2)前期決算の主なトピック
(3)今年度の予定施策・業績面の課題
(4)事業分析
・同社事業の強み、弱み
・外部競合分析
図表.基本業績指標
表.エリア別売上高
図.新たな成長戦略
表.競合先

●業界レポート
①ボンマックス、短期レンタルサービス「ユニカリ」を開始 (59~72ページ)


企業概要
同社の商品戦略
ユニフォーム市場における今後の見通しと方針
ユニカリについて
ユニフォームレンタル市場の動向
1.ユニフォームレンタルの市場規模推移
2.ユニフォームレンタル分野別市場
事務・オフィス(今後の見通し/横ばい~やや下落)
医療(今後の見通し/横ばい)
作業着・ワークウェア(今後の見通し/やや増加)
介護・福祉施設(今後の見通し/やや増加)
食品・菓子工場/薬品・食品HACCP対応工場(今後の見通し/増加)
機械・鉄鋼 等 製造工場(今後の見通し/横ばい)
飲食(今後の見通し/横ばい~やや減少)
流通小売(今後の見通し/横ばい)
宿泊施設(今後の見通し/やや増加)
アミューズメント(今後の見通し/横ばい)

表.業績推移(単体)
表.同社のブランド展開状況(2018年1月時点)
図表.ユニフォームレンタル市場規模推移
表.分野別 今後の市場見通しと増減理由

②CtoC(個人間取引)マーケットの現状と展望2018 (73~88ページ)
1.国内CtoCマーケットの現状
・昨今注目されるCtoCマーケットとは?
(1)「フリマアプリ」の登場による新たなマーケットの形成
(2)サービス事業のCtoCサービスも拡大
(3)消費者意識の変化がCtoCマーケットサイズ拡大を後押し
・国内CtoC サービスのマーケットサイズ算出・予測
・CtoCサービスの課題
2.海外CtoC ビジネスの動向
・海外におけるCtoC マーケット及び有力プレイヤーの動向

図.CtoCマーケットの拡大背景
表.購入者/利用者側のメリット・デメリット(BtoCサービスとの比較)
表.提供者側のメリット・デメリット(BtoCサービスとの比較)
図.物販CtoCサービス・マーケットサイズ(流通総額、単位:億円)
図.物販CtoCサービス/商品分野別マーケットシェア2017年予測(%)
図.旅行・宿泊(民泊)CtoCマーケットサイズ(成約金額総額、単位:億円)
図.スペースシェアCtoCマーケットサイズ(成約金額総額、単位:億円)
図.カーシェアリングCtoCマーケットサイズ(成約金額総額、単位:億円)
図.家事代行・ベビーシッターCtoCマーケットサイズ(成約金額総額、単位:億円)
図.教育・生涯学習CtoCマーケットサイズ(成約金額総額、単位:億円)
表.海外CtoCマーケットにおける有力プレイヤー
表.海外CtoCマーケット 後発企業の注目プレイヤー

●クチコミランキング
ヤノクチコミランキング2018年6月~2018年7月編 (89~101ページ)

●スポーツビジネス分析
2018年5月期スポーツシューズブランドシェア動向 (102~108ページ)


1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/ブランド別動向/チャネル別前年同月比/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル

●データファイル
月次データファイル (109~118ページ)


(1)家計消費支出の動き(平成30年6月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(平成30年6月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(平成30年6月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(平成30年6月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(平成30年5月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(平成30年6月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(平成30年5月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-平成30年6月分-日本SC協会