定期刊行物

ヤノニュース

ヤノニュース

昭和33年の創刊以来、百貨店、ショッピングセンター、各種小売業の調査・分析や、アパレル、ファッション、ジュエリー・アクセサリー、スポーツなどを中心に注目企業、成長市場を網羅した月刊調査レポート。

発刊要領

  • 資料体裁:B5判版 約90~100ページ
  • 商品形態:PDFファイル
  • 発刊頻度:月1回発刊(年12回)
  • 販売価格:72,000円(税別)(1ヵ年)

※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

定期購読者(年間購読者)ヤノニュースPDF商品ダウンロード

定期刊行物『ヤノニュース』は、PDF商品です。
毎号パスワードをメールにてご連絡します。
メールアドレス、会社名、該当号のパスワードを入力し、PDF商品をダウンロードしてください。

ご購読者限定 メール配信サービスのご案内

『ヤノニュース』ご購読者限定のメール配信サービスです。
誌面だけでは伝わらないお役に立つ情報をご提供いたします。

メール配信サービス概要

  • ヤノニュースに掲載した企業様の取材後記
  • ヤノニュースに掲載したデータ提供
  • ヤノニュース及び調査関連業務に関する無料ご相談
  • 矢野経済研究所が発刊する資料のご案内・・・etc

最新号

ヤノニュース 2020年2月


 内容目次 

業界動向

●繊維素材の新潮流 (2~7ページ)

1.スマートテキスタイルの動向
(1)ストレッチャブルデバイス(スマートテキスタイル)市場規模と予測
(2)国内における事業・製品の動向
(3)国外における事業・製品の動向
①リーバイス(米・カリフォルニア)
②バイオセレニティ(仏・パリ)
③HEXOSKIN(仏・モントリオール)
2.人工タンパク質繊維の動向
(1)人工タンパク質繊維とは
(2)国内外における事業・製品の動向
①Spiber(山形県・鶴岡市)
②AMsilk(独・ミュンヘン)
③Bolt Threads(米・サンフランシスコ)
④Kraig Biocraft Laboratories(米・インディアナ)
(3)人工タンパク質繊維の今後のシナリオ

図.ストレッチャブルデバイス国内市場規模予測

●年間新規開業は46で前年より増加、2019 年SC開業動向 (8~14ページ)
~2019 年の開業数は46も閉鎖47で、国内総SC数は1SC減~

2019 年のSC オープン分析

図.年別・地域別オープン数推移図
表.2019年オープンSCの地域別構成比
図.地域別オープンSC数推移図
表.都道府県別オープン数ベスト5
表.SCの平均店舗面積と平均テナント数
図.1テナント当り平均面積の推移(㎡)
図.オープンSCの店舗面積別構成
図.オープンSCのテナント数業種構成比
図.SC総売上高と1SC当たりSC売上高推移
表.2019年 オープンSC一覧
表.2020年 オープン予定のSC等商業施設

業界レポート

①アパレル産業白書2019 (15~24ページ)
  ~アパレル産業の現状レポート~

◆2018 年のアパレル製品・洋品の総小売市場規模
(1)2018 年紳士服市場の動向
(2)2018 年婦人服市場の動向
(3)2018 年ベビー・子供服市場の動向
◆アパレル製品・洋品の総小売市場規模推移
アパレル産業の周辺動向
・ファッションレンタル市場の動向
・ファッションサービス市場の動向
・中古衣料(C to C)の動向

図.《アパレル製品・洋品のチャネル別小売市場規模推移》
図.物販分野 2018 年商品分野別CtoC マーケットサイズ(流通総額ベース、金額単位:億円)
図.ファッション商品CtoC マーケットサイズ(メンズ・レディス)※流通総額ベース

②シニア関連市場マーケティング2019 (25~38ページ)
  ~シニア関連マーケット動向~

・シニア関連マーケットの現状と新たな動き
消費の主役として注目、多様な業界で加速するシニアシフト
消費には慎重な側面も、求められる要求満たす商品開発
若い世代にも通用するデザインへ、変化するシニア向け商品
あえてシニア向けで訴求する商品も
変化するシニア世代の意識と消費動向
孫がターゲット、3 世代消費が伸びる

・シニアの取り込み狙う業界動向と企業戦略
シニア市場で描く成長戦略、異業種大手の参入続く介護業界
宅配や見守り、家事代行から婚活、終活まで多様化するシニア向けサービス

③ギフト市場白書2019 (39~54ページ)
  ~カタログギフト動向~

・カタログギフト動向
・第一の転機
・第二の転機
ⅰ)商品・価格の特徴
ⅱ)店舗・販売戦略・プロモーションの特徴
ⅲ)今後の展望と課題など

表.アイテム別市場規模
図.〔カタログギフト市場規模推移〕
図表.引出物の内容(引出物を用意した人/複数回答)
図表.一人あたりのカタログ式ギフトの金額(引出物にカタログ式ギフトを贈った人のうち、金額回答者のみ/単一回答)
表.カタログギフトの基本形と派生系
表.主要各社の商品の特徴
図表.カタログ式ギフトの購入先(引出物にカタログ式ギフトを贈った人/単一回答)
表.主要各社の販売戦略・プロモーションの特徴
表.主要各社の今後の展望と課題

展示会

●ボンマックスがコーヒー豆のカスを原料とした素材を採用したユニフォームを発表 (55~57ページ)
SDGs推進に向けた取り組み強化

総合ユニフォームアパレルメーカーのボンマックスは、2020 年2 月7 日に東京品川にて
展示会を開催。
今回のテーマは「繊(セン)セーション」と題し、「ユニフォーム(繊維製品)を通じ、ワーク&ライフスタイルに合わせたモノとコトを提案し、世界の企業と人々が幸せになれる風を起こしていく」としている。

今回の展示内容は以下の通り。
BONOFFICE(ボンオフィス オフィスレディースウェア)
BONCIERGE.(ボンシェルジュ おもてなしレディースウェア)
FACE MIX(フェイスミックス サービスウェア)
ROCK(ロッキー ワークウェア)
LIFEMAX(ライフマックス カジュアルウェア)

スポーツビジネス分析

2019年11月期 スポーツシューズブランドシェア動向 (58~64ページ)

1.ランニングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
2.サッカーシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
3.バスケットボールシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
4.テニスシューズ
  市場動向/ブランド別動向/上位モデル
5.フィットネスシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
6.ウォーキングシューズ
  市場動向/ブランド動向/上位モデル
7.カジュアルスニーカー
  市場動向/ブランド動向/上位モデル

データファイル

月次データファイル (65~75ページ)

(1)家計消費支出の動き(令和元年12月分)-総務省・家計調査報告
(2)商業販売額の動き(令和元年12月分)-経済産業省・商業販売統計速報
(3)百貨店とチェーンストアの品目別売上高(令和元年12月分)-各協会調査
(4)就業人口の動き(令和元年12月分)-総務省・労働力調査(速報)
(5)出生数、婚姻数の動き(令和元年11月分)-厚生労働省・人口動態統計月報(概数)
(6)消費者物価の動き(令和元年12月分)-総務省・消費者物価指数
(7)特定サービス産業の動き(令和元年11月分)-経済産業省・特定サービス産業動態統計速報
(8)主要衣料品専門店の既存店売上高の推移-各社公表データより
(9)SC売上高の推移-令和元年12月分-日本SC協会